私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Astor Piazzolla 【TANGO: ZERO HOUR】

<<   作成日時 : 2006/02/04 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像"an hour of absolute end and absolute beginning"=「絶対的な終わりであると同時に絶対的な始まりである時間」とピアソラがイメージする時、「ゼロ・アワー」と命名され、「私がこれまでの生涯で作り得た最高のレコード」「このレコードに魂を捧げた」とピアソラに言わしめたアルバム。
実際‥その言葉に誇張はなく、私も同意したいと思います。


1.タンゲディアV
2.天使のミロンガ
3.キンテートのためのコンチェルト
4.ミロンガ・ロカ
5.ミケランジェロ’70
6.コントラバヒシモ
7.ムムキ

〜新生五重奏団<キンテート>〜
アストル・ピアソラ      (バンドネオン)
フェルナンド・スアレス・パス (ヴァイオリン)
パブロ・シーグレル      (ピアノ)
オラシオ・マルビチーノ    (ギター)
エクトル・コンソーレ     (ベース)

1986年5月 N.Y 録音


今まで、ピアソラに関しては、ライヴ音源を聴くことが多かった私には尚更なのかもしれませんが、このアルバムは、その完成度からして、本当に素晴らしいと思います。それ故に、個人的なレビューで濁すべきではないと思いつつ…私自身のケジメとして書かせてもらいます。

全体的に、ゆったりとしたテンポで貫かれ、楽器の一音一音が、クリアで味わい深く、音楽に対する「愛」を感じます。そして、それぞれが手を携えて、ピアソラの音楽世界を探求するように、確かめるように、彷徨いながら響き合い、空に昇華してゆくようです。

「天使のミロンガ」の叙情、「ミケランジェロ’70」の情熱に包み込まれる方が本来は私の好みなのだと思いますが、このアルバムで一番聴いてもらいたいのは、「キンテートのためのコンチェルト」。なんとなく、この中に全てが盛り込まれているような気がするのです。

今週はずっとストレスによる体調不良で早々に布団に潜り込みながら、毎夜このアルバムを聴いていました。何か解決するわけではないけれど、頭の奥にはどこまでも続く(決して爽快ではないけれど‥)空と山と海、それに寄り添う街並みが広がり、それに呼応するように体の奥から血の巡るのを感じることができました。
それは、もしかしたら、後世に永遠に受け継がれるピアソラ達の魂や血であるのかもしれません。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ピアソラ ← 言葉から辿ってみます
タンゴ界の革命児と呼ばれたアストル・ピアソラは、こう語っています。 「私の音楽は私とは違う。憂鬱で哀しく激しく、厳粛でさえあるが、本当の私は明るい性格で、人生を愛し、スポーツが好きで美味しい料理が好き。私は、アンチタンゴで夜が嫌い。昼間が好きで、朝や海や自然や花や森が大好き。私がタンゴに抱くイメージは、キャバレー、警察、泥棒、売春、ジゴロ、麻薬…人生の、ねじれたもの全ての同義語。タンゴがブエノスアイレスの売春宿で生まれ、ずっと売春宿のものであることを忘れてはいけません。底辺の世界の最... ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/02/04 16:38
Tango: Zero Hour / Astor Piazzolla | ピアソラ
まだNYにいた頃、出会ったこのアルバム。ちょっと衝撃だった。 そして、今でも自分の desert island disk... ...続きを見る
blog de rebrain
2006/03/15 00:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最近タンゴから遠ざかっていました。
Cacaoさんの文章を読ませていただき、このアルバムを聴きたくなりました(^_^)v
いつも貴重な情報ありがとうございますm(__)m
rj588j
URL
2006/02/04 19:41
rj588jさん、わざわざお越しいただいてありがとうございます。
私も、ちょっと遠ざかってたんですけどね‥ちょうど、小松くんをTVで見かけたりして…これ以上、このアルバムに対する感激が薄れないうちに、と。
そう、このアルバムを最初に聴いた時の「衝撃」って、こんな大人しい記事にまとめられる状態ではなかったのです。「今までの聴いてきたピアソラって、何だったの?」と思った程に…
 
Cacao
2006/02/05 21:07
初めまして、コメントいただきましてありがとうございます。
私もいい音楽を聴くの、探すの、大好きです。
今度クレーメルも聴いてみますね。
そういえば、ヨーヨー・マもピアソラに捧げる的なアルバム出してましたよね・・・
horsie
URL
2006/02/06 21:06
horsieさん、コメントどうも、です。
スアレス・パスふぁんとしては、クレメルのヴァイオリンは微妙〜なんですが(苦笑)、流して聴く分には…(葉加瀬さんのピアソラよりは好きかなぁ)。ただ、古風なミシャ・マイスキーふぁんとしては、ヨーヨー・マはダメなんです、実は(^^ゞ
 
Cacao
2006/02/06 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Astor Piazzolla 【TANGO: ZERO HOUR】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる