私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 「食のうつわ展」へ

<<   作成日時 : 2008/03/02 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

一つ前の記事三崎哲郎さんの個展へ…無事辿り着きました(笑)
失礼を承知で(謝)お昼時にギャラリーの扉を開けて、てつさん…いや、三崎先生ご本人に招き入れていただきました。
私のような素人に、思いがけずも、色々と丁寧に説明をしていただき、お弟子さんのSさんにも大変親切にしていただいて、あまりの居心地の良さに、小一時間ほどお邪魔してしまいました。本当に素敵な時間をありがとうございました。
残念ながら諦めたSTEVE ライヴへの参加。でも、否の流れを切りたくて少し強引に求めた日帰り切符は、幸福感をもたらしてくれました。


個展の全体のお話は、いずれ、三崎さんのブログ(→)等でご紹介があるものと思いますし、プアな携帯画像と共にかいつまんで…

画像

まず、これが、三崎さんの「波状紋」の大皿です。
画像以前から、写真では表せないとお書きになっていましたが(まぁ、何でもそうではありましょうが…)、その最たるものは、「奥行き」でしょうか?
繊細な曲線の連なりは、レンズに収まった時に、割と平坦なんですね。それが、生で見ると、しっかりとグルーヴを伝えてくる。部分的な画像の方は、中心から少し外側に向けて撮っているので、多少わかりますか?




画像ブログを拝見していて、以前から、色々な手法で制作されているなぁと感じていたのですが、これなんて、どうです?
表しきれませんが、うすい桃色がかわいらしく綺麗でしょう?たまたま滲み出た鉄の赤味の作用だそうです。
こういう…自然のもたらしてくれる「偶然の美」、それに出逢えた時の感動。そういうものが私にとっては「焼き物」の魅力なんだと思います。
そして、このお皿は下辺に富士山が見えるようですよね?しかし、三崎さんは、特に向きを固定したディスプレイはされていませんでした。(この画像の時は私が動かしてます)
「そう見立てる人もいます」とおっしゃった一言に、自然の技をそっと感じさせてくれるお人柄を見ました。


画像そして、これ。
今回、私のもとへ来てもらった作品達です。
三崎さんの原点であるという黒天目の器。それから、金色のラインがアクセントのお茶茶碗と、持ちやすい取っ手のコーヒーカップ

小鉢(?)は、中央から扇状に薄紫色の広がりが景色として見えて…それが、宇宙のビッグ・バンを掌に見るようで、楽しく鑑賞できる作品。
そして、お茶碗とカップには、私の「手」との相性を優先しました(笑)
とにかく、しっくりと来るもの。幾つもの中から手に取った瞬間に、『あっ、この子だな』と感じられる時の喜びと言ったら…なんという幸せ♪私には私の、貴方には貴方にぴったりのものがある。
画像


と、言うわけで、予想以上にダンディで素敵な三崎哲郎さんの個展で、プラスの気持ちに一杯満たされて(感謝)…これから、また、がんばらなきゃ!と思います。

最後に、ご一緒にカメラに収まっていただきました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに丁寧にご紹介くださって・・
ありがとうございます
6日目を終えて戻ってきました
嬉しいことに・・
今日も沢山の来客で賑わいました

器は育つ・・
窯から出たときは
粗野で未熟な器も
使われることで育ってゆきます
加飾に頼らず
使い手の「時」にゆだねて
自然な魅力を醸す・・
そんな器を作ってみたいと思っています

これからもいろいろ聞かせてくださいね
ありがとうございました



桃青窯
2008/03/02 23:48
ご無沙汰してます。いつも拝見はしてるのですが…
ちょうど、この日記の書かれた日、僕は瀬戸というところにいました。
焼き物では結構有名な所です。
そんなこともあり、とてもこの日記が目にとまりました。
素敵な器ですね。粋な心をすごく感じます。
であって、何か感じる。いいですよね☆
おさむらい
URL
2008/03/05 22:55
☆桃青窯さま

>こんなに丁寧にご紹介くださって・・

こちらこそ‥本当に色々お話をしていただいて、ありがとうございました。

>器は育つ・・

この言葉を目にして、自宅の備前のコーヒーカップを手にとってみました。わらの中から家に来て10年、育って‥育てているのかしら?(笑)

>使い手の「時」にゆだねて
>自然な魅力を醸す・・

そういう風に寄り添っていてくれるところが、たまらないです。
これからも、作品を楽しみにしております。


☆おさむらいさんへ

>僕は瀬戸というところにいました。

そうですかぁ。「瀬戸物」=「陶磁器」だったりしますからね。本家と言ってもいいですよね(笑)
瀬戸黒の趣も好きですが、黄瀬戸に憧れてます。

>素敵な器ですね。粋な心をすごく感じます。

そうかぁ‥「粋」
この言葉って、ぴったりかもしれません!
 
Cacao
2008/03/07 23:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「食のうつわ展」へ 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる