私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Chickenshack 【CHICKENSHACK U】

<<   作成日時 : 2005/11/03 16:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像なんとなく聴きたくなって取り出した'86年のチキンシャックのアルバム。ジャケットのイメージ通り、おしゃれでモダン、大人っぽくソウルフルなフュージョン。私には縁のない、雰囲気のあるバーカウンターに居るような感じがしてくる。しかし、私は今までこのバンドの事を全く知らずに来たのだ(恥)。メンバー達の活動は、YMOの面々とも繋がり、大好きなドラマー沼澤尚を日本へ呼び戻すきっかけを作っていた。

便利な世の中になって、断片的な情報なら簡単に手に入る。今回、「ところでチキンシャックって、どんな人達?」とキーワードを打ち込む度に、私は目の前に表れる情報に対して、自分の無知を思い知り、ショックを受けていった。

'85年に結成された、チキンシャックのメンバーは
・土岐 英史(サックス)
・山岸 潤 (ギター)
・続木 徹 (キーボード)

このアルバムの中でも、軸を成す、伸びやかで柔らかなサックスを吹いている土岐さんは、'70年半ばから渡辺香津美と活動し始め、その繋がりか、'78年発売の細野さん、鈴木茂山下達郎らが中心になったアルバム"PACIFIC"等でも競演している。そして、このアルバムの参加ミュージシャンの顔ぶれには圧倒される。私が知っているだけでも、
坂本龍一、高橋ユキヒロ、吉田美奈子、(ダンディ!〜)林立夫、村上秀一、大村憲司、それに写真家として(これまた大好きな)浅井慎平まで…
そして、アルバムのトリは「コズミック・サーフィン」だ!あぁ、なんか力が抜けちゃう。

また、軽やかで艶のある優しいギターを聴かせてくれるギターの山岸さんは、海外を中心に活動していた沼澤尚をチキンシャックに招いた人だと言う。つまり、彼の日本における活躍の火付け役ってことだ。沼澤氏は"Chickenshack VI"('90)、"Loving Power II"('90)、"Prime Time"('91)に参加している。
また、山岸さんは、最近ドリカムのサポメンとして私の興味を引いた素敵なジャズ・ギタリスト、デビッド・T.ウォーカーとも、競演を重ねている。

あぁ、だから、何をきっかけに購入したのかも忘れたこのCDは、飽きることなく、未だ、私の頭の隅に存在し続けているのだ。強烈なインパクトを感じるわけじゃないけれど、輝かしい時代の芳醇なエキスを偲ばせる、忘れがたい音色を薫らせながら…

チキンシャックは現在活動は行っていないようだが、2005.1にはベストアルバムが出たらしい。


→チキンシャックについて
→チキンシャックについて聴き込んでおられる方です
→土岐英史さんのホームページ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
チキンシャックって昔、Rufus & Chaka KhanのBobby Watsonが参加してましたよねぇ?その頃のことは良く知らないんですが、Bobbyとは数年前にメールで何度か話をしたことがあります。
morito
2005/11/09 03:36
moritoさん、こちらまでコメント、感謝です。
なるほど、CHICKENSHACK W〜Y、(沼澤さんとかぶるなぁ)他にも土岐さん絡みで色々参加されているんですね。残念ながら私は聴いてないようですが、日本におられた方みたいですね?
 
Cacao
2005/11/09 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Chickenshack 【CHICKENSHACK U】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる