私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 椎名林檎×斉藤ネコ 【平成風俗】

<<   作成日時 : 2007/02/28 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ここのとこ、あまり取り上げるチャンスが無いと思われる音楽をつついてます。
*特に、この記事はピンと来た方だけに(笑)お薦めします*

椎名林檎
彼女に対しては、デビューした頃、とても関心があった。

ネコのような声の持ち主で、かなりキワドく情念を全面的に打ち出した詩の中に、ふっと、真っ直ぐで核心を突く静かな言葉を同居させる人なのだが、
小さな頃からバレーをやっていたことによる優雅さが、そういうゲル状のものをオブラートに包み込んでいて、私にはとても美しく映っていた。
そんな彼女が、持病も手伝って病弱な体を張って、ナースの姿で過激なライヴをするのだから、当然世の男性からの注目が集まるわけで…私は、地元でライヴを見ることを、躊躇した(苦笑)

1stアルバム「無罪モラトリアム」は初回限定版をしっかり購入したけれど、
私が好きだったのは、その後に続いた大好評のマキシシングル群(幸福論/本能/ギブス/罪と罰)。その中でも、ストンと素直さの表われた楽曲達。
・すべりだい
・あおぞら
・17
この辺の詩には、とても純粋な世界を見る。
2ndアルバム(勝訴ストリップ)にこれらが入っていないのは残念で…だから、全てのマキシを聴いていた私は2ndを購入しないまま。
もちろん、アルバムに収録された「本能」、「ギブス」も好きだけれど…

***

その時すべて流れ落ちた
砂場の砂も気持ちも全部
ふたりの手ですべり落とした

今の私だったらアナタと
すべらずに済むような気がする

 〜「すべりだい」から〜


明日は心も空も 素敵な青

 〜「あおぞら」から〜


約束は要らないわ
果たされないことなど大嫌いなの

 〜「本能」から〜


あなたはすぐに写真を撮りたがる
あたしは何時も其れを厭がるの
だって写真になっちゃえばあたしが古くなるじゃない

 〜「ギブス」より〜


※いずれも歌詞カードを持っていないので、彼女の文字表現とは異なると思います。
 ごめんなさい > 林檎さん

***


その後も、彼女が出産後の活動の口火を切った「東京事変」には、まったく触らなかった。
それは、単純に2ndアルバム頃から興味が希薄になってしまっていたことと、
私にとっては、彼女が妖艶になり過ぎてしまったから。
何かのライヴ映像を見た時、
よく歌舞伎を鑑賞するという彼女の、板に付いた着物姿と、それで煙草をふかしたりする様は、あまりにも自分の世界とかけ離れた印象が植え付けられたのだ。


画像しかし、今回、雑誌"SWITCH"で久々に彼女の記事を読んだり、「僕らの音楽」の演奏を見ていたら、無性に聴きたくなってきた。特に、斎藤ネコという人と、また、オーケストラと、どんなコラボレーションをやってのけるのか?
(ちなみに斉藤ネコさんとは1stアルバムでも一緒にやっている)

今さら気付くことでもないのだけれど、彼女の書くメロディには独特の抜けの良さがあり、だからこそ、どろりとした歌詞も、さほど気にならないというところがある。
(その辺は、彼女自身がドラムを叩く影響もあるかもしれない。←これが結構いける)
とは言え…歌詞カードを見ながら鑑賞したとしたら、私は一つ一つの文字に引っ掛かってしまうに違いなく…
この新しいアルバムに対しては、彼女の声をひっくるめて、音色で聴こうと考えた。
それで、考えにくいことかもしれないが、数日、車に積んだまま(朝から)聴いていたのだ。

感想として、ひとことで言うと『彼女は彼女のまま歳を重ねているんだなぁ』と、当たり前のことを思う。過ごしてきた時間や経験や、出会って来た人達との間に築かれて来たもので、変化はあるにしても、彼女の持ち味にかわりはない。

ただ、やはり、この作品には、達者な演奏者達の見事なパフォーマンスが生かされていて彼女を盛り立てる。…と言うか、包み込む。
まるで、その重厚な音の襞は、彼女にとっての子宮のように思える。
しかも、斎藤ネコという人のヴァイオリン演奏が、ピアソラのタンゴのグルーヴを感じさせてくれるのが、私にはたまらない。


初めて、彼女の歌を聴いた時は、戸川純(「玉姫様」)と比較せずにはいられなかったが、
こうして今、明治、大正の貴婦人のような衣装でレトロなメロディも歌いこなす彼女は、今までの日本の歌い手には類を見ない、貴重な存在なのではないかと、思い始めた。

しかし、「僕らの音楽」でイチローテーマソングを作る(!?)という企画が実現
した場合、一体どんなものが出来上がるのだろう???
こればかりは、想像できないな。
 
画像
2000年頃の椎名林檎嬢(かわいい)

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
椎名林檎の伝説のほくろ
ほくろがトレードマークの椎名林檎は、鼻の左下(唇の左上、頬に近い)とアゴに大きなホクロがある・・・唇の上のほくろは「あった」(過去形)。椎名林檎のほくろにはある種「伝説」のようなものがある。 ...続きを見る
ホクロの話
2007/05/25 15:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
椎名林檎×斉藤ネコ 【平成風俗】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる