私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮沢和史 【SAFETY BLANKET 1991-1998】

<<   作成日時 : 2005/12/01 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像THE BOOMの宮沢和史氏が書き続けたエッセイと詩を1冊に集大成した文庫本。彼の音楽は私には少し熱過ぎて殆ど聴いていないのだけれど、彼の詩(言葉)を耳にする度に、真っ当で、感じ入る。最近アルゼンチンが身近な私には、その国のサッカー代表の応援歌が「島唄」という繋がりもあるし…偶然だが、幸宏さんの40歳バースデーパーティに触れたエッセイもあったりする。

* - * - *

#3から
何とユキヒロさんの横に座った僕は、YMO時代のユキヒロさんの物真似をやるハメになってしまい高野寛君のヘルプがあったが、ガチガチになりつつ、「NICE AGE」を歌い、まったく似ていなかったが、若干の拍手をいただいた。(二人とも本当に似ていなかった)。釣りの話やらで楽しい時間が過ぎていったのだが、ユキヒロさんがボソッと僕にいった。「ある人が言った言葉なんだけど ― 正確な理解より、好意的な誤解 ― いいよね。とても気に入っている。」

こ〜んな事が書いてある。宮沢氏はどちらかと言うとアッコちゃんと縁のある人だと思うけれど、YMOを聴き込んだ一人でもあったはず。‥とは言え、彼が幸宏さんの真似ってのは、想像するだけで愉快な感じ(笑)それにしても、幸宏さんらしい言葉だなぁ。わかる、わかる。でも、♪愛がなくっちゃね(、そんな誤解はできないんだろうなぁ。)

* - * - *

この本の中には、釣りが溢れている。暑い国の人達の汗を含んだ風が吹き、緑を分け入った奥から流れてくる川の心地良い水音が響いて来る。そして、たくさんの感性豊かな詩が散りばめられている。前向き過ぎる彼の言葉に、時々、少し引け目を感じながらも、共感を持たずにはいられない。

#22から

きれいすぎる水に魚は住めない
もちろん きたなすぎてもいけない
青すぎる空は モグラにゃつらい
夜ばかりが続いたら鳥達はねむり続ける以外に
やることがない

絵をひとつ描き終えた後のパレット ―
一見どうしようもなくきたなく映るパレット ―
右も左も 上も下も 前も後も
なにもかも
すべてが不規則にまじり合う
その中に真実や現実があり それこそが
まさしく美である

いくら もっと かきまぜても 多分
真っ黒にはならないだろう

そんな所に そんな世界に
僕らは生きている


初版発行 2004.11.25

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
矢野顕子さんとはデュエットで「二人のハーモニー」でしたね。宮沢さんは「島唄」しか知りませんが、幸宏師匠とそんなことがあったんですね。(^^)
島唄は世界の唄になりました。
joyuki
URL
2005/12/02 14:13
ど〜も、joyukiさん
幸宏さんNEWアルバムの知らせに嬉々としてます〜。
今日、色々溜めてるDVD化予定のビデオテープを見ながら、宮沢氏の出演したTV番組を見ていたら、高野氏が、さりげなくギターでサポートしてました。彼らの関係はとても近いのだわ、と思いました。
アッコちゃんとは「ビューティフル・ソングス」でも(鈴木慶一さんもですが、)ご一緒ですね。この参加ミュージシャンは、沼澤氏含めサポメンも素晴らしいし‥何より、もちろん、本当に美しい歌を聴かせてくれて、最高です。
 
Cacao
2005/12/03 19:40
新譜の細かい情報などはまだわからないでしょうか。インターネット上はYT派さんのところにしか、ニュースが上がっていないようでした。いずれにしてもよかった。6年以上ですからね。もの凄く楽しみです。
joyuki
2005/12/03 21:54
ここで続ける話題ではないけど(笑)

タイトル未定
発売:2006年2月15日
レーベル:東芝EMI
カタログNo:TOCT25939

が、現在入手できる情報のようですね。
HMVには「エレクトロニカを基調とした最先端サウンドに挑戦」とありますが、イメージが沸きません(苦笑)
 
Cacao
2005/12/04 17:09
宮沢さんも好きで、何回かライブに
行ってます!
彼の歌い方は、ユニークですよね!
人間性が好きかな。 
TVの役者をしてるときは、別人ですね。
山崎まさよしのドラマーの江川ゲンタさんが
一緒のステージが有るので行く様になったのだと思います。

   ☆(^!^)☆
メイママ
URL
2006/01/09 01:55
メイママさん、コメントどうもありがとうございます。

>ユニーク
なんでしょうか‥(笑)
情熱的ではありますね。コワイほどに。それで、ちょっと引いてしまってマス。

そう、人間性には、本当に惹かれます。ビートたけしさんの詩集が好きなのも一緒だし…
それと、役者としての彼は、私、大好きです!
 
Cacao
2006/01/11 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮沢和史 【SAFETY BLANKET 1991-1998】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる