私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊木杏里 【私は私をあとにして】

<<   作成日時 : 2008/05/30 23:10   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ふいに、ある「声」を探そうと思った。
クセがなく素直に胸に通る声、豊かさよりも、自然に体に響いてくる歌唱。そして、できれば、自分の身から出た言葉を歌う女性ヴォーカリストを…
そんな時、流れてきたドラマの主題歌に、それを感じた。
声の主は、熊木杏里さん。
経歴を見ると、ここ数年、彼女の声は確実に私の耳にも届いていたことがわかる。
気付いてしまえば、今の吹石一恵出演、ユニクロ「ブラトップ」のCMが彼女だろうことも…映像だけでなく音楽も気になりませんか?(笑)


ここのところ、少し重い記事ばかりになってしまいました。
考えるところもあって、音楽レビューに時間を割くことを、今もためらっているのですが(苦笑)、
どちらかと言えば、個性が強く感情移入しやすい音楽を好んで聴いてきた私が、そこから離れたものを求めたことは、自分自身、不思議ということもあり、
それ以上に、熊木杏里さんの音楽性に期待する想いも強く、ご紹介しておきたいと。


'82年生まれの彼女は、2002年にデビューしてから、昨年までに4枚のアルバムをリリースしている。これは、4枚目。
画像いずれも、吉俣良さんが編曲として関わっていて、NHK大河「篤姫」に夢中な私には、そんなところでも御縁がある。
(余談:「篤姫」はオープニングを見るだけでも価値がありますよ〜。クリムトの「接吻」を大々的にモチーフとして取り込んだ品のある美しいCGと健やかに広がりを持つ音楽のハーモニー)

さて、彼女はTV「嗚呼!バラ色の珍生」の歌手オーディションで5000人以上から勝ち上がったのがデビューしたきっかけらしいが、
実際、人の心を掴める才能の持ち主だと思う。
瑞々しい感性と強い意志を秘めた詩、全体的に爽やかでありながらも、深く印象を残すメロディライン、そして、自らに語りかけるような、視聴者に問い掛けるような、等身大の彼女の声(言葉)。
彼女の歌を聴くと、昔の自分を思い出して、ちょっぴりチクリと…同時に、今の自分に照らし合わせて、靄のかかった心に息を吹きかけてみようかと思える。
貴重な音楽人は、まだまだ、このようにして埋もれているのだ。(もちろん、私のアンテナの感度が悪いせいもある)


感性豊かな詩の中から、ひとつご紹介しておきます。


頭ではフォークとナイフで
感情をきりとれるけれど
左胸は 右を見たり
空を見たり 足を見たり

〜〜〜

洗い流す水ではなくて
混ざり合う水に恋をして
さっきまで ぼくだけれど
風になったり 雲になったり


「水に恋をする」 by 熊木杏里 〜



オフィシャルサイト
楽曲は(たぶん)すべて、iTunes展開されています。


アルバム「私は私をあとにして」

01.新しい私になって
 【資生堂企業広告CM】
02.春の風
 【映画「バッテリー」主題歌】
03.七月の友だち
04.最後の羅針盤
  【NHK「病院のチカラ〜星空ホスピタル〜」主題歌】
05.君まではあともう少し
06.幽霊船に乗って
07.月の傷
08.0号
09.一等星
【ロッテ「紗々」CM】
10.朝日の誓い
 【フジテレビ「奇跡の動物園 2007 〜旭山動物園物語〜」主題歌】
 【ユニクロ「Wide Leg」CM】
11.水に恋をする
12.ひみつ<ボーナストラック>
 【ユニクロ「ヒートテックインナー」CM】


※ご覧になってわかるように、このアルバムだけでもCM、主題歌への採用が多く、
 易々と私の記憶の部屋の扉が開き、口ずさむ声が聞こえてきます。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熊木杏里 【私は私をあとにして】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる