私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Donal Lunny 【The best of Donal Lunny】

<<   作成日時 : 2005/10/27 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

画像これも、JEFF BECKが演奏している"Declan"の原曲を聴けるということで購入したアイルランド音楽の英雄的存在、ドーナル・ラニーの2枚組みベスト。「自然」と「人の営み」が肌に響いてくる音楽だ。ちなみに"Declan"とは、'87に亡くなった同郷ミュージシャンDeclan McNelis に捧げられた曲。Disc1-7 には映画"THIS IS MY FATHER"のテーマが収録されているが、この映画の音楽制作においてもDeclanとの関わりが記述されている。

"Declan"について
先導部はフィドルから緩やかに開き、それをフルートの切なく柔らかな音色とブズーキのアルペジオが繋ぎ、さらにイリアン・パイプスの郷愁を誘う少し癖のある音色とキーボード等が、最初は掛け合うように、だんだんと絡み合うように流れてクライマックスへと盛り上げてゆく。JEFFの艶っぽいギターよりは淡々とした感じだが、やはり美しいメロディライン。ライヴ音源の為、最後に客席から起こる拍手が緊張を解く間合いの空気感もいい。

全体を通して
ドーナル・ラニーという人が、アイルランド音楽をベースにしつつも、様々なジャンルの音楽と手を携えて来た様子が垣間見えるCDだと思う。そして、それによって、アイルランドの伝統(Trad)音楽の魅力がわかり易く伝わってくる。
音楽の源である「舞踊」の躍動感が溢れ、その背景には、自然の壮大な景色が浮かんでくる。生活にしっかりと根付いた音楽達。親しみやすく、固まりそうな心を解いて、揺り動かしてくれそう。お勧め!
映画「タイタニック」によって日本でもアイルランド音楽のブームが起こっていたらしいが、私の中では、同じくブラピとハリソン・フォードの映画「デビル」のシーン達の方が印象深い。

個人的には、Disc2-4 "THE BLACKSMITH"が好き。女性ヴォーカルの少しインド風な歌いまわしも魅惑的。


少し楽器のお勉強

ブズーキ(Bouzouki)
 中近東を起源とするギター状の弦楽器。特にギリシャの民族楽器として有名。ドーナル・ラニーは、この楽器の名手。

フィドル(Fiddle)
 いわゆるヴァイオリン。奏法については地域や奏者によりさまざまだが、特に弓使い(ボーイング)に特徴があらわれることが多い。

イリアン・パイプス(Uilleann Pipes)
 アイルランド特有のバグパイプ。スコットランド等のバグパイプが口で息を吹き込むのに対し、こちらは空気を送り出す袋状のふいごを肘で押して(つまり脇の下にはさんでいる)音を出すという構造になっている。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サントラ 【COLD MOUNTAIN】
アカデミー賞授賞式でスティングとアリソン・クラウスが演奏した曲に感動して、映画より先に手に入れて繰り返し聴いて来たアルバム。映画は(「風と共に去りぬ」と並べた宣伝が敗因だと思うが…)『う〜ん、イマイチ』だったが、このサントラは愛聴している。 ミュージカルではないのに、映画とは異なる曲順でトラッド・ミュージックをふんだんに使い、一つの世界観を持つ音楽作品に仕上げている。特にラストに向けては圧巻! 映画の主題からして、なかなかに歌詞が深いのもいい。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/02/18 11:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
TB&コメントありがとうございました。
アルバムの解説から、是非聴きたい欲求に駆られます。
まだ聴いていない私、早く購入しないと・・・(爆)
エディ
2005/10/27 21:38
HMVで試聴しました。
アイルランドの音楽って、哀愁があっていいですね。私の好きなファンタジー映画のバックによく流れてるようなそんな感じ。
一ヶ月前に閉幕した愛知万博でアイルランド館でアイルランドの若いミュージシャン3人の演奏を聞いたんですけど、そのとき笛(Jeffの言ってたあの笛ね!と思いましたよ)、アコギ、バンドネオンと小ぶりなハープを使っていて、まさに11曲目のMalltraethの音でした。
良いですねぇ。
meimei
2005/10/28 13:37
エディさんへ
聴いた感想を楽しみにしてます。でも、購入したい、聴きたいCDは、たくさんありますよねー
(^^ゞ

meimeiさんへ
そうですね、「哀愁」もあります。そして「歓喜」もある。喜(怒)哀楽が、底辺に感じられる自然体の音楽だなぁと思います。だから、心の奥底からゆっくり元気になれる‥みたいな。
万博‥うちの親は行って来ましたが、良かったみたいですね!アコギ→ブズーキ、バンドネオン→コンサーティーナと呼ばれる(アイリッシュ・ミュージック・トラッドで使われる)楽器だったかもしれませんね。生は良いのでしょうね!
 
Cacao
2005/10/28 22:04
早速、遊びに来ました〜!
最近は御無沙汰なのですが過去に Donal バンドの来日公演などにはよく足を運んでました。いやぁ、物凄いテンションで迫ってきますよ!アイリッシュ・パブなどでも生の演奏に触れる機会とかあったりしますし、やっぱりライヴはいいもんです!
ghostwind
2005/10/29 08:31
ghostwindさん、コメントありがとうございます。私も本日はギターのライヴ聴いて来ました。テンションはそう高くはない人ですが、キューバを愛する人です。キューバもアイルランドも、あるいはアルゼンチンなんかも、音楽が生活の一部になっているみたいですね。だから、生命力を感じる「音」なのだろうなぁ‥と。
  
Cacao
2005/10/29 23:26
こんにちは。
Donal Lunnyというお方はぜんぜん知りませんでしたが、『THE BLACKSMITH』、コレはちょっと聴いてみたいですねぇ。因みにヴォーカルはどなたでせうか?
知らず知らずのうちにハマっていってますよぉ〜。(笑
miyavilog
2005/11/08 17:43
miyavilogさん、ど〜も
ヴォーカルは、Eddi Readerさんとおっしゃるスコットランド出身の方のようです。ユーリーズミックスのコーラスをしていたこともあったようです。'92からソロでご活躍とか‥ご一緒に、色々と、はまりませう!
 
Cacao
2005/11/08 20:45
Cacaoさん、ありがとうございます。
インディアンかUKエイジアンかと思ってたんですが、エディー・リーダーってフェアグラウンド・アトラクションのvoの方ですかなぁ・・・?
何れにしろちょっと聴いてみなくてはならないようで・・・(w)


・・・大人買いできたらなぁ。(ボソ
miyavilog
2005/11/08 22:49
大人買い‥う〜む、どんどん子供返り中
 
Cacao
2005/11/13 11:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Donal Lunny 【The best of Donal Lunny】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる