私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS サントラ 【COLD MOUNTAIN】

<<   作成日時 : 2006/02/18 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像アカデミー賞授賞式でスティングアリソン・クラウスが演奏した曲に感動して、映画より先に手に入れて繰り返し聴いて来たアルバム。映画は(「風と共に去りぬ」と並べた宣伝が敗因だと思うが…)『う〜ん、イマイチ』だったが、このサントラは愛聴している。
ミュージカルではないのに、映画とは異なる曲順でトラッド・ミュージックをふんだんに使い、一つの世界観を持つ音楽作品に仕上げている。特にラストに向けては圧巻!
映画の主題からして、なかなかに歌詞が深いのもいい。


「(映画の)〜背景となる南北戦争末期、1860年代に合わせブルー・グラス/トラッド・フォークをベースとした楽曲を中心に構成。【略】ジャック・ホワイトが5曲で参加!ブルー・グラスの若き歌姫:アリソン・クラウスも(エルヴィス・コステロスティングが書き下ろした)2曲でその歌声を響かせる。米アカデミー賞に輝くガブリエル・ヤレドによるオリジナルスコアも4曲収録」
というのがCDの帯の宣伝文句なのだが、

私は最初に気に入ったアリソン・クラウス以上に、聴き込むほどに、ティム・エリクソンの声に首筋を撫でられて浸ってゆくようだ。特に"I Wish My Baby Was Born"は、歌の悲しみと相まって涙ぐみそうである。
そうは言っても、アリソン・クラウスにスティングのコーラスが立ち昇る煙のように絡む"You Will Be My Ain True Love"は、やはり魅力的である。


"I Wish My Baby Was Born"から一部

I wish,I wish my baby was born
   おいらの可愛い児が生まれていたらなぁ
And sittin' on its papa's knee
   そしてパパの膝に乗っかってくれたらなぁ
And me poor girl were dead and gone
   おいらの可哀想な娘は亡くなっちまった
And green grass growing over my feet
   そこには緑の草が生い茂っているよ


戦争が背景ということもあるが、トラッド(=伝統)ミュージックということで、人が生と共に死と向き合っているという事と信仰心が当然のように織り込まれている歌詞に、忘れていた感覚を思い出すと言うか…懐かしい気がして来るのが不思議。
1曲目は♪与作は木を切る〜のようだし(笑)、念仏を思い浮かべるようなメロディラインが随所に聴かれることに、世界に共通する「何か」があることを想像する。以前書いたドーナル・ラニーで聴いたアイリッシュ・トラッドと言い…きっと、何か。


"Like A Songbird That Has Fallen"(日本語訳)から

私たちが行くべき道はそこにあるの
私には信じている福音がある
火に取り囲まれても みじめに思わないで
真理と慈悲もそこで見つかるのだから

穏やかな自然の絵
主が自らの手で描かれた
人生の旅先で私をそこへ導いて
悟りを得る手助けをしてくれるの

歌う小鳥が落ちてゆく
空に戻れるよう掴まえてくださいな
この凍った闇から
私たちはきっと蘇る

愛が遠くから呼んでいる
朝陽のほうに招いているの
慈悲に満ちた心でここを暖めて
少しは強くしてくれるでしょう

恐れや思い違いの多くは
蜜蝋とワインが癒してくれる
いつも探し求めているの
神様の考えを理解できるまで


そして、セイクレッド・ハープ・シンガーズ・アット・リバティー・チャーチの2曲。このゴスペル調の生命力あふれる歌声と高揚感には、身が震える。


01. Wayfaring Stranger - Jack White
02. Like A Songbird That Has Fallen - Reeltime Travelers
03. I Wish My Baby Was Born - Tim Eriksen, Riley Baugus & Tim O'Brien
04. The Scarlet Tide - Alison Krauss
05. The Cuckoo - Tim Eriksen & Riley Baugus
06. Sittin' On Top Of The World - Jack White
07. Am I Born To Die? - Tim Eriksen
08. You Will Be My Ain True Love - Alison Krauss
09. I'm Going Home - Sacred Harp Singers At Liberty Church
10. Never Far Away - Jack White
11. Christmas Time Will Soon Be Over - Jack White
12. Ruby With The Eyes That Sparkle - Stuart Duncan & Dirk Powell
13. Lady Margret - Cassie Franklin
14. Great High Mountain - Jack White
15. Anthem - Gabriel Yared
16. Ada Plays - Gabriel Yared
17. Ada And Inman - Gabriel Yared
18. Love Theme - Gabriel Yared
19. Idumea - Sacred Harp Singers At Liberty Church


こちらで試聴も→

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Donal Lunny 【The best of Donal Lunny】
これも、JEFF BECKが演奏している"Declan"の原曲を聴けるということで購入したアイルランド音楽の英雄的存在、ドーナル・ラニーの2枚組みベスト。「自然」と「人の営み」が肌に響いてくる音楽だ。ちなみに"Declan"とは、'87に亡くなった同郷ミュージシャンDeclan McNelis に捧げられた曲。Disc1-7 には映画"THIS IS MY FATHER"のテーマが収録されているが、この映画の音楽制作においてもDeclanとの関わりが記述されている。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/02/18 11:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サントラ 【COLD MOUNTAIN】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる