私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS KEZIAH JONES 【Nigerian Wood】

<<   作成日時 : 2009/05/31 17:00   >>

トラックバック 2 / コメント 9

画像キザイア・ジョーンズ復活!と言いたい。今年4月発売の5thだ。明日明後日(6/1,2) にはビルボードライブ東京大阪でも久々の来日Live(聴きたい!)
'92年の衝撃的1st"Blufunk Is a Fact"〜2nd"African Space Craft"の勢いが戻ってきている。
彼らしく、出身の「ナイジェリア」にこだわり、そして、今回特に、Love Song が耳に新鮮な気がする。彼の少し鼻にかかるハスキーヴォイスが甘くて…かなり胸に来る(笑)

私だけでなく多くの人が3rd"Liquid Sunshine"の変わり様には戸惑ったようで…『4thの"Black Orpheus"良いですよ』という話を聞いても、それには気持ちが動かなかった。
しかし、である。
珍しく、このブログのアクセス元を見ていて、キザイアが日本に来ること、5thアルバムの噂を見つけることができた(感謝!)

1stの激しい打ち、叩きは無い。2ndの、深みにはまり込んでゆくようなグルーヴは無い。逆に、それらは適度に作品を支えるものに変わっている。
全体が自然に流れて、体と心を静かに揺らす緩やかなメロディに乗せて、結構複雑な歌詞が放たれてゆく。個人的には、邪魔せず適度なDrums,Horns類も心地よい。
以前よりも滑らかに艶めいた彼の声が、内側にじんわり浸透してくる。ファンクというよりはソウルフルだと感じる。

私は感覚的なことしか話せないので、このCDの解説(内本順一氏)から少し拾ってみたい。
---
キザイア・ジョーンズを「知らない」「聴いたことがない」という若い人は思いのほか多い。〜(略)〜こんなにも現代的で、しなやかで、ロックでファンクで艶やかな音楽をやっているのに、だ。〜(略)〜そのためには彼自身にオーヴァーグラウンドへ出てきてもらって、その進化している様を見せつけてもらわなくては…だが、どうやら、”その時”が来たようだ。もう一度、彼の独創性が”発見”されるチャンスが訪れたのだ。
〜(略)〜
現在はN.Yのブルックリンを拠点にしつつ、出身地であるナイジェリアのラゴスとパリとロンドンを頻繁に行き来しているキザイアだが、そのように旅を続けていなくては得られない世界や物事の捉え方、視野の広さが、このアルバムの音と歌詞に表れている。
---


とにかく、彼の初期を知っている人間にも、彼のことを何も知らない人間にも”響く”アルバムであると思う。ジャケ写が気に入ったあなた(笑)ぜひ、どうぞ。

(キザイアの略歴はお粗末ながら、私の以前の記事(リンク)に書き留めてあるので、よろしければ


冒頭に述べたLove Song というのを、ちょっと引用。

〜 "LONG DISTANCE LOVE" by Keziah Jones 〜

I wonder where you are
you wonder where I am
forever is too far
for lovers it seems
the days are getting longer
the nights are getting lonlier
forever is too far for lovers
it seems

we both know
what each other believes
whos gonna stay
whos gonna leave


*** YouTubeに、このアルバムのプロモーションに行った
  パリの地下鉄Liveの映像が色々あがっているのでのせてみます。

"Long Distance Love"


"Rythm is love" 〜1st"Blufunk Is a Fact!"から〜


"Nigerian Wood"


ついでに、コール&レスポンスを要求するキザイア。楽しそ〜



*** 試聴はこの辺で
  iTunesにも
  (日本語版はver違いのボーナストラック2曲付き14曲)

〜KEZIAH JONES 【Nigerian Wood】〜

01. Nigerian Wood
02. African Android
03. My Kinda Girl
04. Long Distance Love
05. Beautifulblackbutterfly
06. Pimpin'
07. Lagos vs New York
08. 1973 (Jokers Reparations)
09. Unintended Consequences
10. Blue Is the Mind
11. In Love Forever
12. My Brother
 



ナイジェリアン・ウッド
ワーナーミュージック・ジャパン
キザイア・ジョーンズ

ユーザレビュー:
「アフリカ産」で勝負 ...
羽のように軽やかなフ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Keziah Jones 【African Space Craft】
1st"Blufunk Is a Fact"('92)で驚異的なギター奏法で世界を唸らせたキザイア・ジョーンズの2ndアルバム('95)。ジャケ写が怪しいけれど、どうやら少年の頃の集合写真のアップ(サングラスは合成?)のようだ。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2009/05/31 16:04
Nigerian Wood / KEZIAH JONES
ナイジェリアン・ウッドを最初に見たのはCacaoさんのBLOGでした。 キザイア・ジョーンズはファーストとセカンドの二枚は時々聴いていたんですが、三枚目以降は全くと言って良いほど聴いていませんでした。 国内盤と限定輸入盤もあるのですが、僕が買ったのは通常の輸入盤 近年、CDも売れなくなってきているので、プラスアルファの企画が増えていますね。 今後の音楽業界は大変でしょうね。僕はかなり貢献しているほうだと思います(笑) ...続きを見る
存在する音楽
2009/06/27 09:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
初来日を含め、何回か観ましたよ&会いましたよ。デビュー当時のバックに、知り合いの日本人ドラマーが参加していたんですよ。あとキザイヤはPlasticsの中西俊夫さんの友達でもあったので。
ライヴでの強力なファンクネスはかなりかっこ良かったですね。同時期のレニー・クラヴィッツなんかより断然ストリートな感じがしました。レニーの初来日もクワトロで観ましたが、やはりキザイヤのクワトロの方が断然上!久々にライヴ聴き直してみます。
TY
URL
2009/05/31 19:15
TY様、ど〜も!

>何回か観ましたよ&会いましたよ。

うらやましいお話です〜。でも、けっこうKJは生意気な時期だったのではないですか?(笑)

>レニーの初来日もクワトロで観ましたが、やはりキザイヤのクワトロの方が断然上!

もともとレニーさんのサポメンだったわけですが、
断然彼の方が‥Liveなミュージシャンですよね、きっと。
このプロモーションLiveなんて6,7箇所で行ったみたいですが、1箇所で数曲と言わず5,6曲は演奏してる感じですからねぇ。
公式サイト見ると、8月上旬までず〜っとLiveが続くみたいですから、今年は彼にとって再び大収穫の時になることでしょうね。
 
Cacao
2009/06/01 22:50
まさにファーストとセカンドを聴いていました。
ブルーファンク

ロンドンの路上で演奏していた頃のエネルギーを取り戻したって感じなのでしょうか?

ニューアルバムが出たことも知りませんでした。
存在する音楽
URL
2009/06/01 23:50
存在する音楽様

>ロンドンの路上で演奏していた頃のエネルギーを取り戻したって感じなのでしょうか?

たぶん、彼の内側にはエネルギーはずっ〜と満ちていたのでしょうが…(今回YouTubeでLive映像色々見てると、そう思えました。)
今回のアルバムで、うまい具合に結実したってことでしょうか?
記事に書いたように、1stと2ndのイメージだけで聴くと、ちょっと違うと思います。でも、3rdに感じたギャップは感じないです。

6/1の東京Liveは生中継されたようです。(URLに入れたサイトご参照)
↓の日時で、まだ再放送に間に合いますよ。
 (私は残念ながら聴けませんが…)
6/12(金) 20:30-22:00
6/13(土) 18:30-20:00
 
Cacao
URL
2009/06/02 21:58
お久しぶりですね。
そうそう、僕もこれ聴いてます。
言いにくいんですが、2枚組の2枚目が素晴らしくイイんですよ。
未聴でしたら、ご連絡いただければお届けしますよ。
shuuma
URL
2009/06/05 16:08
shuumaさん、ど〜も!

>言いにくいんですが、2枚組の2枚目が素晴らしくイイんですよ。

みなさん、そうおっしゃるので、そうなんですね!

>未聴でしたら、ご連絡いただければお届けしますよ。

お心遣い、感謝!です。
 
Cacao
2009/06/08 21:43
遂に買って聴いています。
良い感じで響いています
存在する音楽
URL
2009/06/27 09:35
存在する音楽さん

いつものように亀レス(死語?)で…

>良い感じで響いています

でしょでしょ!
 
Cacao
2009/07/03 22:55
はい(笑)
存在する音楽
URL
2009/07/04 17:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KEZIAH JONES 【Nigerian Wood】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる