私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の感謝。そして来たる年も 「どうぞよろしくお願いします。」

<<   作成日時 : 2005/12/29 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像

これはピカソの1922年の作品で、'96年「コーン・コレクション」が東京で公開された時に見たもの。優しい雰囲気で良いでしょ?暮れる年から明ける年にかけて、大切なことを思い起こしながら越えたいですね。・・・こういう脈絡もない、思い込みの音楽レビューブログを、予想以上の多くの皆様に訪れていただいて心から感謝しています。(まぁ、本人が仕掛けてるって話も…苦笑)来年も目標とは裏腹に、気分に流されながらぼちぼち続けてゆくと思いますが、よろしければ、また遊びに来て下さい。

尚、「コーン・コレクション」は、クラリベルとエッタというコーン家姉妹により収集された近代絵画のコレクションで、マティスのコレクションとしては最高峰らしく、それまで無関心だった私も、マティスの良さを認識できました。「空間の美」「ラインの包容力」が突出した画家だなぁと今は思っています。
また、何より展示作品が全て自分のツボを衝いた意味で、今まで見た美術展の中で最高でした。現在はボルティモア美術館に寄贈されているらしいです。
教育を受けに行った時に電車のつり革広告を目にして、見に行った記憶があるのですが・・・白い幕の張られた会場を迷路のように通り抜ける先々に、色々な作品(色)が姿を現わすという心躍る展示会でした。

最近は美術展へはご無沙汰で、「開運!なんでも鑑定団」など見てごまかしている気がしますが、そろっと、本物を直に見ないとイケマセン。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
絵を描くことは好きだったんですが、芸術にはあまり詳しくないんです。ピカソは抽象画だけではないということは知っていましたが、こんな優しい絵もあったんですね。
今年はいろいろコメントありがとう御座いました。来年もよろしくお願いします。
joyuki
URL
2005/12/29 12:34
描くことは苦手なんで、もっぱら鑑賞してます。ピカソの「ゲルニカ」を見たときは、あまりの迫力に涙が止まらなくなった思い出があります。
今年は色々とお世話になりました。
来る06年も、是非宜しくお願いします。
shuuma
URL
2005/12/29 18:52
はじめまして。当方へのご訪問ありがとうございました。
芸術全般がお好きな方とみました。
当方まだBlog暦が浅いので、とりあえず音楽ばかりで攻めてますが、来年からはちょっと進化したいなと思っています。
今後もどうぞよろしくお願いします。
elmar35
URL
2005/12/30 08:42
優しい絵ですね。
抽象画以前のピカソって、なんか暗いイメージがあったんですけど、これは色も明るくて素敵。
Cacaoさん、今年はあそびに来てくださってありがとうございました。Cacaoさんがコメント付けてくださって凄く嬉しかったです。
来年もまた、寄らせてくださいませ。
良いお年を!
meimei
2005/12/30 10:57
最近じっくり見たのはミニアチュール絵画ぐらいで・・・
来年はあっちにもどぷ〜りハマって下さいませ。(w)
Cacaoさん、よいお年をお迎え下さい。
miyavilog
2005/12/31 12:36
どうもです。

今年は、おもむいて頂き有難う御座いました。

来年も、今年より、ご贔屓、宜しくお願いいたします。

では、よいお年を・・・・・
でびすて
URL
2005/12/31 15:50
みなさま
新しい年が明けましたね。今年もよろしくお願いします。

☆joyukiさんへ
絵を描ける方なんですね(うらやまし〜)私も全然詳しくないのですが…初期のピカソの作品には写実的なものも多く、正確なデッサン力が垣間見れる気がしますが、この作品が描かれた頃は「母と子」というテーマで抽象画も含め色々なタイプの作品を残しているみたいです。
joyukiさんの記事は、スルリとコメントできるものが多いのですよね。

☆shuumaさんへ
私も描くことは全くダメで(笑)鑑賞派です。私も「ゲルニカ」観てると思うのですが、その制作過程を撮った写真の方が印象に残っています。全く違う構図がまとまっていく様に感心し、そこに込めようとしている強い「想い」を想像しました。なかなか自分では師匠のレビューは起こしづらくて、いつも感謝しております。
Cacao
2006/01/01 20:33
(続)
☆elmar35さんへ
コメントありがとうございます。
私もブログ始めて半年に満たないので、流れのまま、現時点では、(私の実態に照らすと)ちょっと上品過ぎるかも?と思う内容になってるので、今年からは、もう少し崩してみようかな?と思ってます(笑)

☆meimeiさんへ
ピカソ、暗い印象ですか…私には、ともかく力強く前向きな印象です。よく目にする平和と書かれた「鳩」の絵なんかも。何よりご本人の映像なんかを見て、先入観があるのかも。まぁ、私の好きな作家というわけではないのですが…
meimeiさんのブログ、Jeffへの愛が溢れていて、いつも楽しくて大好きです。また、通わせてもらいますので、よろしく〜
Cacao
2006/01/01 20:34
(続)
☆miyavilogさんへ
miyavilogさんのサイトは、いつも「ほぉ〜」とか「へぇ〜」とか感心して回らせていただいてます。(コメントまで行きませんが…)少し違う世界へ行ける感じが素敵で好きです。また、寄らせてもらいますね。

☆でびすてさんへ
な〜んか、ほっとしたいナって時、でびすてさんのブログは特効薬でございます。ありがたいです。レビューへのコメントは殆どできないですけれど、また、遊びに参ります。
 
Cacao
2006/01/01 20:36
あけましておめでとうございます。
96年のコーンコレクション展は私も見にいきました。このピカソの絵はとても印象深く私の
記憶にも残っていました。
たしかにマティスが圧巻でしたね。私はあの後
「ジャズ」の版画の一枚を買ってしまいました。
nokogirisou
URL
2006/01/01 21:51
あけましておめでとうございます。

最近、美術館にも博物館にもご無沙汰しているから、行かないとなあ。生の作品そのものに触れることも大事だし、コレクターさんや、キュレーターさん、学芸員さん・・・といった方々の息遣いというか、心意気みたいなものも、一緒に味わっていけたらいいな〜と、上の作品とレビューを見て思いました。
今年も、Cacaoさんの眼を通して、いろんなステキなものを見せてくださいね。
ruthk
URL
2006/01/02 05:05
☆nokogirisouさんへ
そうですか、コーン・コレクション見られましたか!同じ展覧会を観られた方がいて嬉しいです。ピカソの写実的な作品としては自画像しか記憶になかったので、とても印象深かったのですよね。かなりバラエティに富んでいて…私は、とても地味〜な、ゴッホの「靴」?の絵葉書も購入して来たのですが、これが、山崎まさよしの描いた作品に似ていて(苦笑)、親近感を感じてしまいました。
Cacao
2006/01/02 11:46
☆ruthkさんへ
明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
良さそうな展示会って、割と真夏に‥夏休み企画みたいに来るので、体力に自信が無い時期に当たると、最近、気後れしてしまってます。今年は頑張ってみたい!です。

>コレクターさんや、キュレーターさん、学芸員さん・・・といった方々の息遣いというか、心意気みたいなものも、一緒に味わっていけたらいいな〜

うっ、何やら、通なコメントですね。近付いて観すぎて注意されたことがありますが…(苦笑)だって、クレーか何かの色のグラデーションがキレイな小さな作品だったので、よく観たくて…。いつも、座して見守っていらっしゃる方ってどんな気持ちなんだろう?とは、思うのですが
 
Cacao
2006/01/02 11:47
Cacaoさん、今年もよろしく〜。
ピカソは、もちろん、明るく生命感にあふれてて、力強いというのが第一印象です。
でも、抽象的な表現になる前の、緻密で写実的な絵は、暗いな〜と思っちゃってます。
meimei
URL
2006/01/12 14:10
meimeiさん、あらためて、どうぞヨロシクです。
>抽象的な表現になる前の、緻密で写実的な絵は、暗いな〜と思っちゃってます。

ナルホド…確かにそうかも。
 
Cacao
2006/01/13 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年の感謝。そして来たる年も 「どうぞよろしくお願いします。」 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる