私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS くるり 【JUBILEE】

<<   作成日時 : 2008/03/27 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「チオ!」×「ビタ!」の、若芽のような二人をふわりと包み込む、誰の耳にも届いているだろう、この歌。
♪人はそれぞれのライフ 新しい場所を探して…
実は私は気付いていなかった。この歌、名曲というより、純文学的な名作だと思う。
特に2番の歌詞が、素晴らしい。

昨年の小田和正「クリスマスの約束」。ゲストにくるりが出演した。
くるりはデビュー当時から評価の高いバンドだけれど、この私は、
『あれっ?いつから二人になったの?』という程度。しかし、歌い出した時、衝撃が走った。
「あのCMの曲」である。けれど、CMに表れているのは「この歌とは違う!」

たぶん、CMを見て勝手に想像してしまっていた。「幸せそうな歌」のハズ、と。
だから、

 《人はそれぞれのライフ 新しい場所を探して》

の後の、

 《でも君とは離ればなれ》

ここさえ、聞き取れていなかった。



まず、

 《そう 行かなくちゃ》

から、この歌は始まる。
そして、宝物のような意味深い言葉があふれだす。

 《失ってしまったものは
  いつの間にか 地図になって
  新しい場所へ 誘ってゆく》


 《歓びとは 誰かが去るかなしみを
  胸に抱きながらあふれた
  一粒の雫なんだろう》



"Jubilee"(歓び)を、こんな風にイメージできるなんて…
岸田繁。やはり、ただ者ではなかった。
以前のように、自らと外界を隔てるような無骨な黒縁の眼鏡を外し、自然体になったかに見える彼は、この歌を、こんな風に閉める。

 《なんで僕は 戻らないんだろう

  雨の日も風の日も》



昨年の5月末にリリースされた、楽曲であるけれど、
日本では、人生にとって季節の変わり目を迎える人達が大勢いる3月に
相応しいかもしれない。


《》で囲んだ詩は、すべて、岸田繁作詞による、くるり【JUBILEE】から。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
くるり 【JUBILEE】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる