私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS ここのところの聴きかじり

<<   作成日時 : 2007/01/27 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

画像YMO【BGM】/YMO【NAUGHTY BOYS〜浮気なぼくら】/アバト&ベルリン・フィル【展覧会の絵ほか】/大萩康司【Cielo】/大萩康司【La HABANA】/Norah Jones【not too late】
ここ10日ほど、いつも以上に定まりなく聴きかじっております。ちらっと感想。



◇YMO【BGM】

"ballet","Cue","Mass"と、大好きな楽曲が多いわけですが、歯ブラシを洗うパステル調の爽やかなジャケットとは逆に、結構、心にズンと来る音楽が揃ってるわけで…集中して何度も回すことはできませんでした。

◇YMO【NAUGHTY BOYS〜浮気なぼくら】

こちらに入っている楽曲は、私にとって、YMOという固まりで意識せざるをえなくなった散開ライヴの時に、終えようとする一つの時代の象徴が、後に残そうとした「最後の使命」のような…大衆に対するソフトなメッセージを含んだものが集まっている気がしてます。
すべてが、favorite songです!特に「邂逅」「希望の河」には「君に、胸キュン」(笑)

◇クラウディオ・アバト&ベルリン・フィル
 【ムソルグスキー「展覧会の絵」「はげ山の一夜」ほか】


アバトがベルリン・フィルの首席指揮者になって数年後、1993の録音。久々に取り出しました。
きっかけは、「無人島レコード2」をめくっていたら、大槻ケンヂがこのCDを選んでいたから…(この本では圧倒的にビートルズを取り上げた人が多くて、『さすがだな』と感服しました)
ちょうど、アバト氏がベルリン・フィルとムソルグスキーを演奏(練習)している風景をTVで見かけた気がするのですが、正直、アバト氏の指揮とムソルグスキーの楽曲との相性は抜群だと思います。
あらためて聴いて、「展覧会の絵」のラストがこんなに感動的であったのかと、びっくりしてしまいました(涙モノの盛りあがり)
個人的には「はげ山の一夜」も好きですし、他にも、美しい合唱曲などが入ってます。

◇大萩康司【Cielo】/【La HABANA】

ちょっと人に紹介しようと思って、今までの彼のCDを振り返って聴いてみたのですが、あらためて"Cielo"の「そのあくる日」なんて最高だなぁとしみじみしてしまいました。さすがに「音の詩人、響きの画家」
この楽曲も含め、最高のパートナーとも言える作曲家ゲーラ氏の「庭園にて」「日没」や、他にも「デ・ラ・ルンバ・ソン」など、素晴らしい演奏が聴ける"La HABANA"も、やっぱり良い。
来月中旬には新アルバム"Brazil"が発売予定です。ジャケ写は"Cielo"みたいな感じのようです。楽しみ。

◇Norah Jones【not too late】

1/24発売の新譜で、実は、まだサラッと聴いた程度。ノラ・ジョーンズが好きってわけでもないのですが(苦笑)、才能に惹かれるのか…結局、これで1stから、この3rdまで購入してしまいました。たぶん、2ndが一番好きというのは、変わらないかなぁ〜なんて思っています。


以上、こんな駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アバト指揮 ルツェルン音楽祭管弦楽団
21日NHKで放送された、2005年8月のクラウディオ・アバド指揮によるルツェルン音楽祭管弦楽団の演奏をビデオで見ました。 尊敬するアバト氏はずいぶんとお痩せになった感じで、最初は少し戸惑い、心配しましたが、ブルックナー交響曲 第7番ホ長調の素晴らしい演奏には「感涙」。ブラボー! 演奏が進むに連れ、アバト氏の表情が柔軟に、そして体中から若々しい血の巡りが戻って来るような指揮の様子は、音楽を愛する「想い」の強さと共に、楽団員との間の「絆」「和」を感じさせるものでした。10月の来日公演を観... ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/01/27 17:32
大萩康司 Classical Live 2005
11ヶ月振り、私にとって3回目に聴く彼の生演奏。'02.12には「彼しか出せない深い哀愁をたたえ慈愛の感じられる、本当に美しい演奏」と書いた。そして、'04.12には「彼に抱えられ、一本のギターは小さなオーケストラになった。ハープやピアノも鳴り、風や光を招き入れた。例えるなら、これは魔法だ」と。そして、今回は、『頼もしくなったなぁ』と思った。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/01/27 17:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あー、野良ジョーンズ(どんな変換だ?)の新譜まだ、getしてません!

楽しみ。
J
2007/01/27 18:04
「そのあくる日」僕も好きです!
ありそうで無かった曲ですよね。
terumin
2007/01/27 22:59
このなかだとYMO関係しかわかりませんが、BGMは相変わらず一番好きなアルバムです。やはり、幸宏師匠色が濃いからですかね。そうそう、最近気が付いたんですけど、「浮気な僕ら」での楽曲は比較的軽快で明るいものが多いのですが、細野さんの曲だけはBGMを引きずったままなんだなぁと。
joyuki
2007/01/29 18:48
☆Jさんへ

最近、「変換大賞」狙ってるの?(笑)
ノラの新譜の感想、書かれるのを待ってます〜
きっと、Jさんは好きだと思います。

☆teruminさんへ

わっ、「そのあくる日」聴かれてましたか?
「島へ」の武満徹さんのカバーもチェック済みですか?
短いながら「翼」がとっても好きです!

☆joyukiさんへ

こんなさっぱりしたYMO記事にコメントありがとうございます〜

>BGMは相変わらず一番好きなアルバムです。

そうでしたか…そうですよね、幸宏カラー全開ですもんね。
あの音色にやられると、抜けられませんねぇ。
 
Cacao
2007/01/30 08:12
キリンラガーのCMにあの3人が登場です!
http://www.kirin.co.jp/brands/RL/index.html

サイン入りドラムヘッドプレゼントとかもやってます

●「RYDEEN 79/07」公式サイト
http://rydeen79-07.com
イエロー・マジック・オーケストラ「RYDEEN 79/07」の
配信先一 覧が見れます(2/1〜)

RYDEENを新たに取り直したそうです
TOKIOで遊ぶ
URL
2007/02/01 00:42
お久しゅうございます。
ノラ・ジョーンズ、お歳を召されるにつれ、なんだか親父に似てきたなぁ・・・と、思っておりましたが、新譜がリリース目にする機会が多い今日この頃、ますますその感が強まったのであります。
・・・どうでもいいですね。w
miyavilog
2007/02/01 01:55
☆TOKIOで遊ぶさんへ

ど〜も、とうとう解禁ですね!
私もKIRINのサイトでCMは見たものの、TVではまだ…と書こうとしたら、今、見れました〜(^^v
違う会社の生ビールが好きとどこかで言っておきながら(汗)プレゼントには応募しちゃいましたし…笑)

さっそく"RYDEEN 79/07"を聴きながら、書いてますが、おもしろいですね〜
ベースの音色は幸宏さんや細野さんのエレクトロニカ色が強いかなと思いますが、そこに教授の金粉が振りかけられて華やかになったような…ストリングの音が入って、グルーヴ感が出ているのが新鮮で心に効きます!
これとオリジナルを両A面にしてマキシシングルにしてほしい。
 
Cacao
2007/02/03 14:31
 
☆miyavilogさんへ

こちらこそ、ご無沙汰しておりまして…
今でもニティン・ソーニーの"Beyond Skin"は、私のアルバムベスト○の一角に留まっております。
ノラ・ジョーンズのお父様は有名なシタール奏者、ラヴィ・シャンカルさんでしたか…(無知)ジョージ・ハリスンの師でもあり、ジャン=ピエール・ランパルなんかとも共演されてるんですねぇ。
そうですか、似ていらっしゃるんですね…それで、あの発声かと考えると納得です。
 
Cacao
2007/02/03 14:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ここのところの聴きかじり 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる