私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Keziah Jones 【African Space Craft】

<<   作成日時 : 2005/09/14 20:45   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 17

画像1st"Blufunk Is a Fact"('92)で驚異的なギター奏法で世界を唸らせたキザイア・ジョーンズの2ndアルバム('95)。ジャケ写が怪しいけれど、どうやら少年の頃の集合写真のアップ(サングラスは合成?)のようだ。

1stアルバムを初めて聴いた時程の「目が点」‥のような衝撃は無いにしても、音楽的には、2ndの方がキザイアの音の表し方やアルバムテーマにこだわりが感じられ、円熟味は増し、グルーヴは更に深く魂を揺さぶる‥完成度が高いものになっていると思う。

この間に'92.5の初来日公演音源を含む"Keziah Jones Live"('93)も発売されていて、これは、やはり、Liveの激情的な音の響きが多少なりとも伝わるもので、別格で素晴らしい。スタジオ録音と比較すると、本当に思う存分にギターを叩きまくり、まるでウクレレでも扱うかのような速さで弾き倒している。ちゃんとコール&レスポンスなんかもしていて、全体的には爽やかだ。ただ、8曲入りの割には『あれっ、もうお終い?』という感じ。

2ndのこのアルバムでは、1stで強烈なカッティングからの高揚感や軽快なリズムの波にサラリと流されていた言葉や独特のビートが、メッセージ色を強めて、彼の少し癖のある声に引き上げられ、試行錯誤を繰り返して出来上がったと想像できる様々な音をアクセサリーに、比較的ゆったりしたグルーヴを起こしながら身体に染みて来る。決して聴き易い類のCDではないけれど、訴えようとする気持ちに知らず知らず同調してゆく感じが心地良くて、私は好きだ。

残念ながら、3rd"Liquid Sunshine"('99)の、あまりの変貌ぶり(ブルースマンに大変身?‥KEB'MOかと思った)に付いてゆけず、4th"Black Orpheus"('03)は、購入していないのだが、どうやら、1st感が復活?との評価もあるようなので、今頃だが、チャレンジしてみようか?
また、1stも最近になって再版されているようなので、ファンキーなギターが好きで、まだキザイアをご存知ない方には、お勧め。損はしません!(2ndもネット購入は可能のようですね)

◇キザイアの略歴 〜 なかなか興味深い 〜
 1970.1.10ナイジェリア生まれ。有数の資産家だったヨルバ族の酋長の8人兄弟の5番目。
8歳で英才教育のため渡英。学校のピアノに端を発し、音楽に傾倒。反対を押し切りロンドンに出ると独学でギターをマスター。
クラブ等で音楽活動を行っていたが、'91にレニー・クラヴィッツのヨーロッパツアーをサポートしたことで転機が訪れた。


1.Million Miles From Home
2.Colourful World
3.Prodigal Funk
4.Splash
5.Dear Mr Cooper
6.African Space Craft
7.Speech
8.Cubic Space Division
9.Funk 'N' Circumstance
10.Man With The Scar
11.Never Gonna Let You Go
12.If You Know
13.Stereophobia
14.Sugar Coated Bombs
(13-14:日本盤ボーナストラック)


★山崎まさよしおすすめ作品つながり('97のFM802/雑誌guitar magazineにて)
 1stアルバム"Blufunk Is a Fact"に触れて
 「最初聴いた時には『めちゃ格好いいな』ってびっくりしましたね。凄いファンクギタリストだと思います。曲がワンコードだったりするのもブルース好きな僕にはいい感じ。」
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
vol.6 キザイア・ジョーンズ
●キザイア・ジョーンズに関してはぼくの場合、この2枚目のアルバムのときの  来日公演をテレビで見たのですが、そのときの印象が強烈なものでそのせいか  やはりキザイアといえばこの作品が一番好きです。 ...続きを見る
歌うギタリスト人名録
2005/09/15 11:52
Keziah Jones
African Space Craft Delabel1995 01 Mill... ...続きを見る
kira tunes
2005/09/15 22:48
Rhythm Is Love!! Keziah Jones!!
Keziah Jones 「Blufunk Is a Fact! 」 そうです。度肝をぬかれたのは、このキザイア・ジョーンズです。 ...続きを見る
POP! ROCK! BEAT! POP...
2005/11/01 00:07
Keziah Jones(キザイア ジョーンズ)
こんばんわ、マサです。 昨日の記事でラウル ミドンのことを書いたのですが、今日はキザイア ジョーンズの話。 キザイア ジョーンズを知っている方の中には、ラウル ミドンの「State of Mind」を聴いて、キザイア ジョーンズを連想した人も多いのではないでしょうか。両者.. ...続きを見る
ビリヤード 負け犬日記
2006/01/17 00:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
歌うギタリスト人名録さん、kira tunesさん
TBありがとうございます。
「生で見たいアーチスト」‥本当に、そう思います。
 
Cacao
2005/09/17 22:14
トラックバック、有難う御座いました。
キザイア・ジョーンズは音楽に食傷気味だった自分の生活に、久しぶりの活気を与えてくれました。
彼のキャリアが第一線に戻るのは難しいと思いますが、彼には妥協せず、好きなように生きて欲しいものです。
apparatus
2005/10/01 16:12
apparatusさん、コメントありがとうございました。
>妥協せず、好きなように
そうですね。難しいことだけれども、彼ならできるかもしれません。
 
Cacao
2005/10/03 21:42
TBありがとうございました。

こちらからもTB返させていただきます。
「Black Orpheus」も悪くはないと思います。
本当になかなか味わえない衝撃だと思います。
biturbo93
2005/11/01 00:10
biturbo93さん、TB、コメントありがとうございます。これからもヨロシクです。
「衝撃」、まさに‥
実はこのアルバム、中古売場で目に入って来たんです(苦笑)。その時思いました。『1st買った人がこの2ndを買って、期待と違って手放したのかなぁ』と。彼のアルバムは一枚一枚ごとに、リスナーにとっては衝撃作なのかもしれません。
 
Cacao
2005/11/01 22:08
こんにちは。
ゆっくりと読ませて頂いております(笑)
Cacaoさん、あるアーティストのアルバムを買い始めて止めてるところまで、僕と同じです(笑)このKeziahとかHolly Coleとか。

 このKeaizahはデビュー当時、超人現る!という事で、その筋(どの筋だ?)では相当話題になり、僕もほぼ発売日に買いに走ったモノです。天才だと思いましたね、はい。
確かに1stは愛聴盤でしたが、EP(凄く良い)を挟んで2ndも聴いたけど、3枚目以降は買ったまま聴かなくなりました(笑)
JB
URL
2005/12/28 12:21
JBさん、ありがとうございます。こんな無粋なとこですが、どうぞ、ごゆっくり。

>あるアーティストのアルバムを買い始めて止めてるところまで、僕と同じです(笑)このKeziahとかHolly Coleとか

このお二方で揃うってのは、かなりスゴイですねぇ(笑)まぁ、良く言えば「旬」に敏感、悪く言うと、少し薄情なのかなぁ?まぁ、時間を置いて再びってケースもあるってことで…

その筋…やっぱり「ギター」って事でしょうかね。音楽好きで、1stにびっくりさせられない人の方が珍しいかもしれないですよね。
 
Cacao
2005/12/28 23:36
そですね。
でも、実はこれを読んで早速2ndをMP3に落として、今日新幹線で聴いてきました。
久々に聴くと、実は全部聴き覚えがあって、なぁんだ、結構聞いていたんじゃん?とか思いました。このセカンドも相当良いですね?
ちょっとしばらくは聴き込んでしまいそうです。
JB
URL
2005/12/29 02:05
JBさんへ
新しい年が明けましたね。今年もよろしくお願いします。

そうなんです。1stの方が取り上げ易いな?と思ったのですが、2ndの楽曲って結構身に染みてるものが多くて…自分の状態によって、どちらを好むかは変わってしまうのですよね。
 
Cacao
2006/01/01 20:30
Keziahいいですよね。私も初めて1stを聞いたときの衝撃は相当なものでした。その後2ndでロック色が強まり、私の中でも甲乙つけがたいくらいどちらもすごい作品だと思っていました。

そして、3rd。皆さんの評価はあまりよくなさそうですが、私は4枚の中でこれがベストです。

確かに過去2枚のようなギタープレイを期待して聴いた最初はショックを受けましたが、音楽的には非常に洗練された作品だと思います。これは完全に好みの問題だと思いますが・・・。

とにかく次の作品が出るのを楽しみにしている1人です。
ヴィラ・ロボット
2006/01/09 23:09
ヴィラ・ロボットさん、初めまして、ですよね?コメントありがとうございます。

そうですね〜。色々検索する中で、3rd、好きな方もたくさんいらっしゃるのですよね。

>完全に好みの問題
そうなんでしょうね。音楽の「質」の問題ではないと思ってます。そして、地味ながらも、ずっと、音楽活動は続けて行ってくれるアーティストなんだろうなぁと思います。
  
Cacao
2006/01/11 22:10
間違えて、複数のTBを送信してしまいました。
リンクが無くなっている記事のTB削除をお願い致します。
お手数をおかけしますが宜しくお願いします。
マサ
URL
2006/01/16 04:10
マサさん、コメント、TBありがとうございます。ビリヤードをされる方なんですね?(私は一回しか遊んだ事がありません…笑)
キザイアのギタープレイは、ホントに凄いの一一言ですよね!だから、記事を起こさずにいられませんでした。
 
Cacao
2006/01/16 21:53
こんばんわ、お騒がせしております。
再度、TBをさせていただきました。

ちなみにビリヤードはヘタクソです。(苦笑)
マサ
URL
2006/01/17 00:50
マサさん。こちらこそ、です(苦笑)

そうなんですか〜?
 
Cacao
2006/01/19 23:46
ビリヤードで負けた罰ゲームのブログですから・・・

最近、Yahoo!で「ビリヤード ヘタクソ」と検索すれば1番に表示されるようになりました。
マサ
URL
2006/01/22 08:00
それは、まぁ。
でも、スゴイですね!(笑)
 
Cacao
2006/01/23 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Keziah Jones 【African Space Craft】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる