私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS for Moons Live 〜ここ2日〜

<<   作成日時 : 2006/10/01 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「美しい国」というキャッチフレーズが、わからない。綿貫さんは「今まで美しくなかったということか?」と阿部さんを皮肉ったが、その言葉にも『今まで美しかったの?』と問いたい。
私の基準で言えば、美しいというのは結構レベルが高いところにある形容詞であって…その前に、今の日本には、もっと何か目標に定めるべき身近な表現があるはずではないのか?と、この休み中は考えさせられることが少なからずあった。


私は通勤に車を利用する関係で、車の存在をものともせず、車道を確認することなく斜め横断をする若者達に危機感を感じて来た。『彼らは死にたいのか?』と本気で思うこともある。
もちろん、無理矢理狭いところに入ってきた挙句、今度は、こちらが動くのを待っているような対向車のドライバーに対しても、だ。
どちらも、まず、「想像力」に欠けている。

土曜日は東京で歩行者となっていたのだけれど、実に(よくよく考えれば)、タクシーにはねられるところだった。
横断歩道を渡ろうとした時のこと。左折をしようとした一台のタクシーが右横から来たのを見て、(普段ドライバーである身から)私は様子を見ながら車道に踏み出した。案の定、私は死角に入っていたらしく、少し横断歩道に頭をかけて車は停止した。それを見て歩き出した私の前を、今度は猛烈な勢いで、その後方から来たタクシーが(止まったタクシーに)追い越しをかけてきた。たぶん2台目の通り過ぎた軌跡は私との間に2mを残さなかった。
その時は呆気に取られただけだったけれど、もしかして数秒で運命は変わっていたのかもしれないと、後から思った。

みんな、「忙しさ」に守るべきものを見失っているのではないだろうか?


「格差」という言葉も最近流行っている。期が満ちたということかもしれない。しかし、各TV局の世論調査などで明らかなように、結構、日本国民は格差を容認する方向にあるらしいのだ。たぶん、「働かない」あるいは「定職に就かない」と言われる人達をイメージしたりして「働かざる者食うべからず」的な発想なのではないかと思う。
しかし、今、私が最終学歴の学校を卒業して、(一般に認められる)ちゃんと就職できる人になれるかどうかは自信がない。(『みんな、あるのかなぁ?』)

そして、これは田舎と都会とか、貧乏人と金持ちとかに留まらない。今回思ったのは、若者と年寄りの暮らし易さの格差である。
新しく開ける場所は、あからさまに若い人向けに造られているようだ。企業側には機能的で無駄はないけれど、そこに優しさが感じられない。もちろん、弱者に対する一定の水準とか、表面的な機能は謳っているに違いない。
格差というよりは、「差別化」が進んでいるようにも思える。

画像

写真は、今朝、「食後にどうぞ」といただいた「ほおずき」(2cm弱)。
このホテルのバイキングでは、店長自ら、焼きたてのクロワッサンや、このほおずきなどを、お客のテーブルを一つ一つ回りながら配ってくれたのだ。
私がいつも安いビジネスばかり利用しているせいもあって、今回泊まった(少しだけリッチな)ホテルの割高の朝食のバイキングは、とても豪勢に感じられた。飲み物としての「水」や「ジュース」が、それぞれ5種類以上。食後のフルーツも10種類は下回らなかった。

少食なのに、少しおかずもパンも取り過ぎたらしい私は、(さらに)店長から受け取ってしまったパンを必死でほお張っていた。『不衛生な水で一日に4500人もの子供達が命を落としているのに…(絶対に残せない)と』


冒頭に書いた「美しいでなければ何?」に上手い言葉は見付からないのだけれど、まずは「節度」のようなものを、日本人全体で取り戻すのが先なのではないだろうか?


少し余談になるけれど、帰路、田中真紀子さんが前に居た(笑)。(新幹線の出口で一緒になったのだ)方向からして、グリーン車ではなかったらしい。
もちろん、時計なんかは(私はブランドに弱いのだが)品の良いものをされていたけれど、彼女の持っていたバッグは(ピカピカではなくて)持ち歩き、大切に使っている様子が見てとれた。別に彼女に対して特別なものはないけれど、かけ離れてはいないように見えることに、私は安堵感を持った。人なんて、そういうものじゃないのかなぁ。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
世の中便利になったけれども、
最後は人ですよね。
terumin
2006/10/01 23:08
teruminさん、ど〜も!
そうですね。
日本人って「隣の芝生は青く見え」て、劣等感が強めなのかも…
周囲ばかり気にかけて、日本の良いものは、特別な環境の中にしか残せない。
…う〜ん、ちょっと的外れな返信かな?(苦笑)
 
Cacao
2006/10/02 21:22
ごぶさたしてます。
想像力の欠如を疑うような光景には、私も良く出くわすような気はしますよ。
若い子達ばかりでなく、いい歳したきれいな身なりのオトナの方がどちらかというと多いかも。
そういう自分も、周りから見られてる時には、同じように思われてるのかもって思ったりもしてます・・自分のことすら見えてませんよね。
美しさを語る前に、世代を超えてお互いもっとゆっくり語り合うことが大事なのかも知れませんネ。
elmar35
URL
2006/10/02 21:32
関係ないところにコメントごめんなさい。Cacaoさんに謝らなくてはなりません。コンサート当日は声をかけていただきましてありがとうございます。

僕はCacaoさんが男性だとばかり思っていました。ネットのの怖いところです。なので、当日もあなたがCacaoさんだと気が付かなかったんですよ。

joyuki一生の不覚でした。glasshouseさんと3人同じ場所にいたのに、一緒に会話ができたのに。

重ねてごめんなさい。\(__ ) ハンセィ
joyuki
URL
2006/10/03 12:07
elmar35さん、コメントどーも。

>美しさを語る前に、世代を超えてお互いもっとゆっくり語り合うことが大事なのかも知れませんネ。

(主に)世代間で「大切なこと」、「恥」の基準が違うのですよね。だから、真に相手に目線を合わせるところから始めないと、話の取っ掛かりも掴めない気がします。
そういう意味では「美しい」という(汎用的で理想的な)言葉のトリックは少々ずるいな(苦笑)と…
 
Cacao
2006/10/05 20:42
joyukiさんへ

>一生の不覚
だなんて…少々大げさです(^^ゞ

>3人同じ場所にいたのに、一緒に会話ができたのに。

そういう意味では、私が悪いのですよ…
でもね、割と席の空間が狭かったので、あそこで盛り上がるのも大人気無いかな?と思った私もいたのです。結果、お二人に気を遣わせてしまって、本当にごめんなさい、でした(こちらこそ反省です)
 
Cacao
2006/10/05 20:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
for Moons Live 〜ここ2日〜 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる