私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS ミッシャ・マイスキー (チェロ奏者) Live 2002

<<   作成日時 : 2005/09/22 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像Mischa Maisky Live '02.10.12

バッハの「無伴奏チェロ組曲」、マイスキーの名を世に広めた演目(1,3,5番)を生で、(しかも地元で)聴けるなんて、それだけでも感激!

初めて弓が弦を走り抜けた時耳にしたのは、私の知っていたチェロとは異なる音だった。まるでフルートが小刻みに空気を震わすような、とても繊細な音。長い間地球で生きてきた「木」が直接演奏家の力を借りて話し掛けてくるかのような…

そして、命を削るかのように全身全霊で弾くマイスキー氏の姿。それが相まってホールはとても高尚で揺るぎない空気に溢れ、『もしも天上界で音楽が奏でられるならこんな感じ?』と思った。CDではあまり印象に残っていなかった3番が、とても華やかに力強く心に迫って来る。5番には彼自身の人生の悲哀、それを乗り越える情熱が込められているような気がした。

あれほどの緊張感の中で音楽を聴くのは私には初めてのことだったが、その厳しい姿勢とは裏腹に、本編を終えて肩で息をしていたのにもかかわらず、拍手に応えて5回もアンコールをしたり、演奏後何百人ものサインサービスに応じてくれる人柄にも感動しきり。(←もちろん、私も!)
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、
ミッシャ・マイスキー、いいですよね。私も何度か聴きに行ったことあります。

>彼自身の人生の悲哀、それを乗り越える情熱が込められているような気がした

確かにそんな弾き方をしますよね。同感です。
やぶ猫
2005/09/23 12:03
私のブログにお越しくださり、ありがとうございました。
マイスキーは、日本でとても人気があるようで、ファンクラブもあるとか。
なので、ファンサービスも惜しまなかったのでしょうね。
娑羅
2005/09/23 19:01
トラックバックありがとうございました。
マイスキー・・いいですよね。
私も以前、地元の小さなホールでマイスキーの
無伴奏チェロ組曲を聴いたことがあります。
どんな地方の小さなコンサートにも力を抜かない、それこそ全身全霊を込めて演奏する真摯な姿勢のマイスキーに感動した覚えがあります。
Cacaoさんの文章・・いいですね。
これからも時々立ち寄らせていただきます。
kanade
2005/09/25 21:06
やぶ猫さん、娑羅さん、kanadeさん、
みなさん、コメントありがとうございます。

今は、きっと ヨー・ヨー・マ氏の演奏の方が受ける時代なのかな?と思いつつも、
本当につらい時に、私はマイスキー氏の無伴奏チェロ組曲に励まされて頑張れた記憶が今も深く残っているので、なんか特別なんです。

私の知っている(ソロで活動する)クラシックの演奏家達は、みなさん、サイン会されるんですよね。お疲れでしょうに‥。スミマセンみたいな気持ちを抱えて並ぶ時もある自分が、申し訳ないんですが‥そこまでしないとクラシックの世界は厳しいのかなぁと思ったりします。

マイペースで羽を伸ばしている場所ですが、よろしければ、また遊びにいらして下さいませ。
 
Cacao
2005/09/26 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミッシャ・マイスキー (チェロ奏者) Live 2002 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる