私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 【WM 幸宏さんと仲間たちの WILD & MOODY TOUR】

<<   作成日時 : 2006/12/08 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

今年の幸宏さん復刻CD&DVDの購入特典('84ツアーのフォト集)、当選しました〜!応募総数少なかったのかな?(苦笑)
とにかく、くじ運のない私としては、とっても嬉しいこと。そして、今年は私にも、こと幸宏さんに対しては、特別で、素敵な年であったと…その「証」みたいだなぁと、あらためて、しみじみと想うのでした。

画像


*** 巻末に記された幸宏さんの言葉です。 ***


今年2006年、約7年ぶりに、通算21枚目になるソロ名義のオリジナル・アルバムをリリースした。タイトルは『BLUE MOON BLUE』。自分ではその7年の間に、ビートニクスと、なによりも細野さんとの新バンド、スケッチ・ショウの活動があったので、それほど間があいているという感覚はなかったのだが、とにかく久しぶりのソロ活動ということになった。
アルバムを出したからにはコンサートも、というのはお決まりであり、数回の夏フェスなどに参加したのちに、秋のソロ・ツアー、さらに、より実験的な試みとして、ミュージアムでのコンサートといったものも数回おこなった。近年の僕にしては頑張っていて積極的ではないか、と思う。
実は1982年以来、だいたい毎年続けていたソロのツアーなのだが、今の気分はなんだかあの'82〜'85年頃の感じととてもよく似ているような気がするのだ。海外から参加してくれたアーティスト達も、スティーブのように古くからの友人もいれば、若い人達との素晴らしい出会いもあった。これは日本人勢にもいえる事であり、素晴らしいメンバー達だったと思う。
もちろん、体力的にはだいぶ違いはありますが。
本書に収められている写真は、1984年のツアーの様子を写しとったものだ。今見ると僕も含めて皆さん若い、まあ20年以上も前なのだから当たり前といえばそうなのだが……。でも、よく考えてみると――いや見てみるとかな――根本的には何も変わっていない。今まで僕は自分のやりたい音楽を、その時々にやりたいようにやってきただけなのだなあ、とつくづく思う。そしていつだってまわりには、素敵な楽しい仲間がいた。だから僕の音楽は僕の中で成立してきた。
思い返せばこのツアーにも、沢山の出来事があった。アイヴァが僕のラブ・コールに応えてレコーディングとツアーに参加してくれた時は嬉しかったし、ナイス・ガイなロドニー、静かな沢村くんの横で、ハジメ君は相変わらずはじけていたっけ。そして、もうこの時はすっかり打ち解けていたスティーブのクールな笑顔は今も変わらない。そういえば、この頃のステージ衣装は僕がデザインしてブリックス・モノという自分のブランドでつくっていたのだけれど、ハジメ君だけは自分の好みをなかば強引に通していたなあ。
毎回のコンサートもその後の打上げも、ツアー自体が楽しいと、いい思い出なのだけれど、その記録がこうしてきちんと残っていることは、とても幸せなことだと思いつつ、もうしばらく僕の旅は続く。

2006年10月、爽やかな秋晴れの日に。        高橋幸宏

***


ほとんど、どこかで、目に、耳にした言葉だなぁと思いますが…それは、YMOの写真集"SEALED"の手紙にまで遡るような…だからこそ、ますます、ありのままの幸宏さんの想いに感じられて、なんか、アタタカイ。

折りしも、ジョン・レノンの命日である今日、朝から何度も、"Happy Christmas(War is Over)"を耳にし、一緒に歌いました♪ 悪いものばかりでなく…良いものも、ずっとずっと残って…こうして私達の傍らで、見守り、勇気づけてくれるのですよね。


↓無邪気ですよねー


画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高橋幸宏 【BOYS WILL BE BOYS】
「1983夏、ユキヒロも熱かった」と帯に書かれたビデオのDVD版。見終わって‥その言葉の的確さを知った。 幸宏さんの音源だけしか知らないで来た私には、31歳の頃の幸宏さんや、彼を取り巻く慶一さん、ハジメさん達の「姿」は、ショッキングと言っていいほどに、鮮やかで情熱を持って響いてきた。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/12/09 16:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お〜。なつかしい。
この頃のソロライブは毎年行ってましたよ。新宿の厚生年金会館で、だいたいやってたと思うんだけど。
StayCloseを出したときの、2人のツインドラムは今でも脳裏に焼き付いてます
TOKIOで遊ぶ
URL
2006/12/08 23:54
羨ましいな〜(^^)オメデト!!
今年はCacaoさんにとって特別なユキヒロイヤーになったようですね。
僕も、サイン入りTシャツが当たったし(^^ゞ
ライブにいけなかったのは、残念でしたが、来年以降のライブ(あるかな?)には是非参加したいと強く思っています。
師匠のお言葉を読めて嬉しかったです。ありがとうございます!!
shuuma
URL
2006/12/09 09:41
みなさんいろいろ当たってうらやましい。まあ、僕としてはコンサートに行けて、お仲間に会えて、それで十分今年は満足でした。

でも、VHSビデオが見ることができなくなった今、DVD買っておこうかな・・・。

いくつか幸宏師匠のコンサートビデオ持っていたんですが、VHSの再生機が我が家には存在しなくなってしまったんでね。

しかし、来年の幸宏師匠の活躍が今から楽しみでしょうがないです。(^^)
joyuki
2006/12/09 15:29
こんにちは。
とても素敵なユキヒロイヤーだったようですね?
奇しくも、JLの命日の昨夜、僕はユキヒロ氏の盟友?矢野顕子さんの歌と演奏に生で触れてきました。しかも同じステージ上には、もう一台のグランドピアノと、上原ひろみ嬢という僕のmost favoriteがいて、もう悶絶の夜でした。

多分、2日以内くらいに頑張ってレビューかいてみようと思います。。。でも、明日から出張だしなぁ・・・(-_-:)
J
URL
2006/12/09 15:38
☆TOKIOで遊ぶさんへ

>この頃のソロライブは毎年行ってましたよ
>StayCloseを出したときの、2人のツインドラムは今でも脳裏に焼き付いて

あー、ずるい!(@_@。『タイムマシンで戻って見たい!』と思ってるくらいなのに…


☆shuumaさんへ

>羨ましいな〜(^^)オメデト!!

何をおっしゃいます〜。shuumaさん、いえ、shuumaさんの家族愛の力には叶いませぬよ!貴重〜直筆サインですもの!
ほんと、来年のライヴ告知(Dr.YTでね)早くないかなぁ〜


☆joyukiさんへ

>コンサートに行けて、お仲間に会えて、それで十分今年は満足でした。

そう、お互いに無事ライヴに参加できて良かったですねー。心底、感動しましたもん。(私の不手際で少しご迷惑かけましたが…)
VHS引き取りますよ〜(うそうそ)


☆Jさんへ

Jさんはひろみ嬢を愛しちゃってますもんね(^^v
坂本美雨さんによると、ご自身より母上と親子みたいに仲良くしてるみたいですよ。
レビュー書けたみたいですね!後で見に行きま〜す!
 
Cacao
2006/12/12 22:08
このころは生で見に行ってました。
よかったですね。いまでもそうですが幸宏さんは
人柄がとってもよく出ていますね。
isao
URL
2006/12/13 04:18
今と違って(^^;…この頃は自主的にライヴに行こうと考えもしなかった気がします。どうせ、幸宏さんの拠点とする東京は遠くて行けませんでしたが…

>人柄がとってもよく出ていますね。

どんなお方なのか…わかるようでわかりません(笑)
 
Cacao
2006/12/13 20:28
今更ですがコメント残します。このツアー僕は渋谷公会堂で観ました。映画『四月の魚』のプロモ・フィルム上映の後ステージが始まったのを今でも憶えてます。このツアーはNHK-FMで最後のアンコールの「四月の魚」以外全曲が放送され、今でもそのテープをたまに聴いています。早くCDにしておこうと思っているのですが、中々できないでいる感じです。TVでも6曲だけ放映されましたね。あのヴィデオどこにあるんだろう。
TY
URL
2007/05/26 01:26
TYさんへ

>今更ですがコメント残します

ありがとうございます!

>このツアー僕は渋谷公会堂で観ました。

あぁ、いいなぁ。今から思うに「夢」のようなツアーですよね。

>映画『四月の魚』のプロモ・フィルム上映の後ステージが始まったのを今でも憶えてます。

そうなんですかぁ。映画は劇場で見ることができましたが…(役は??だけどホント幸宏さん素敵だった)仲直りのシーンは幸宏さんしか出せない雰囲気でした。

>NHK-FMで最後のアンコールの「四月の魚」以外全曲が放送され

そうでしたか…全然知りませんでした。

>早くCDにしておこうと思っているのですが、中々できないでいる感じです。

そうなんです。私もそれ用に奮発したMDプレーヤー買ったのに…苦笑(TAPE→MDまでしたのに、あっという間にMDが消えてしまったので)

>TVでも6曲だけ放映されましたね。あのヴィデオどこにあるんだろう。

これもYouTube見るまで知りませんでした。
うわっ、いいですねー。見つけたらお借りしたいです〜(笑)
 
Cacao
2007/05/27 14:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【WM 幸宏さんと仲間たちの WILD & MOODY TOUR】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる