私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Yellow Magic Orchestra 【RYDEEN 79/07】

<<   作成日時 : 2007/02/07 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 14

今さらなので、この話題に触れずに通り過ぎようかどうか、迷っていました。
聴き過ぎたし(苦笑)、第一印象は、他の方々のサイトで語り尽くして(?)しまいました。
昨年5月からのCM出演のオファーと2ケ月間のコンセプト固め、10月からはメンバーによる創作活動の開始の後11月頭にスタジオ入りし、CM撮影開始前日に楽曲の完成
そして、2/3からのお披露目、ですか…御三方、お忙しかったでしょうねぇ。
特に幸宏さんはミカバンド復活との掛け持ち。まだ3月のライヴも控えているので、どうかお体には十分に留意されて下さい。

画像


"RYDEEN 79/07"に対する私の感想は一言で2点。
ストリングスが醸し出すグルーヴ感。そして、ビートを控えめにしたことにより旋律の持っている味わいが増したことです。
原曲が疾走感と華やかさから哀愁を生み出すのに対し、"79/07"は、全体にゆるやかで、落ち着いた、自然のわびさびを感じさせます。
例のプチプチ音から始まるエレクトロニカ調なので、幸宏さんがベースを作ったというのは予想通りですが、ストリングスを絡ませたのが細野さんというのは意外でした。(てっきり教授仕事かと)

しかし、私には、楽曲の最後の方で、まとまりきらない何かを見る気もするのです。それは、原曲の記憶を偲ぶようであり、これから向う先を模索するようにも思えます。
変わらることのない…終わらない、彼らの創作活動に対する想い(アガキ)みたいなものが…と、まぁ勝手な想像。

この機会に原曲も何度も聴いたのですが、実は、どんどんソチラに気持ちが傾いていってしまったというのが正直なところです。『やっぱり、いいわぁ』と(苦笑)

結局ね、この楽しそうな笑顔を見れたことが、実は私には一番うれしかったです。
最後に、こんなプレゼントをくれたKIRINさんに感謝!
両親にKIRIN beer、プレゼントしま〜す。(私、飲む時は日本酒党なんで…笑)

画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高橋幸宏 〜 私の音楽の源
  【ぼくはね カッコイイということを基準にした 物事のとらえ方に興味がある】… 幸宏さんのインタビュー(たぶん'80年代半ば)から とても、幸宏さんらしい言葉に感じて、折に触れて思い出す。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/02/07 23:46
RYDEEN 97/07
ついにというか、やっとというか、2月3日 0時解禁で イエロー・マジック・オーケストラ - RYDEEN 79/07のネット配信が開始されました! ...続きを見る
TOKIOで遊ぶ
2007/02/07 23:57
[H]RYDEENがランキングトップ
RYDEEN79-07.COM イエロー・マジック・オーケストラ【活動期間:1978年〜1983年、1993年】 細野晴臣の呼びかけに坂本龍一、高橋幸宏が応じて78年に結成されたテクノポップのオリジネーターと... ...続きを見る
Hyson Tearoom
2007/02/08 20:17
公約(?)達成!
【RYDEEN 79/07】の記事で「両親にKIRIN beer、プレゼントしま〜す。」と偉そうなこと書いたんですが、現代篇YMOのラガーは早々に見つけたものの、この江戸篇YMOのクラシックラガーが探せなくて…店に入っては違うお酒を買って出てくる繰り返しで(苦笑)…ほとんどYMO缶購入はアキラメていました。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/04/08 14:43
細野晴臣トリビュートアルバム
ベタなタイトルのアルバムだけれど、ピッタリと来る内容。 購入を迷った方は「買い」です!ほのぼのと野外で寛ぐような心地よさが味わえます。 細野さんの初出し音源を最初と最後に入れて包み、まとめた感じですが、それが無くとも、ベテランからインディーズまでの音楽人達をこれだけ集めて、それぞれに選曲&デコレートさせて、ここまで統一感が出てくるのは、細野さんが細野さんで在ること、各人の内面に彼の音楽が刻まれていることの証明だと思いました。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/05/05 14:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いいよね。。軽い感じがとくにいい。
元々この曲はほとんど鼻歌から黒澤明さんのイメージから、、
3人が楽しんだ曲。
そんな遊び心が現代に甦ったかんじですよね。
isa
URL
2007/02/08 03:06
当時は遊び心満載でやっていたようですが、今回もやっぱりそうだったんでしょうかね?インタビュー記事など見てみたいものです。僕も正直言えばオリジナルの方が数倍良いです。

いずれにしても3人がそろっている姿はファンにとってはうれしいものです。僕も日本酒すきなんですが、飲み過ぎるため、家ではビールと強いアルコールです。

では、キリンビールで乾杯!
joyuki
2007/02/08 08:34
3人が並んでる姿の美しいこと!(笑)
そして、なによりも笑顔が素敵です。
若い人たちにYMOという偉大なバンドがあったことを知って(再認識して)もらえるイイ機会になってくれればな〜っと思います。
3月のミカバンドのライブでは、代役立てずにドラムを叩くと宣言されてますが、ホントに大丈夫かな?(笑)師匠!
shuuma
URL
2007/02/08 09:33
冷めた音だと思いました。
突き放しているやうな、音。
と、同時に
何時の時代なのか
ワカラナくなるよーな音でもあるかなぁ〜、と。
terumin
2007/02/08 23:22
私のブログへのコメント、ありがとうございます。

ところで、
新生サディスティック“木村カエラ”ミカバンドの
「一夜限りのコンサート」は、ミカバンド&高橋幸宏の
大ファンにもかかわらず、
いろいろ考えることがあって「行かない」と
自分のブログにも書いていました…。しかし!

shuumaさんのコメントを読んで
> 3月のミカバンドのライブでは、代役立てずに
> ドラムを叩くと宣言されてますが、
> ホントに大丈夫かな?(笑)師匠!

気持ちが揺らいでおります。
「高橋幸宏の生ドラムを聴く」比率が高まるとなると
(そりゃ、そもそもかなりの部分は叩くでしょうが)
同窓会だろうが、一時のお祭りだろうが、
盛り上がり方やその曲が「見えて」いようが、
やっぱり行こうかなーーー。
でも、先行予約はやり過ごしてしまったし、
いまさら一般発売で取れるか?
Cacaoさんは、もう予約済みですか。

shuumaさんのブログ、たまに寄らせていただきます。
デヴィッド・シルヴィアン、スティーヴ・ジャンセンのドラムス、
ミックカーンのベース…大好きな私です。
川島孝之(表参道の小さな広告屋から)
URL
2007/02/09 01:28
出遅れてしまいましたが、お邪魔します☆
>しかし、私には、楽曲の最後の方で、まとまり>きらない何かを見る気もするのです。それは、>原曲の記憶を偲ぶようであり、これから向う先>を模索するようにも思えます。
さすがCacaoさんの鋭いご指摘を念頭において、またあらためて聴き直したいと思いました。

ご両親にビールをプレゼントとは、孝行娘ですね!私も自分で飲んでばかりじゃなくて何かしようかしら(^^;)
skysong
URL
2007/02/10 10:56
みなさま、コメントど〜も!です。色々、感じ方が違うみたいですね。

☆isaさんへ

黒沢さんの「七人の侍」それと「スター・ウォーズ」から効果音をイメージでしたっけ?う〜ん、素人感覚では出来ませんねぇ、しかも居酒屋が発祥の地、とか?(笑)
YMOの「蘇り」を期待してる人も多いでしょうね。


☆joyukiさんへ

今回はみんなバラバラで参加した感じですね。でも、幸宏さんのトラックを細野さんが聴き、細野さんの手が入ったトラックを教授が聴き、教授らによるミックス後の完成トラックを細野さん、幸宏さんが聴き…と、それぞれが、『おっ!』とか思って、楽しんだだろうなぁと思います。

そう言えば、「きりんざん」という日本酒(やや辛口)が美味しかったんですよね〜(乾杯!)

 
Cacao
2007/02/10 16:39
☆shuumaさんへ

>3人が並んでる姿の美しいこと!(笑)

ですね〜(ホント)

>代役立てずにドラムを叩くと宣言されてますが、ホントに大丈夫かな?(笑)師匠!

えっ、大丈夫ですよ、もちろん!(がんばって客席からパワーを送ります!笑)

でも、あまり無理してほしくないのも本音。で、考えてみようかと、ドラマー5人が主役の"Groove Dynasty 2000"の映像をチェック。ティン・パンとして細野さんもご出演で…当然、林立夫さんは一緒に演奏。実はかなり沼澤尚ファンでもあるのですが(苦笑)、ミカバンドということを考えるとグルーヴは抑え目がよいのだろうな、と思うと、お顔も好きだし(^^;林さんはどうかなぁ。(お歳は幸宏さんより上ですが二段構えってことで)
村石雅行さんも器用だし、パワーあるしで捨てがたいけれど。

それで、全体のサプライズに小田和正さんのキーボードとか。幸宏さんと小田さんはお互いのバンドの楽曲に演奏提供した経験もあるし…(夢)

 
Cacao
2007/02/10 16:41
☆teruminさんへ

>突き放しているやうな、音

なるほど。YMOが過去、最終的には大衆に向かっていた感覚からは離れた音色なのかもしれません。内に向かっているというのか、大切なものに焦点を絞って、突き詰めているのかなぁ、と。


☆川島さんへ

私は予約成立しましたが…「揺らぎ」は収まりましたか?
私は、きっと、幸宏さんの生ドラムが一曲だけだとしても、それだけが聴きたくて…考えなしというか、優先度が極めて高いだけなんです。てっきりソロのLiveで聴けると思ったのが裏切られた(笑)ので…


☆skysongさんへ

わぁ、いらっしゃいませ〜、こちらではお初ですね。

>鋭いご指摘を念頭に

いえいえ、たぶん勘ぐりです。しかし、教授のミックスによって、かなり最後の方は不透明さが増したのでは?と思ってます。teruminさんがコメントしている「何時の時代なのかワカラナくなるよーな」感じに…
 
 
Cacao
2007/02/10 16:43
ミカバンドのライブいかれるんですね!生ドラム幸宏さんいいな。。ぼくは一昨年のスケッチショウの渋谷AXで幸宏生ドラムを聞きましたよ。DVDにもなっていますよね。
isa
URL
2007/02/11 00:47
おなじみの「姐さん」の強い引きもあり、
「やっぱり行こうかなぁ」と託した
ミカバンド・チケット。
本日の一般予約電話 百戦錬磨の姐さんを
してもだめだったようです。
はい、先行予約当初から及び腰だった
私がいけません。

見事、現場に行かれる皆々様の
レポートを楽しみにしております。

キリンCM用に再結成した様子が、
「映画」になるようですので、
そちらは見ようかなぁ。
川島孝之(表参道の小さな広告屋から)
URL
2007/02/12 20:17
☆isaさんへ

幸宏さんの生ドラムと言うと、山下久美子さんの20th、尾崎亜美さんの25th、そして、故大村憲司さんの長男、大村真司さんを擁した記念Live(?)等々で、連続で聴けるチャンスがあったのに、アンテナが伸びきらず…後から後悔したということがあったので、今回は!
スケッチショウのはTV放送で見たのですが、「ドラム」という感じがどうしてもしなくて…やっぱり、ドラムセットに囲まれて演奏するお姿が見たいなぁ〜と。


☆川島さんへ

そうですか、残念でしたね。アルバム聴いて「見たい」と思った若い世代の方も多いようでしたから…カエラパワーもかなりでしょう。
ちなみに、服を買った店の店員さんに「ミカバンド」では通用せず(苦笑)…「カエラちゃん」で分かってもらえました。(同じ建物に入ってる)『カエラさんHMVに来ますよね〜』と言われ日付を見たら、ライヴの数日後で、しかも、地元イベンター枠のTVの公開放送だったので、『これもチェックしなくては!』と(忙)
 
Cacao
2007/02/12 22:33
あれ??
ドラムセットにかこまれてましたよ??スケッチのライブ。
おもいっきり、中国女もやってましたから。。w
isao
2007/02/14 00:16
そうでした、しっかりと!何見てたのでしょう(^^;
 
Cacao
2007/02/14 22:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Yellow Magic Orchestra 【RYDEEN 79/07】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる