私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 高橋幸宏 【ONCE A FOOL〜遥かなる想い〜】

<<   作成日時 : 2006/05/04 10:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 9

画像幾つもの旅をした一人 誰にも知られず
君と出逢った日から ずっと 胸のコンパス指差す
二人の国捜して とびだした僕

その言葉より 確かなドラマが
この旅の向こうで 僕を待っている
その瞬間が 鮮やかにひろがる
私には見えない 素晴らしい幻想

今も彷徨っている一人 君を見失った
悲しい幻想だけ僕を 冷やかに笑っている
砂に埋もれそうな愛 この手で砕く

悲しみ二つ すれ違う時に
あの幻想の影 僕をつつんだ
遠のいてゆく もう逢えないなら
繰り返してもいい 素晴らしい幻想


〜「Providence(素晴らしき幻想)」
  作詞:高橋修 作曲:高橋幸宏 〜


* - * - *

'85年のアルバム。幸宏さんの作品の中で、私のベスト5には入るもの。知る人ぞ知る「今日の空」も収録されている。秋・冬向きの作品だとは思うけれど、どうしても"SAILOR"が聴きたくなった。そして、聴き始めると楽曲的にぴたりとハマるのは、やはり、この3曲目辺りになってしまう。
ちょっと‥いや、かなり、GWに毒されている自分を感じている(笑)。未開封のCDを横目に、棚から色々と引っ張り出している。
それにしても、やはり、このアルバムは、素晴らしい。吉田美奈子&細野晴臣の「昆虫記」なんかも含めて…

2006.7.26に、また色々紙ジャケ復刻が決まったらしい。
ちょうど、このアルバム周辺の(水を得た魚のような…)'80年中頃の作品群。新しくファンになった人達には朗報。私も、入手タイミングを過ったライヴ盤などがあるので、嬉しい!

現時点での発表では、紙ジャケ復刻は以下4点。(ほかにDVD2タイトルが予定)

・'83 「薔薇色の明日」  … 個人的ですが、"Ripple"収録
・'84 「Time And Place」 …  '83年の渋谷公会堂ライヴ
・'84 「Wild & Moody」  … もちろん、幸宏デザインのシール付けてネ
・'86 「四月の魚」    … 本人の主演映画のサントラ

* - * - *


01.遥かなる想い
02.冬のシルエット
03.Providence(素晴らしき幻想)
04.仕事を終えたぼくたちは
05.ONE MORE CHANCE
06.SAILOR
07.I SAW THE LIGHT
08.昆虫記
09.泣きたい気持ち
10.今日の空

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高橋幸宏 【BLUE MOON BLUE】
蒼き月、青ざめた月の、あるいは、長い間の…憂うつ。と、訳してもよいのかな? 少なくとも、タイトル曲"BLUE MOON BLUE"のPVから私が感じとれたのは、 自分の小さな宇宙から地球という大きな宇宙まで見通しながら、胸に去来し続ける「愛」。 ♪Wherever I may be,I want to see you again ずっと変わらない幸宏さんの言葉に、静かに涙が落ちました。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/05/04 10:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
「ONCE A FOOL〜遥かなる想い〜」のシンセサウンドはいかにもカシオの音という感じでしたね。当時斉藤由貴が幸宏のラジオ番組にゲスト出演しこのアルバムをほめると、本人は相当照れていました。

「Time And Place」だけCDを持っていないのでゲットしたいと思います。このライブの模様がNHKで放送され録画したのですが、その後どこかへ行っちゃいました。

ドラム小僧
2006/05/04 19:47
拝見して思わず「Wild & Moody」のシール探しました。(笑)
この時のツアーパンフというか、ノートと一緒に付いてたポスカード、今見ると染みが、、、orz
miyavilog
2006/05/05 00:33
はじめまして。
『表参道の小さな広告屋から』というブログを書いている、
4名の小プロダクションを経営する川島と申します。

私は、ミュージシャンでは、高橋幸宏(と大貫妙子)が好きで
http://omotesando.livedoor.biz/archives/50439895.html
こちらのページを知ることとなりました。

しかも私の会社の名前が、株式会社RIPPLE(リプル)!!!
約9年前に設立し、“小さいながらも人々に影響と感動を与える、
波紋のように広がっていく会社でありたい”との気持ちで
社名をつけました。
もちろん、高橋幸宏の曲「Ripple(薔薇色の明日 収録)」も
意識しています。

どこかのタイミングで、コメントを差し上げようとしつつ、
本日「高橋幸宏 ONCE A FOOL」の記事を見て、
投稿した次第です。
久しぶりに、「ONCE A FOOL」と「薔薇色の明日」を続けて聞きました。
(「STAY CLOSE」曲もドラムいいです)

いきなり長文失礼しました。また、寄らせていただきます。
川島 孝之(kawashima2005)
URL
2006/05/07 03:07
☆ドラム小僧さんへ

そうですね〜当時の写真なんかでも、"CASIO"の上に幸宏さんのお顔が覗くって感じでした。斉藤由貴と言えば、関連で尾崎豊が浮かんできてしまいますが‥(全然関係ない…苦笑)彼女も俳優業一筋になりましたね。

私も、"Time And Place"が手元に無いのです〜。4,5年前にCD屋で探したりしたんですが…だから、本当に嬉しいです。


☆miyavilogさんへ

私、このシール、どこかに貼ってしまったんです(笑)確か、ワニみたいなキャラがいましたよね?ビートニクスのおまけのポストカードも使ってしまったし…昔は、とっておこうなんて意識は全く無かったようで。いいですねぇ、ツアーパンフ。時期的にお金も「ライヴ行こう」って気持ちもなくて、生の幸宏さんを見たこと無いという、カナシイ人生です。

Cacao
2006/05/07 22:18
 
☆川島孝之さんへ

はじめまして。ご丁寧に、ありがとうございます。川島さんこそが、本家"RIPPLE"さんなんですね。

>久しぶりに、「ONCE A FOOL」と「薔薇色の明日」を続けて聞きました。
私も本当に久々に聴きました。何でしょう‥幸宏さんを聴くと「和み」過ぎてしまうんですよね。未来の厳しさより過去の感傷に逃避したくなってしまうのです。だから、なかなか手が出せません…笑。

ブログ、(ちょっぴりですが)拝見させていただきました。奥様も本を書いたり、「グッドデザイン賞」の審査員をされる(<すっご〜い!)ほど、デザイン関係に秀でた方なんですね。こんなブログ、恥ずかし〜。

20歳代前半で高橋幸宏を知ってる割合は少ないですよね。今回、幸宏さんのソロアルバムが7年振りって事実からして。また、幸宏ブランド「ブリックス・モノ」が閉店したのも大昔の話ですし…(ただ、武蔵野美大の後輩さんには知ってて欲しいですが…)

冨田ラボの「プラシーボ・セシボン」も良かったですよね〜。最近、幸宏さんが目立つ活動をしてくれて、ファンも盛り上がり、とても嬉しいです!
 
Cacao
2006/05/07 22:20
遅ればせながら・・・
先日は再発情報を、ありがとうございました。
このアルバムは、自分で買ったのと、彼女(現奥さん)にプレゼントでもらったのと2枚持っています。
一言だけ・・・「最高」です!このアルバム!!(^^)
shuuma
URL
2006/05/13 09:14
いえ、こちらこそ、遅ればせながら・・・
(記事書いた時そちらへ伺ったのですが、ど〜もshuumaさんのとこへはTBうまくいかないみたいです)

このジャケ写、かっこいいので大好きです〜
ちょっと写真をコピらせてもらおうとして検索したら、再版の紙ジャケより曲数少なかったりして…(微妙)ジャケ写もレコード会社のロゴが無くなったりしていて、時間の流れを感じてしまいます。

大体、このCDの記事書くのに触れているのが、なんでこの楽曲なのか?というのも、自分ごとながら不本意(笑)これより好きなのは、他に何曲も入ってますからねぇ。
でも、これが巡り逢わせというか…
 
Cacao
2006/05/14 22:01
こんにちは
なんだかTB機能に不具合があるようです。
すみません。
ライブドアは、たまに不安定になりますので、
ご理解とお付き合いをヨロシクい願いします。
ではでは(^▽^)V
shuuma
2006/05/15 16:19
わざわざ、どうも、shuumaさん。
『前はできたよなぁ』と思うと気になっちゃって(苦笑)
もちろん、今後とも(こちらこそ)ヨロシク〜です。
 
Cacao
2006/05/15 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高橋幸宏 【ONCE A FOOL〜遥かなる想い〜】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる