私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS YMO「灯」〜坂本龍一「夜のガスパール」〜リスト「エステ壮の噴水」

<<   作成日時 : 2007/05/02 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

きっかけは、YMO"TECHNODELLIC"に収録されている"Light in Darkness"/【灯】。その音色は光というよりも水の煌きを連想させた。
そして、そのリズムパターンから坂本さんの「青ペンキの中の僕の涙」が思い浮かび、同じく日本生命の非売品アルバムに入っていた【夜のガスパール】という楽曲に、あらためて興味を惹かれた。その思いは、ラヴェルを経て、大好きなリスト【エステ壮の噴水】まで私を案内してくれた。


坂本さんの「夜のガスパール」という楽曲が、ラヴェルの同名曲("Gaspard de la nuit")からインスパイアされたのは、たぶん、間違いないと思う。(この辺の情報をお持ちの方がおられたら教えてください。)

ガスパールというのはフランス語だというのは確かなようだが、語源がよくわからない。
ラヴェルが、19世紀ロマン派のベルトランという人の散文詩に触発されて、その64編のうち3編からこの曲を創り…そのベルトラン自身は、「夜のガスパール」と名乗る悪魔から、その詩の草稿を受け取ったと述べた、という話があるらしい。

また、ヘロデ王が自らの身を守る為に、予言されたユダヤ人の王を探させる為に派遣した博士達のうちの一人の名前もガスパールであったという説。(実際には、博士達はヘロデ王にキリストの誕生は伏せたとか)
それにまつわるのか、「聖体のパン」という説…

いずれにしても、いわくのありそうな言葉なのだ。

それを踏まえて、坂本さんの「夜のガスパール」を聴いてみる。
全体から受ける印象は、まったく異なるのだけれど、パーツで眺めてみると景色も変わって来る。
ラヴェルの同名曲は「水の精」「絞首台」「スカルボ」の三部構成だが、全体的なメロディラインの浮き沈みは「スカルボ」を彷彿とさせるし、その和音は、「絞首台」の冒頭と似ている。この曲には、また、『坂本さんっぽい』と感じさせる旋律も存在する。そして、所々に零れる美しい旋律に「水の精」も垣間見れる。
きっと、ラヴェルの楽曲から細分化したエッセンスを、加工し、デフォルメし、組み合わせて、創作したものにちがいない。


しかし、聴き比べているうちに、私にとって、もっと興味深かったのが、この「水の精」が、リストの「エステ壮の噴水」に酷似していることだった。

急いで手持ちのリストのCDの解説を読むと、「ラヴェルの「水の戯れ」やドビュッシーの「水の反映」に影響を与えたことで、歴史的な評価を高く受けている」とある。
確信を深めて、今度はラヴェルの「水の戯れ」を聴いてみる。『う〜ん』内心、消化不良。再度、「水の精」を聴いてみると『これこれ!』
つまり、「水の精」の方が、すんなりと似ていると受け取れるのだ。

想像するに…先に作られていることから、リストの「エステ壮の噴水」を頭の片隅において、実験的に、革新的な音を求めたのが「水の戯れ」。しばらく時を経て、素直なリスペクトの気持ちの下で創作されたのが、「夜のガスパール」の一部である「水の精」なのではないだろうか?


「エステ壮の噴水」は、その、あまりにも美しい音の流れによって、もしかしたら、私が最も愛している曲かもしれないのだけれど…
作曲家としてはマイナーなリストのこの曲が、こんな風に繋がって、表し続けられてきているとは、なんか、感動である。


ということで、写真は、今回購入したラヴェルの作品集。("RAVEL:The Piano Works")モニク・アースという方の演奏で1968年録音版。
2枚組みでお得だし、個人的に演奏もタイプ。
ちなみに坂本さんの「夜のガスパール」や「青ペンキの中の僕の涙」は、今は「坂本龍一ワークス1-CM」に収録)


画像-Disk1-

1. 鏡
2. 水の戯れ
3. 亡き王女のためのパヴァーヌ
4. 古風なメヌエット
5. 前奏曲
6. シャブリエ風に
7. ボロディン風に
8. ハイドンの名によるメヌエット
9. マ・メール・ロワ


-Disk2-

1. クープランの墓
2. 夜のガスパール
3. ソナチネ
4. 高雅にして感傷的なワルツ




前の記事で書いたとおり携帯電話を替えてから、規定値の白い画面に映る待受画像が美しく見えて、さらには、YMO関連で雑誌「MAC POWER」を目にするにつれ、今、「白色」の魅力に逆らい難く…ちょっと、このブログのTopもお色直ししてみました。
いつ、飽きるのかわかりませんが(苦笑)

それから、ちょっと心が疲弊している感もあったので、少し「日常を離れる」ということを意識してみたので、ブログも放置しておりました。コメント入れて下さった方、何度か覗いて下さった方には、申しわけありませんでした(礼)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
坂本龍一 【Life in Japan】
カテゴリーをCDにしてますが非売品レコードです。'83のニッセイ新青春保険YOUのキャンペーン用で、CMで使われた「きみについて」を含む3曲が入ってます。幸宏さんもドラム叩いてます。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/05/03 11:28
水の戯れ/モーリス・ラヴェル
アース(モニク), ラヴェル ラヴェル:ピアノ作品全集 ...続きを見る
オラシオ主催万国音楽博覧会
2007/05/03 22:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
良い作品。。さっそく近日ゲットしたいとおもいます。。
とくにマ・メール・ロワ は好きな楽曲です。
ISAO
URL
2007/05/02 20:13
マ・メール・ロワ…「妖精の園」ですね。
この楽曲はラヴェルの中でも、広大な「自然」が感じられる楽曲ですよね。
私はもともと、初めてクラシックのCD買おうと思った時に「ボレロ」を選んだ人間なので(< ミーハー)どこかにアクセントが効いたものが好みのようです。このCDを聴いて「ソナチネ」もいいなぁと思いましたが…
 
Cacao
2007/05/03 14:00
はじめまして!
拙ブログにコメントありがとうございました。
駄文が参考になったと言っていただき、大変励みになりました。
やはり坂本龍一の音楽からは濃厚に「印象派」からの影響が感じられますよね。
今度リストのエステ壮の噴水聴いてみます!
またお暇な時にでも当ブログを覗いていただければ嬉しく思います。
失礼します。
オラシオ
2007/05/04 01:02
オラシオさん、コメントありがとうございます!

>駄文が参考になったと言っていただき。

何をおっしゃいますか…熱い思いの伝わる文面ですよ〜

>やはり坂本龍一の音楽からは濃厚に「印象派」からの影響が感じられますよね。

ですねぇ。

>今度リストのエステ壮の噴水聴いてみます!

機会がありましたら、ぜひ(保障はできませんが…笑)

>またお暇な時にでも当ブログを覗いていただければ嬉しく思います。

ありがとうございます。寄らせていただきます。(でも内容についてゆけないかも(^^;)
 
Cacao
2007/05/05 13:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
YMO「灯」〜坂本龍一「夜のガスパール」〜リスト「エステ壮の噴水」 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる