私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS ASTOR PIAZZOLLA 【PIAZZOLLA EN EL REGINA】

<<   作成日時 : 2005/12/04 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

画像1970.5.19 地元ブエノスアイレスのレジーナ劇場で行われた、アストル・ピアソラ五重奏団のライヴ録音盤。「ブエノスアイレスの四季」全曲および、同「零時」が一枚に収録されている嬉しい一枚!今まで80年代の演奏しか聴いたことがない私からすると、クラシック色が強いなぁというのが第一印象。ピアソラの個性が濃厚になる80年代もいいが、70年代の演奏をもっと聴いてみたいと思わせる。

1.ピアソラの挨拶
2.ブエノスアイレスの冬
3.ブエノスアイレスの夏
4.ブエノスアイレスの秋
5.ブエノスアイレスの春
6.ブエノスアイレスの零時
7.アルフレド・ゴビの肖像
8.革命家
9.キチョ

これはアルゼンチン・タンゴとしては初の録音を行ったライヴだったそうだ。個人的には、「ブエノスアイレスの春」については、初めて耳にしたのだが、こうしてシリーズ全てを横並びに聴き、あらためて、『たぶん、ブエノスアイレスの四季は日本とは違うのだろうなぁ』と感じる。作曲の順としては、65年に「夏」、69年に「秋」、「春」と「冬」は、この劇場で初演する前らしい。そして、演奏順もまた、バラバラだ。

が、しかし、このアルバムの中の演奏順は、案外、日本の四季の移り変わりに合うのではないかと思う。少なくとも「春」には、優しく光の射す景色は浮かんで来ない。何やら神経質で慌しい感じ。次々と生命が芽吹く光景なのだろうか?それにしても、喜びのようなものも伺えないけれど…。ただ、一部に「アディオス・ノニーノ」と同じような旋律が聞こえて少しほっとする。ピアソラについて現代作曲家のバルトークの影響を語った人がいたが、「秋」には、それを思わせる不協和音とクラシックのような深いバイオリンの音が鳴る部分もある。
四季の中では、「冬」が一番ゆったりとして明るいものを感じる。やっぱり、よく演奏される「夏」、「冬」、「零時」が味わい深いカナ。

このアルバムの中で、かなり気に入ってしまったのが「革命家」だ。当然、ピアソラ本人にことだろうと思ったのだが、67年10月に亡くなったチェ・ゲバラに捧げられたとの説もあるらしい。始まりから、とても勇ましく、切れのある旋律で、『大河ドラマのテーマソングにどう?』って感じである。

何だかんだ言って、ライヴの臨場感、演奏曲ともに評価の高いこのアルバム。初期の五重奏団を聴く意味でもお薦めです。あと、私の好きな後期のスアレス・パスの華麗な音色とは異なり、じっくりと深みのあるアントニオ・アグリのバイオリンが楽しめました。


アストル・ピアソラ(バンドネオン)
アントニオ・アグリ(バイオリン)
オスバルド・マンシ(ピアノ)
カチョ・ティラオ(ギター)
エンリケ・"キチョ"・ディアス(コントラバス)
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla)
アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla)タンゴ バンドネオン奏者/作編曲家アストル・ピアソラ(1921~1992)はアルゼンチンのマル・デル・プラタ 生まれ。4才の時に米ニューヨークに移住しジャズを中心とした米国 音楽文化に影響された少年時代を過ごす。15才時にアルゼンチン.. ...続きを見る
楽しい音楽を聴く♪
2006/01/22 12:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
情報ありがとうございます!
さっそくチェックしたいと思います。
rj588j
URL
2005/12/08 20:53
rj588jさん、コメントありがとうございます。
少しでも参考になったら‥良かったです(*^^*v
また、ピアソラCDに関しては書こうと思ってます。
 
Cacao
2005/12/08 21:39
●Cacaoさん、こんにちは。
アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla)
http://music-review.info/article/11815828.html
へのコメントありがとうございました。

いろいろな音楽に広くしかし浅過ぎないようにレビューを書いているブログです。よろしかったらまたいらしてくださいね。
ponty
URL
2006/01/22 13:35
pontyさん、お越しいただいてありがとうございます。

>広くしかし浅過ぎないように

これが、案外、難しいですよね?こちらこそ、よろしくお願いします。
 
Cacao
2006/01/23 22:21
私のBLOGにおいで頂き感謝です。
ふむふむ。なるほどなるほど。
参考になりました!
プラナリア
URL
2006/01/27 22:45
プラナリアさん、こちらこそ、です。

>参考になりました!
(笑)まだまだ、全然分かってないですけど。少しずつ、また聴き込みたいと思ってます。
 
Cacao
2006/01/29 15:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ASTOR PIAZZOLLA 【PIAZZOLLA EN EL REGINA】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる