私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Go For Win,Zico-Japan 〜FIFA WorldCup私感〜

<<   作成日時 : 2006/06/23 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

画像

〜「終」それから「始」〜
『お疲れ様』そして『ありがとう』、日本代表、ジーコ様。
ヒデの「まだ、まだ・・・」、俊輔の「一枚も二枚も上」。その辺の感想が私には符合する。でも、プレイをして身体で思い知った選手達の「悔しさ」は、量れない。妹は終了直後に電話口で「悔しい」と言ったけれど、私は、そう思わなかった。
ブラジルとの「差」は明らかだった。だから、前回Wcupから続いていたブラジルの無失点記録を破ったのが、日本の玉田であったことを素直に喜びたい。
ただ、決勝トーナメント進出に縛られ過ぎて、ロナウドに振り出しに戻された以降を、世界トップと対戦できる時間を落胆の色ばかりで塗りかためてしまった様子だったのが残念だった。
結局、調子が悪くても、キーマンとなる選手達を交代できないような・・ある意味、「運」を味方に付けなければならないチームレベルなのだ。(少なくとも、世界では・・・)その辺を気持ち的に割り切れたら、もう少し違った展開もあったのかな?なんて。(甘)
インタビューで言葉に詰まり苦渋を滲ませた俊輔は印象に残ったが、ピッチから立ち上げることができずにいたはずの・・ヒデの、いつも通り坦々とした受け答えと、何か少し迷うような表情は、さらに心を打った。
とにかく、正真正銘のトップチームと対戦できたことで、きっと、日本の何かが変わったと、信じている。
また4年後に向けて走り出すために、笛は鳴らされたのだ。


でもね、今大会、私が心から願い求め続けたのは、
貴方の左足からゆるやかな軌跡を描き、
ゴールネットに吸い込まれるボールだったよ。
ホント、それだけでもよかったくらいなんだよ > 俊輔



*- 2006.6.21筆「前日」 -*

 雨模様もあるさそりゃ それ以上に晴れた空の下で
 解き放つパワー
 心込めた言霊いつの日か必ず追いつき追い越し重なる
 すべては一つに己信じかけろこのチャンスに
 生まれて未だに I don't know me
 まだわからないことばかり
 自分自身隠し持つエナジー
 気づいた時に乗り越える壁 fly away fly away

〜 "Off The Edge feat,WISE" by Def Tech から 〜

祈りを込めて…
「ともに乗り越えましょう!」


*- 2006.6.19筆「June 18th」 -*

残念?悔しい?・・いや、「実感した」気がする。
色々な面をひっくるめて、それが、今の日本の実力なのだと思った。試合が終わってドッと疲れたのは事実だけれど、(確かに勝点は手の届く範囲にあったかも?とは思うけれど、)ドローで終えた瞬間にTVに映った‥笑顔のサポーターの女性の心情こそ、今思うと「真」のような気がする。

週末に色々チェックした激闘、死闘とも言える試合達は、それぞれ、控えるクロアチア戦を私の中にダブらせて、その凄まじさに感動しながらも、同時に、切なさが拭い切れなかった。
そう、貧しくともボール一つでプレイが出来るという理由から、世界的に広がりを持つ「サッカー」という競技の、「世界杯」なのだ。実際に、内戦の合間を縫って参加している選手達も居るような、戦いの場なのだ。
日の浅い、ハングリー精神を保つことが困難な日本が、ランキング上の順位で勝ち上がれるなんて、考えてはいけない。

あるいは、明け方のフランスと韓国の試合。
私が最近見た中では、フランスの出来はかなり良かった。それでも、一瞬の隙を衝かれた。たまらず点を取り返しに行ったジダンは、不用意とも言えるファウルで2枚目のイエローカード。もしもの事があれば、それはジダンの、国際試合での最後の姿となってしまう。(そうならないように、踏ん張って欲しい!>バルテス、そして、アンリ)

そして、もちろん。
日本代表、どうか、それぞれが悔いを残さないブラジルとの試合を、全身全霊で味わって欲しい!
願わくば、それが、決勝トーナメントへの道を照らす奇跡の光となるように…


*- 2006.6.16筆「メッシ」 -*

アルゼンチンのリオネル・メッシ、凄過ぎ!
さすが、マラドーナの後継者と言われるだけのことはありました。後半15分ほどで、ワールドカップで、初アシストの後、初ゴーール!
マラドーナも見守る中、'87.6.24生まれという若さを感じさせぬ落ち着きで、素晴らしいコース取りでゴールに直走るかのようなボール。(感嘆)
あぁ、良いもの見ました。ワールドカップ、バンザ〜イ!


*- 2006.6.15筆「toto」 -*

大きな声では言えませんが…仲間内toto

サッカー好き仲間を中心に、お手軽に参加できる¥でW-cupトトカルチョの運びとなりました。
ご存知でしたか?イタリア語で、

toto: 払い戻し所
calcio: サッカー

なので、本来トトカルチョはイタリアのサッカーくじを指すのだそうです。

上位に入りそうなチーム3つを選択&1位からベスト16までポイント付けした総合点を母数に勝負。

投票率ランキングは↓でstartです。

1.ブラジル
2.イタリア
3.アルゼンチン/イングランド
4.オランダ/ポルトガル
5.韓国/クロアチア/チェコ/ドイツ/フランス/メキシコ

(同順位はアイウエオ順に表記)


*- 2006.6.13筆「二兎を追うものは一兎をも得ず」 -*

宮本は「今日の負けは誰もが想像していなかった」と言った。
私としては、「負け」ではなく、「負け方」(2点差を付けられての負け)に予想以上にショックが大きい。せめて1点差で収まれば、可能性に掛ける気力を、奮い起こすことも出来るかもしれないけれど…今はまだ。
とにかく、昨夜のサプライズは、日本の交代劇だった。ベンチには何がどう映っていたのだろうか?
最後に、川口には感謝したい。アジア杯並みの好セーヴの連続だったと思う。

しばらく‥他国の試合の観戦に心を逃がしたい。


*- 2006.6.11筆「伝統国の第一戦」 -*

ドイツVSコスタリカ戦をビデオチェックして、感嘆のため息の後、イングランドVSパラグアイを見るのは、かなり忍耐が必要でした。開始早々、あまりにベッカムが鮮やかに決めてくれたので、尚更。
ただ、いずれにしてもライン際のプレイなど、きちんと対応しようとする姿勢に学ぶところがあった気がしました。
イングランドはブラジル、フランス、ポルトガルに次いで、私のチェックチーム(みんなミーハー…笑)なので、今後の試合に期待を託します。

そして、明日はいよいよ、オーストラリアVS日本戦。
TV各局がそれぞれ分析に余念がないようですが、個人的にも、「実力がよくわからない」&「名将ヒディング」というところで、一番警戒している対戦カードです。しっかり応援したいと思います。


*- 2006.6.10筆「開幕」 -*

さぁて、開幕しましたね!
初戦に開催国が登場というのは盛り上がるだろうなぁと、ビデオはセットしたものの、まだ開会式しか見てません。
今夜は注目するパラグアイが伝統国イングランドにどう挑むのか楽しみです。ルーニーはじめ、ジェラードの出場も危ぶまれているイングランドは決して楽な試合運びはできないでしょう。

開会式はシンプルだけれど、調和が取れ、控え目ながら美しいものを感じました。かなり「音」を重視した構成でもありました。
過去優勝国の立役者達が行進するというのも、私のような者には、短時間でワールドカップを伝えてくれる良いアイディア。また、良くご存知の視聴者へは、貴重なプレゼントだったと思います。

ところで、公式ホームページでは、ベストヤングプレーヤーを選ぼう!なんて企画をやってますね。残念ながら日本からのノミネートはないのですが、韓国からは3人も!
今日は、パラグアイから、ホセ・モンティエル、イングランドからテオ、アーロン・レノン、(もちろん)ルーニーも入ってます。この辺を頭に入れて観戦するのもいいかもしれません。


*- 2006.6.3筆「ドイツとのフレンドリー・マッチ?」 -*

5.31、親善試合とは思えない‥負傷欠場の噂があったバラックを擁し、緊張した面持ちのドイツのイレブンはラフプレーの連続だった。おかげで加地や俊輔が犠牲になり、本当にヒヤリとさせられた。(まぁ、現時点で、加地も豪戦は行けそうということで、一安心)
2002年の立役者クローゼは健在だったが、ホームで日本とドローで終わった試合に、ドイツ国民はブーイング。逆に、日本は他国に警戒される存在として浮上。これが、プレッシャーとして、良い風に作用すればいいけれど…身長差のあるチームに引いてプレーされるような、最も日本が苦手とするスタイルに持ち込まれたら、やっかいだ。

ともかく、明日は、W-cup前、最終のマルタ戦。(心配だが、)柳沢の故障もあり、玉田、大黒の先発が予想されているが、セットプレーから、あるいはドリブル突破から、ぜひ、鮮やかなGOALを見せて欲しい。


*- 2006.5.30筆「早起き」 -*

さぁて、こちらも早起きの訓練をスタート!(笑)
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さらに続く激戦 〜FIFA WorldCup私感〜
早朝の日本VSブラジル観戦の為、ビデオ録画に留めた、チェコVSイタリア戦を本日見ました。 凄かったな。そして、終わった後「爽やか」だったネドヴェドに拍手! この試合、チェコの姿が日本に重なってしまって、思わず涙してしまった私でした。(< やっぱり、辛い気持ちが奥に潜んでいたようで…) 相手チームの面々と次々、挨拶を交わしていたネドヴェドからは、色々なものに対する「感謝」の念が伝わって来るようで、心が洗われました。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/06/24 16:10
World Cup 2006 日本vsブラジル
見とかないと、ということで昨夜は22時過ぎに寝て3時半過ぎ起床。終了時間頃にいつも起きるのでちょうどいい。決勝Tに入ったらこの時間帯の観戦はこのパターンね。 ...続きを見る
Soup Dish
2006/06/26 11:28
Hide's Message
7/15(土)テレ朝でO.A予定の「中田英寿 引退特別番組」から、ヒデのインタビューの一部(4分弱)が先行して聴けます。柔らかく微笑んでいるのが、とても印象的です。 →こちらから ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/07/10 21:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、Cacaoさん。
幸宏ファンの『表参道の小さな広告屋』川島です。

いまは6/10(土)午前1:30。
いよいよワールドカップ、はじまりましたねー。
私のブログ(サッカー ネタの回)へのコメント、
どうもありがとうございます。

Cacaoさんは(月)のオーストラリア戦、
どこでテレビ観戦なさいますか?
私は、自宅でゆっくり(気持ちはドキドキ!)見たいので、
開始時間ぎりぎりにならないよう、
6時前には退社します。必ずしますとも!

私の予想は、高原か中田の得点に続き、
予想外の三都主、福西、(途中出場の)遠藤の
いずれかのミドルシュートが決まると踏んでいます。

予選突破は激戦でしょうが、
お互い、“喜びのコメント交換”を願って。
ではまた。
川島 孝之(kawashima2005)
URL
2006/06/10 01:31
川島さん、ど〜もです。
観戦は、同じく自宅で〜す。でも、わーわー騒いでいるかもしれません(笑)

>開始時間ぎりぎりにならないよう、
6時前には退社します。必ずしますとも!

そうそう。先週も、遅くなりそうな会議のセッティングを「月曜、日本戦ですよ〜、○○さん」と言って、ちゃんと昨日に変えてしまった私です。(^^ゞ
もともと周囲にサッカーファンが多くて助かります。

予想ですか(難し〜)
私は中澤か大黒のヘディングにしておきますかね。とにかく、2点は欲しいなぁ。

>お互い、“喜びのコメント交換”を願って

ですね!
 
Cacao
2006/06/10 16:31
こんばんわ〜
ちょっぴり寝不足、仕事にストレス
でもちゃっかりテレビ観戦なおさむらいです♪
イングランド戦、いよいよですね!
ルーニーはフェイクな怪我だったのか??
とも思ったりです。ちなみ僕は日本以外はオランダとポルトガル、アフリカ勢に注目してたりります。アフリカ勢、ナイジェリアもカメルーンもいませんから。
と書いてるうちにベッカムが☆うむ♪
おさむらい
URL
2006/06/10 22:03
こんにちは〜、おさむらいさん。
とうとう、予告していたHP開設ですね!素敵ですね〜

オランダの初戦は今日ですね。セルビア・モンテネグロが相手ということで、これも、なかなかの好カード。そして、同じく日本時間の深夜には、私も応援するポルトガル!
ロナウジーニョに次いで応援する、もう一人のロナウド。そしてフィーゴの活躍が楽しみです。
 
Cacao
2006/06/11 14:32
Cacaoさんのクロアチア戦の感想、
私も、同感です!

毎回同じミス、反省の言葉、
「出し切る」ことができないもどかしさ。
これが、日本サッカーの
(そして日本人全体の)現実的なレベル
なのでしょう。
でも、「突破」していきたいです。

※昨夜コメント記入に失敗。
なんかうろうろしてしまいました。
不審な連続クリックが残っていたら
お許しを。
川島 孝之(kawashima2005)
URL
2006/06/20 11:04
川島さん、ど〜もです。

>毎回同じミス、反省の言葉、
「出し切る」ことができないもどかしさ。

まぁ、人間なので当然なんですけどねぇ。(現時点のブラジルだって)
ただ、周囲も当事者達も「(ベスト16)行ける!」って、結構確信を持っているのが…
今大会見ていると、本当に前回は全体レベルが低かったなと思いますから、それをそのまま比べて、前回より上に行けるって安穏に考えてしまうのは、まずかったと、やはり、ここに来て考えさせられました。

>でも、「突破」していきたいです。

はい、そう思います!
 
Cacao
2006/06/20 23:19
ロナウジーニョもロビーニョも厳しいプレッシャ−の中で
ニコニコ楽しんでるんですもんね。
ジャパンの面々は(ジ−コも含め)皆、キビシ〜〜〜つう表情だったもんな。差が有り過ぎマス。ホント。
太亮
URL
2006/06/23 21:46
太亮さん。こちらまで来ていただいて…ありがとうございます。いつも、(私とは違って)きちんとしたサッカー記事、興味深く拝見してます。

>ニコニコ楽しんでるんですもんね。
ですね。ただ、日本も前半は、彼らの顔を多少、困惑気味な表情にさせたと思うのですよね〜

悲痛な面持ちの日本代表は本日帰国するのだと思いますが、とにかく、今回の経験を、(選手だけでなく)日本全体が、上手く"DNA"の中に取り込めれば…絶対に将来は明るくなるはずだと確信しています。
(独言)もっと、カズやゴンを助っ人として有効に活用するって手はないのかなぁ。
 
Cacao
2006/06/24 15:35
それは今や無理ですね。ムーダー(ムードメイカー)として
コーチとして使うなら、テンションを上げる事には役立つと思いますが、サッカ−やってる奴って、体育系でもその手の事は冷めちゃう奴の方が多いです。ブラジルのすごさは皆がそれぞれ自由なのに、結局、皆が志向しているプレーが同じだと言う事です。そこまで行くにはもう少し時間がかかりそうですね。

太亮
2006/06/24 21:47
太亮さん、再び、ど〜も。

>それは今や無理ですね。

とりあえず、選手としてという意味ではないです(^^ゞ。精神的なサポート隊が必要に思えるのです。
今回のWcupを見ていて思う一つに「世代交代のうまく行ってるチームが強い」ような気がしています。そういう意味では、応援はしているものの、ブラジルには微妙な感触を持ってます。
 
Cacao
2006/06/25 14:06
こんにちわ。
こちらもTBさせていただきました〜
spoonful
URL
2006/06/26 11:32
spoonfulさん、ど〜もです。
この時期はF1一筋なのかな〜と思ってました。
 
Cacao
2006/06/27 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Go For Win,Zico-Japan 〜FIFA WorldCup私感〜 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる