私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 高橋幸宏 〜 私の音楽の源

<<   作成日時 : 2005/08/25 22:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 34 / コメント 30

画像【ぼくはね カッコイイということを基準にした 物事のとらえ方に興味がある】… 幸宏さんのインタビュー(たぶん'80年代半ば)から
とても、幸宏さんらしい言葉に感じて、折に触れて思い出す。

私のブログ名に"Ripple"という単語を持ち出したのは、思い付きではあるが、偶然ではない。

アルバム「薔薇色の明日」("Tomorrow's Just Another Day")'83 の1曲目"Ripple"は、その頃の私には、衝撃的なほど新鮮に響いて来た。
学校で習って来たクラシックのように違う時代を匂わせず、結構好きだったイージリスニングほど単調に流れず、静かな調子の中にパッションが漂っていた。実際は、途中から英語とフランス語でヴォーカルを入れているが、それも(日本人のせいか)声という楽器のソロパートのように融合している。「音」を楽しむことの贅沢を知った瞬間だった。
それから、せっせと貸しレコード屋に通い、ソロの1作目から聴き始めることになる。幸宏さんは、今の私の音楽観の源となった‥師匠のような存在なのだ。


幸宏さんがドラムやヴォーカルを担当したYMOには結果として殆ど手を出さなかったのだけれど、彼のラジオを聴いていたせいもあって、散開も間近だった頃からのYMOには、親近感を持っている。
ソロ以外の音楽面では、「ムーンライダーズ」鈴木慶一さんとの「ビートニクス」としての活動は代表的なものだと思うが、個人的にはピエール・バルー氏とのコラボ("Ripple"もそうだし、バルー氏のアルバム"Sierras" '84は大好き)は魅力的だった。主に1stアルバム"Saravah!"で披露しているように、元々フランスの香りが合う人だ。

全盛期には、雑誌「ビックリハウス」などで、彼のおもしろい面が引き出されたし、大林宣彦監督に気に入られ、原田知世さんの「天国にいちばん近い島」にちょい役で参加した後には、「四月の魚」という映画の主演もやっている。
…と、まぁ、ずっ〜と心の片隅に居るアーティストなのだが、最近はトーンダウン気味。


私にとって、「幸宏、最高ー!」と感じるのは、アルバムで言えば、'80年の2nd「音楽殺人」から'85年の"ONCE A FOOL"の間
ただ、自らの楽曲をアコースティック調にカバーした '93年の"HEART OF HURT"は、幸宏ファンにとっては、タマリマセン。ファンでない方の耳にもさらっと気持ち良く入ってくるアルバムに仕上がっていると思います。
個人的には、日本語でゆったりと歌う「サヨナラ」、「蜉蝣」、「前兆」、「今日の空」なんかグッと来るのですが、以下、今でも古臭くなく、カッコいい音の詰まったアルバムを紹介してみます。両方とも、坂本龍一、細野晴臣ご両人が全面的に関わっている作品で、最近、紙ジャケで再版されています。

◆「音楽殺人」("MURDERED BY THE MUSIC")'80
 楽曲それぞれのタイトルがユニーク。とにかく、好きな曲と言われても選べないくらい充実している。敢えて取り上げると‥
NUMBERS FROM CALCULATED CONVERSATION
 全体的に削ぎ落とされた感じの楽曲。構成と展開のタイミングが面白い。間奏で女性が数字を読み上げる声が、なんかセクシー。
BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL
 インスト。立花ハジメさんのギターの音色が想像力を掻き立てる。心がうきうきしてしまう。
BLUE COLOUR WORKER
 さすが細野さん!という楽曲。爽やかで伸びやかで気持ちE!
  Blue is silent. Blue is golden.
  The touch of blue leaves blueprints on you.
   (歌詞より抜粋)
THE CORE OF EDEN
 ヘリコプター(?)のプロペラ音が左右のスピーカーを移動してゆくのが、なんともかっこ良く快感で(笑)、楽曲にもヴォーカルにも、幸宏さんらしい情感と客観性がミックスされている。

◆"NEUROMANTIC"(「ロマン神経症」)'81
 私にとって最も幸宏さんチックと思える作品。アルバムタイトル通り、繊細で壊れそう、或いはメロウな楽曲が勢ぞろい。色々な「音」が盛り込まれファッショナブルなイメージ。「音楽殺人」もそうですが、故)大村憲司さんのギターのうねりがいい味出してます。これも、どの曲もいいですが‥
Glass
 忘れちゃいけない、「スネアの幸宏」らしい、切れのあるドラミングがアルバム全体を先導し、気付くと心拍数が上がってしまってるような…そのバックで坦々と幸宏さんのブリティッシュイングリッシュが歌っている。
Connection
 歌詞といい、風を感じさせる抜けのある音、地面を叩くようなパーカッションといい、とても幸宏さんらしい。
Extra-Ordinary
 このアルバムの中では、ドラムも軽目で、ゆったりした楽曲。少し気だるい幸宏さんのヴォーカルが染み出して来る感じ。
Drip Dry Eeys
 とにかく、この楽曲はすごく好き。"HEART OF HURT"でもカバーされてます。("HEART OF HURT"では、サンディーさんとのWヴォーカルで、さらに素敵!)少し物哀しくて、おしゃれ。

◇詳しくはこの充実したファンサイトへ→MR.YT Unofficial Home Page


最近は、細野さんとのコラボ"SKETCH SHOW"が盛んですが、私の好みからすると、もっと歌って欲しい。それも、素敵なブリティッシュイングリッシュで。まだまだ、活躍を期待してます、お師匠さま!


* - * - *

そして、今の気持ちです。( 2006-11-14 ) → 「憧」
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(34件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
音楽への目覚め
私は大学生の頃からバンドをやっていました。 それまでも音楽は好きだったけど、自分で演奏したりするようなことはありませんでした。 その私を果てしない音の世界へといざなってくれたのが「YMO」でした。 ...続きを見る
とりつかれた男の独白
2005/08/26 01:02
サディスティック・ミカ・バンド
久しぶりに棚から引っ張り出してきて聴いたので。 ...続きを見る
とりつかれた男の独白
2005/08/26 01:02
聴いてます・・・YMO
今夜のBGM・・・ Yellow Magic Orchestra / Solid State Survivor ...続きを見る
音楽酒場
2005/08/26 02:00
高橋幸宏
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)でドラムを叩きながら歌も歌っていた人である。YMOの前は、サディスティック・ミカ・バンドでワイのワイの言わせていた人である(?)。私は、高橋幸宏のファンであった。(最近の楽曲は聴いていない。)ソロアルバム「サラヴ ...続きを見る
黒き麒麟の魂は燃えているか
2005/08/27 00:34
高橋幸宏 / サラヴァ!
高橋幸宏の旧作CDが、紙ジャケット仕様で再発されたので、買ってみた。 このアルバム、「サラヴァ!」はカセットに録音して、それこそテープがぼろぼろになるまで、聴いていたのだが、不思議なことに、当時の他の音楽に比べて、懐かしさを感じることがなかった。 本作には、1970〜80年代の歌謡曲、ニューミュージックに特有の「昭和の香り」が全く漂っていない。元々、40〜50年代の古いスタンダード・ナンバーを中心としたアルバムなのだが、そういう意味での古さも、感じることがない。 先日、家族のいる部屋で、このCD... ...続きを見る
BLOG STATION
2005/08/27 02:19
XX年目の8月31日
今日で長女も初めての夏休みの最終日。また今日は、妻のXX回目の誕生日。ここ数年、子供が生まれ特に何するでもなく、妻の誕生日を過して来たような気がする。今年の夏は色々と忙しくて子供とあまり遊べず、彼女に「ありがとう」の一言も言えず、今年こそは何かプレゼントで.... ...続きを見る
宿毛マンチェスター計画
2005/09/01 11:33
フランス語のある音楽?
                                                      四月の魚 ...続きを見る
海辺で気まま日記
2005/09/23 22:39
the Yellow Magic Orchestra 【ONE MORE YMO】
幸宏さん監修のもと、未発表テイクを含むYMOのライヴ音源を選曲、リミックスした2000年発表のCDだ。久々に'92年発表の散開ライヴCD"COMPLETE SERVICE"とも聴き比べてみたのだが、格段にクールで、かっこいい! まぁ、散開ライヴは歌モノ中心、かつ特別なライヴなので、比べるのは酷、それはそれで大好きなのだけれど‥ ...続きを見る
私を生かすRipple
2005/09/29 22:07
いつのまにかサヨウナラ
1973年4月10日発売ファーストアルバム「BUZZ」B面収録 作詞/高橋幸宏 作曲/高橋幸宏 編曲/高橋信之・高橋幸宏 ...続きを見る
BUZZ FAN PAGE 2
2005/10/29 14:12
宮沢和史 【SAFETY BLANKET 1991-1998】
THE BOOMの宮沢和史氏が書き続けたエッセイと詩を1冊に集大成した文庫本。彼の音楽は私には少し熱過ぎて殆ど聴いていないのだけれど、彼の詩(言葉)を耳にする度に、真っ当で、感じ入る。最近アルゼンチンが身近な私には、その国のサッカー代表の応援歌が「島唄」という繋がりもあるし…偶然だが、幸宏さんの40歳バースデーパーティに触れたエッセイもあったりする。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2005/12/01 23:40
Pierre Barouh / Viking Bank
World-France-Pops : ★★★★☆ &amp;nbsp; Viking Bank サラヴァレコードトップの放つ珠玉の名作 ピエール・バルー1977年発表の、3作目となるフル・アルバム。 外交官としてパリに赴任していたヴィニシウス・ジ・モライスとの接触 から、ブラジル音楽の中で.. ...続きを見る
楽しい音楽を聴く♪
2006/02/07 00:51
ピエール・バルー (Pierre Barouh)
ピエール・バルー (Pierre Barouh) フレンチポップス歌手 ピエール・バルー(1934~)はフランス、パリ郊外のルヴァロワで生まれた。 両親はコンスタンチノープルからのユダヤ系移民。 第二次世界大戦が始まるとピエール・バルーはヴァンデの農家に疎開する。 自然の中で.. ...続きを見る
楽しい音楽を聴く♪
2006/02/15 03:53
高橋幸宏 【BLUE MOON BLUE】
蒼き月、青ざめた月の、あるいは、長い間の…憂うつ。と、訳してもよいのかな? 少なくとも、タイトル曲"BLUE MOON BLUE"のPVから私が感じとれたのは、 自分の小さな宇宙から地球という大きな宇宙まで見通しながら、胸に去来し続ける「愛」。 ♪Wherever I may be,I want to see you again ずっと変わらない幸宏さんの言葉に、静かに涙が落ちました。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/03/22 23:48
高橋幸宏 【ONCE A FOOL〜遥かなる想い〜】
幾つもの旅をした一人 誰にも知られず 君と出逢った日から ずっと 胸のコンパス指差す 二人の国捜して とびだした僕 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/05/04 10:41
高橋ユキヒロ 【Saravah!】からプレゼント
幸宏さん、心より Happy Birthday to you♪ これからも ず〜っと、私達に夢をください。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/06/06 21:59
初の”生★幸宏”さんは、2列目で!!
「Slow Music Slow LIVE '06 in 池上本門寺」見て!まいりました。確かに早い席順でしたがブロック指定‥ほぼ真ん中の2列目は嬉し〜い想定外。おかげで翌日、背中が筋肉痛(苦笑)しかし、『幸宏さんのケチ〜』待ちに待って、30分は、他の出演者と比較しても短か過ぎですよ〜 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/07/26 00:29
Slow Live in 池上本門寺
今日は曇天なのでとても心配だったけど、池上にある池上本門寺特設屋外ステージで行われた「Slow Music Slow Live06」に行ってきました。 ...続きを見る
TOKIOで遊ぶ
2006/07/29 09:51
高橋幸宏 【BOYS WILL BE BOYS】
「1983夏、ユキヒロも熱かった」と帯に書かれたビデオのDVD版。見終わって‥その言葉の的確さを知った。 幸宏さんの音源だけしか知らないで来た私には、31歳の頃の幸宏さんや、彼を取り巻く慶一さん、ハジメさん達の「姿」は、ショッキングと言っていいほどに、鮮やかで情熱を持って響いてきた。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/09/03 15:27
幸宏 presents 【4 MOON'S LIVE〜blue moon live〜】
  ゆるされるなら ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/09/30 22:17
THE LOOK OF LOVE
The look of love is in your eyes A look your smile can't disguise The look of love Is saying so much more Than just words could ever say And what my heart has heard Well,it takes my breath away ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/10/10 23:43
Donald Fagen 【The Nightfly】から Mr.YTへ?
今春、前作から13年振りに"MORPH THE CAT"をリリースしたと話題になったドナルド・フェイゲン氏のソロ第一弾('82)ということですが(こちらで教えていただきました→)…恥ずかしながら知らずに来ました。 AORの先駆者という方らしいですが、そんなジャンル分けは無用ですね。この心地よさに出逢えてラッキー!です。 ベースにはジャズ、歌詞にはロックを匂わせ、R&Bのようなビート感やフュージョンの爽快さも含み、(個人的には)Stingを思わせる…僅かに湿った歌声がまとめている。 ... ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/11/22 23:24
【WM 幸宏さんと仲間たちの WILD & MOODY TOUR】
今年の幸宏さん復刻CD&DVDの購入特典('84ツアーのフォト集)、当選しました〜!応募総数少なかったのかな?(苦笑) とにかく、くじ運のない私としては、とっても嬉しいこと。そして、今年は私にも、こと幸宏さんに対しては、特別で、素敵な年であったと…その「証」みたいだなぁと、あらためて、しみじみと想うのでした。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/12/08 21:49
高橋幸宏 【... ONLY WHEN I LAUGH 】への反省文
今までも(知らぬまま)生意気なことを書いて来ていると思います。 それにしても…今、これまで未聴であったアルバム"...Only when I Laugh"を聴いて、愕然としています。私が最初に幸宏記事として起こした【高橋幸宏〜私の音楽の源】に書いた「私にとって、『幸宏、最高ー!』と感じるのは、アルバムで言えば、'80年の2nd「音楽殺人」から'85年の"ONCE A FOOL"の間。」という文章の、何と浅はかなことか・・・ごめんなさい。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/12/12 23:10
♪元気ならうれしいね 〜【Life Time,happy time】〜by 高橋幸宏
元気なら うれしいね 遠くても 気になるよ ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/01/02 23:31
Yellow Magic Orchestra 【RYDEEN 79/07】
今さらなので、この話題に触れずに通り過ぎようかどうか、迷っていました。 聴き過ぎたし(苦笑)、第一印象は、他の方々のサイトで語り尽くして(?)しまいました。 昨年5月からのCM出演のオファーと2ケ月間のコンセプト固め、10月からはメンバーによる創作活動の開始の後11月頭にスタジオ入りし、CM撮影開始前日に楽曲の完成。 そして、2/3からのお披露目、ですか…御三方、お忙しかったでしょうねぇ。 特に幸宏さんはミカバンド復活との掛け持ち。まだ3月のライヴも控えているので、どうかお体には十... ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/02/07 23:44
【YMO読本】から【KYLYN】へ
YMO読本の坂本さんのインタビューを読んで、渡辺香津美さん名義の"KYLYN"を取り出してみる。坂本さん(この時は Lyuichi Sakamoto)によって、意図的に半分はポンタさん、半分は幸宏さんのドラムに分けたのだ、とか… その幸宏さんのドラム、あらためて聴くと、『こんなに良かった?』という感じ。 私がこのCD(再版)を購入したのは、『Jeff Beckに近いのでは?』と思った香津美さんのギターへの興味が一番、そして、もちろん、参加ミュージシャンに未来のYMOファミリーが参加して... ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/02/27 23:29
drummer”高橋幸宏”in Sadistic Mikaela Band 2007
― カンパーイ{%cocktail%}SMB!という夜 ― "caution!"この記事はサディスティック・ミカ・バンド最後のLiveが源ですが、ほぼ高橋幸宏さんへの♪Love sensation(from "Still Walking To The Beat")になってしまってます(苦笑) ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/03/10 20:50
Human Audio Sponge ― Special Live 2007 ―
正式には【Smile Together Project Special Live 2007】( 5/19 パシフィコ横浜 ) その日、横浜みなとみらいの上空を(株)NISSENの飛行船が飛んでいました。(何年も前から「飛行船キャンペーン」というのをやってるのですね) おなかのところに、本日のHuman Audio Sponge(HAS) Special Liveを主催する「Smile Together Project」の黄色いハートを付けてました。(実は翌日も帰りの新幹線の中で、この飛... ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/05/22 22:32
今週のB(高橋幸宏さん関連で、映画と雑誌)
・映画 "AppleSeed" ・雑誌 "Tokion" と "TITLE" ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/06/29 23:37
Live Earth 〜地球に生きることを考える 07.07.07 七夕の日〜
YMO名義では○年振りの生Liveとのことで舞い上がりつつ、私でも試聴可能なMSNの特別サイトをチェックしてる今日ですが、Live映像の間の各種メッセージは、ダイレクトで分かり易く「ドキッ」としてます。 そう言えば、最近、unicefから「子どもたちに清潔な水を」というDMが頻繁に来てたなぁと、さっき久々に募金をしてきました。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/07/09 22:07
Sadistic Mica Band Official Book Boxset
付録のCDは、ミカバンドの未発表音源・・と理解していた私。カーステから流れて来た声、曲に 「エー!?きゃ〜!わー!!ウソ〜!」と、大騒ぎになってしまった(苦笑) だって、"I Saw The light"を幸宏さんが歌い始める。 どうやら20年程前に加藤和彦×小原礼×高橋幸宏で行ったFM東京のスタジオで行った特別セッションということで… '85年発売の"ONCE A FOOL"に同曲を収録した幸宏さんが居たことまで考えれば、自然の成り行きか。しかし…嬉し過ぎる。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2008/03/11 23:57
pupa 【floating pupa】
久々に自宅PCを開けることができました!さっそく、愛する幸宏さん率いるバンド、pupaの1stアルバムを、1回通して聴いた時点で印象に残ったあたりを… (ちなみにpupa Blog等のチェックを怠ってますので、ハンデ付きでお願いしま〜す) 尚、ジャケ写は左に90度、回転加えさせていただきました。おしゃれ感を潰してますが、あったかい感じが出る気がして… ...続きを見る
私を生かすRipple
2008/07/12 12:05
Yukihiro Takahashi ”The Words"
幸宏さん、もうすぐ発売の新アルバム"Page By Page"収録の"The Words"のPVですね。 幸宏さんのMySpaceにて他の楽曲の試聴と共に公開中。 ここのとこ、仕事は大変ながらも、なんとなく幸せ気分(笑)なのですが・・・こういう想いは、たいがいの人の胸には、あるものですよね。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2009/03/04 22:49
高橋幸宏 【Page By Page】
初回、何も頭に入れずに聴き流した時、 『!』と来て2回歌詞カードを確認したのが、M-5,M-10。 そう‥いずれも、Steve Jansenとのコラボ作品。 ゆえに、まず、幸宏さんとSteveの縁に感謝した私でした。 そして今作品、今までになく、個人の視点を通し、それを押し広げて、その先、もっと大きなことに、多くの人への愛のメッセージという印象。 それも、若返ったかのようなヴォーカルで着実に伝えて来る。 前作、"BLUE MOON BLUE"がエレクトロニカを伴った「回帰」なら... ...続きを見る
私を生かすRipple
2009/03/22 16:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。TBして頂きましてありがとうございました。
それにしても僕の記事とは違い素晴らしい充実度ですね(^^)
多分ご存知だと思いますが、
僕のブログ名のネタ元は幸宏さんプロデュースの
シナロケのアルバム名から取ったものなのです(笑)

音楽殺人だったら僕は1曲目が外せないです。
テクノとヨーロピアンあるいはバカラックにも通じる雰囲気がたまりません。

>BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL

これは加藤和彦さんがプロデュースしたベンチャーズの「カメレオン」
のために書き下ろした曲ですよね。僕も大好きです。

>Glass

友達はジャパンじゃんって言っていたのを思い出しました。
スティーヴ・ジャンセンの方が幸宏さんのコピーなのに(笑)

>Drip Dry Eeys

これは元々サンディーさんのアルバムのために書き下ろしたものを
セルフ・カバーしたものでしたよね。
ライブ盤のサンディーとのデュエットのも僕は大好きです。

どうも長文失礼しました(汗)
ではこれからも宜しくお願い致します。
Cherish
2005/08/25 23:15
TBありがとうございます。
こちらも幸宏さん関連の記事をTBさせていただきました。
ソングライターとしてはもちろんですが、ドラマーとしても幸宏さんは稀有な存在だと思います。ドラムを聴いただけで「あっ、ユキヒロだ。」って分かってしまう、そんは人はなかなかいないと思います。

「THE CORE OF EDEN」は、YMOのライブでも演奏していました。
そのYMOの成功も幸宏さんのオシャレなポップ感覚があったればこそです。
サシヒ
2005/08/26 01:24
こんばんは。
TBありがとうございました。
高橋幸宏のソロ作品はまだ聴いたことがありません。記事を読んで、ぜひ聴いてみたいと思いました。
カナ
2005/08/26 02:03
TB&コメントを頂きまして、ありがとうございます。
幸宏氏に対する感覚や思い入れが、とても似ていてびっくりしました。同志って感じですね(^^)
今現在、ファースト〜薔薇色の明日までを記事にさせて頂きましたが、Cacaoさんと似た感想書いてますから・・・ホントびっくりですね。
リンクさせて頂きたいと思いますが、宜しいでしょうか?もしも問題ありましたら、ご連絡下さい。
また、寄らせていただきます。では、また。
http://blog.livedoor.jp/world_champion_ferrari/
shuuma
2005/08/26 08:48
Cherishさん、こんにちは

コメントありがとうございました。シーナ&ザ・ロケッツのアルバム‥そうなんですかぁ。ミーハーファンなので、全然疎くて、コメント全て、勉強になりました、デス。そう言えば、「音楽殺人」に鮎川さんも参加されてますね!一曲目"SCHOOL OF THOUGHT"はもちろん好きです。‥う〜ん、そうですね、本当はこのアルバムからお勧め曲なんて選んじゃイケナイのです。敢えて言うなら、当時、ハマっていた楽曲が浮かんだという感じです。

>ライブ盤のサンディーとのデュエット
これ、持ってないと思うのです。聴きたいな。
こちらこそ、また、よろしくお願いします。
Cacao
2005/08/27 00:38
サシヒさん、こんにちは

TB、コメントありがとうございます。
「ユキヒロ」こう書かれる方には、正直、かないません(笑)
ドラマーとしては、確か、「オフコース」のバックでも叩いてたんですよね?結構、昔から、ドラマー上がりのアーティストに縁がある私です(苦笑)
Cacao
2005/08/27 00:40
カナさん、こんにちは

最近の再版ブームに乗るまでは、幸宏さんの昔の楽曲はなかなか手に入らなかったと思いますが、最近は(諸刃の剣ではありますが)iTunesってものが出現して状況も良くなったのかも(?)

ど〜ぞ、お暇な時に聴いてみて下さい。
Cacao
2005/08/27 00:42
shuumaさん、コメントありがとうございました。

>幸宏氏に対する感覚や思い入れが、とても似ていてびっくりしました。>同志って感じですね(^^)

って言葉に誘われて、さっそく遊びに行かせていただきました。「あぁ、なるほど」と言うか、『好きな曲がほぼ同じだぁ〜』みたいな。
きっと、ファンになった時期とかお互いの世代も近いのかなぁと思います。
TBも、また勝手に(笑)追加させていただきました。これからも、また、「同志」として、よろしくお願いします。
 
Cacao
2005/08/27 00:43
始めまして、
高橋幸宏で検索してたら辿り着きました。
私にとっても彼は音楽の源の一人です。
TBも追加させて頂きました。
今日は買ってそのままだったアルファー期の「紙ジャケ」を聞いています。
GISH
2005/09/01 11:41
はじめまして、GISHさん。
辿り着いて下さって、ありがとうございます。
私もTBさせていただきますね。
紙ジャケ、私も4枚買いました(笑)インタビュー読んで、レコードしか持ってない作品は聴いてみました。
"Wild & Moody"も、幸宏デザインシール付きで(笑)再版してくれないかなぁ。かなり好きなのに‥と、思ってます。
 
Cacao
2005/09/01 20:37
こちらこそ、ありがとうございます。
私も長年(25年)の幸宏ファンです。
最近また改めて幸宏の良さに気付きました。
"Wild & Moody"のシール、
今でも大事に持っていますよ(笑)。
GISH
2005/09/02 01:14
GISHさんへ
私より先輩でいらっしゃいますね。
シール、半分使っちゃったような…ビートニクスのポストカードも使った気がするし、昔は「取っておこう」って気は、あんまり無かったようです(笑)
Cacao
2005/09/03 20:23
コメントありがとうございました。

ステキなブログですね。
そして、この幸宏さんの記事に激しく共感しました。
「Ripple」は本当にイイ曲ですよね。

コメントいただいた「教授の音は痛い」という意見、鋭いです。確かに教授は音と戦っているヒトなので根本的に「過激」で、疲れるかもしれませんね。
「かたちんば」こと高見耕次
2005/09/10 12:17
「かたちんば」こと高見耕次さん、コメントありがとうございます。

数年前に薬のCMがすごく一般受けした時、「癒される」という評価だったのが、結構不思議でした。この「音」で和らぐというのは、日本の労働者は本当に疲れちゃってるんだなぁ‥と。少なくとも、坂本さんのピアノの弾き方は、そんなに優しくないですもの。何か引っ掛かりを残している。(そこがいいのでしょうが‥)
でも、ところ変われば‥なのか、ジョビンの作品をトリオで演奏したCDは、個人的にとっても好きです。(CD以上にNHKが放送してくれたライヴに、しみじみと感動しました)
 
Cacao
2005/09/10 15:03
はじめまして。shuumaさん、かたちんばさんのブログからたどってきました。四月の魚TBさせていただきます。
ドラム小僧
2005/09/23 22:38
コメントありがとうございました。幸宏の音楽は僕の人生にずいぶん影響を与えてきました。最近、ソロアルバムが出なくて、かなり寂しいです。
joyuki
2005/09/23 23:38
ドラム小僧さん、joyukiさん、コメントありがとうございます。

幸宏ファンの皆さんと、こんな風にお話できるなんて思わなかったので、嬉しいかぎりです。
この連休に久々にYMOを聴いていたので、一つ記事を起こしたいと、また目論んでおります(笑)
 
Cacao
2005/09/26 21:55
こんにちは。コメントありがとうございます。
ブログを始めて、こんなに幸宏さんファンが多かったんだなぁと実感しています。Sketch Showも解散(?)という噂も聞きますので是非ソロでアルバムを出して欲しいものです。
それにしても幸宏さんの曲のタイトルって良いのが多いですね。ここの文章を読んでいて思いました。
また遊びに来ます。
るき
2005/09/30 07:21
るきさん、コメントありがとうございます。
そうですか、Sketch Show解散‥で、教授も正式に参加して3人で1枚?(笑)
次のソロ作品って、一体どんなものになるのでしょうねぇ‥想像がつきません。
どうぞ、気が向いたら、またいらして下さいませ。
 
Cacao
2005/09/30 23:37
cacaoさん こんにちは♪
gooのブログを始めたばかりの初心者管理人です。
幸宏さんの作詞の曲が沢山あるのでトラックバックさせていただきたいな・・・と、トラックバックを入れてたら 何度も同じ送信をしてしまいました。
申し訳ありませんが 削除をお願いいたします
それと 私のほうのブログは無事に全曲を掲載することが 出来ました。
お時間のある時に ご訪問いただけたら 幸いです。
お手数ですが よろしく お願いいたします。
みほ
2005/10/29 16:01
みほさん、ありがとうございました〜(半ば強制的にお願いしちゃって…笑)
BUZZの全曲掲載完了、おめでとうございます!ゆっくりと散歩に伺いたいと思います。
 
Cacao
2005/10/29 23:08
cacaoさん、お手数おかけいたしました〜♪
そして トラックバックありがとうございました。
幸宏さんとBUZZの深いご縁に感謝しつつ・・これからも よろしく お願いいたします。
幸宏さんの詩、都会的でカッコイイです。BUZZの楽曲にも沢山あって どれが一番!って 言えないですけどね。
ちなみにSaravah!の中のC'est Si Bon・ PRESENT・SUNSETのコーラスをラジとBUZZが担当しているんですよ♪
みほ
2005/10/30 19:04
みほさん、ど〜も
あっ、ほんと、そうですねー。3曲も!
どれも肌触りのよさそうな(?笑)
♪セ・シ・ボン 抱きしめてる
 胸で聞くのよ 甘い言葉〜
ですからねぇ。いいわぁ(幸宏さんの詞じゃないけど)
私はこのアルバムの中だと"La Rosa"が好きかなぁ。さすが幸宏&加藤さんのゴールデンコンビ!
BUZZは11/23に再版が何枚か出るのですもんねー。おめでとうございま〜す。
 
Cacao
2005/11/01 22:01
リンクを張っていただきどうもありがとうございます。
11月23日に下記に移転いたしましたので、ご報告させていただきます。今後は下記の方にリンクを張っていただけますようお願いします。
MR.YT Unofficial Home Page
http://www.mryt.com/
今も昔もYT派
2005/11/30 13:03
わざわざ、ありがとうございます、今も昔もYT派さん!
‥と、言うか。あ〜お懐かしゅうございます。昔、お世話になってました。(再びお話できて、嬉しーです)
通知なしに記事内リンクしてしまってすみませんでした。これを機会に、トップにリンク張らせてもらいました。
 
Cacao
2005/11/30 22:13
私のサイトのForumにもお返事させていただきましたが、
ホント久しぶりです。懐かしいです。

トップページにリンクを張っていただき、どうもありがとうございます。
拝見させていただきました。今後ともよろしくお願いしますね。
今も昔もYT派
URL
2005/12/01 13:09
コメントありがとうございました。
夏向きですが・・・っていう突っ込みもありがとうございます(笑)
実はこちらの幸宏さんの記事は 検索にかかったもので、既に読ませて頂いていました。
なので、URLを辿って来てみて ちょっとびっくりしました(笑)
Cacaoさんは私の足跡を辿って来られたのでしょうか?
こんなに多くの幸宏ファンがいらっしゃって、とっても嬉しくなりました。
「音楽殺人」も大好きですが「NEUROMANTIC」も大好きです。
特に1、3、6、7が好きですね。
今聴いても ちょっと切なくなって、胸キュンものです(笑)
サンディー盤「Drip Dry Eeys」もめちゃめちゃイイですよね。(因みにサンディーも大好きです♥)
これからも時々、おジャマさせて下さいね♪
しず
URL
2005/12/01 15:19
>今も昔もYT派さん
もちろん、ヨロシクです!

>しずさん
そうなんですか〜ありがとうございます。私もそちらのブログは検索して辿り着きました
ねぇ、多いのですよ、幸宏ファンって、割と。(^^ゞ
"NEUROMANTIC"‥胸きゅん!ですよね。しずさんはアッコちゃんも聴いているのでしたね?私は2枚しか持ってませんが、あったか〜いから「冬向き」ですよね(笑)私、彼女の事は「天才」と尊敬しております。
 
Cacao
2005/12/01 23:51
●Cacaoさん、こんばんは。
Pierre Barouh / Viking Bank
http://music-review.info/article/12008896.html
へのコメントありがとうございました。

ピエール・バルーの作品はクセのあるのが特徴のような気がしますが、不思議とそのクセが段々と心地よくなってくるんですよね。しばらく聴かないと、ジワジワと聴きたくなってきます。
ponty
URL
2006/02/09 01:32
pontyさん、色々、TBありがとうございます。

>不思議とそのクセが段々と心地よくなってくるんですよね。

ふむ。それこそ、私向きな音楽です〜(苦笑)
 
Cacao
2006/02/12 21:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高橋幸宏 〜 私の音楽の源 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる