私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 山崎交差点を巡る仙台紀行〜10th Anniversary ARENA Live〜

<<   作成日時 : 2005/12/22 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

画像★明日はyamaのバースデー。あなたの生まれて来たことに感謝 12/22筆★
会場から出て、冴え冴えとした空気に肩をすぼめつつ、少し目線を上げると、お約束のように‥白く光る月が迎えてくれた。手放しで「最高〜!」とは、今回は言わない。なぜなら、私にとっては初夏のホールライヴの感動が勝っていたから。それに、「音楽・夢くらぶ」は、ちょっとフライングだったんじゃない?しかし、もちろん、山崎まさよしは半年の間にまたひと回り大きくなり、無理なくオーケストラとの協演を果たして、魅せた。

◇ 行きの電車内で ◇

黒づくめでかさ張るポリエステル地のズボンを着込んだカップルは、どう見てもスノーボーダーだった。窮屈なくらい身を寄せるようにしていたが、いちゃついている様子はない。二人はとても静かに私の隣に居た。
ふと気付く。彼らはipodの音をLとRで分け合って聴いているらしい。

トンネルを抜け、白銀の山を背にした駅へ着いた時、礼儀正しく荷物を降ろし、座席のリクライニングをきちんとリセットし、彼らは電車を後にした。
後から来る人の為にシートを元に戻す行為を、よく忘れてしまう私は、彼らの自然な振る舞いに教えられる。それは最初、異国の人達が、ごく当たり前にするのを見て、(私が)気付かされたマナーだった。

大人達は、もっと、今の若者達の良い資質に目を向け、見習わなくてはいけないのだとあらためて思う。わずか数十分、彼らと同行できたことに感謝する。


◇ ライヴ雑感 ◇
画像

幕が開くと、巨大な金色の額縁の中に服部隆之さんとオーケストラが収まっている。服部さんとyamaとの出遭いって、さだまさしの長崎ライヴ参加→父上の服部克久さん→繋がりなのかしら?隆之さん自身が指揮をしてツアーに同行しているとは予想していなかったので、これは凄いなと‥こちらの身も引き締まる。

(パンフの中に書いてある)昔飼っていた「ラッキー」の話から始まるあたりに、何気ないyamaのコダワリを感じつつ、ここのところスタンダードにしている「あじさい」でスタート。のっけからチェロのふくよかな音色にぐっと来る。「やわらかい月」ではヴァイオリンのピッキング(って言うかな?)が、琴線に触れまくる。

「メヌエット」は、イントロがとても素晴らしかったし、yamaの声の伸びも良くて、演奏し終えた後、なんか勝ち誇ったような表情が具間見えた気がした。実にオーケストラ向きの楽曲である。

MCで「紅白」に関するコメント。「色々な説がありますが…」(<あるんかい!?)「雪合戦みたい」「争いごとは好きじゃない」だとか。

「Plastic Soul」は、意外な選曲だったが、なんかカラっとしてて悪くない。
「振り向かない」は久々にサービスでしょうか。これは、相当良かった!タイム感が心と共振する。じんと来た。「もはや振り向かない」そうだ(苦笑)
「水のない水槽」はTVで聴いたバージョンとは全然違って、インド風の音色。個人的には『う〜ん、凝り過ぎ?』力入れてるなぁ。ゲンちゃんとキタローさんが忙しそう。たぶん、これは各会場で進化してる楽曲なのではないか?

「ツバメ」が、とっても良いなぁとしみじみしていたら、もっと染みてきたのが「ベンジャミン」だった。実は、私がこのライヴで一番驚かされたのがこれ。やっぱり、こんなに素敵な楽曲なのだ。もともと好きなせいもあって、地味だと思っていたこの曲がオーケストラのサポートによって、ベールを脱いで実力をみせつけたような気がした。

「昼休み」ではオーケストラの皆さんがそれぞれ休憩のジェスチャー。それに対してyamaが突っ込みを入れる。「携帯!」って言ったのは写真を撮れってこと?『撮っていいんかい?』とこちらもも突っ込み。

そして、個人的にとても嬉しかったのは「僕と君の最小公倍数」。なんと言っても思い出たっぷり。もちろん、腕には赤いレスポール!大きく口を開けて一緒に歌う。(大丈夫、声は小さいから…笑)

絶妙だったのが「僕はここにいる」。さんざん盛り上げた後に、すとんと落とす。心憎いセットリストだ。ハイ、感動させられました。そう、ずっと、そこに居てくれなきゃ困るよ!

アンコールは寸劇。アグネス・ラムのポスターに「元祖ガングロ」って言ってたけど、『そうなのかぁ?』「勝手にしやがれ」では、ラジオで言っていた通り、確かにゲンちゃんがワンフレーズ奪ってた(笑)「cross road」では、服部さんがKAWAIとネーム入りのおもちゃピアノで弾きまくる。よく手がつらないなぁ。「根無し草やろうか」と言うのには、客席からブーイング。そんなに分かり易く終わらないでよー!

最後はもちろん「8月のクリスマス」。アンコールクラップの間に幕の隙間からドライアイスの白い靄が洩れて来ていた。結構短時間で、再びオーケストラをセッティングした裏方さんに拍手!てっきりピアノソロと思っていたので、感心しきり。

そう「感動」以上に「感心」したライヴだったと思う。ポカ〜ンとしているうちに大切な音を聞き逃してしまったかもしれない。でも、しょうがないな‥私の中で一緒に息づく山崎まさよしの在り様は、そんなに簡単に変わるものじゃないから。

※山崎交差点…仙台グランディ21へ行く途中、右折した交差点


* - * - *

山崎まさよし10th Anniversary Live〜ARENA2005〜 in 仙台グランディ21
2005.12.17(土) 17:10〜19:30

↓12〜15はあやふやなセットリスト(苦笑)

01.あじさい
02.やわらかい月
03.ふたりでPARISに行こう
04.メヌエット
05.Plastic Soul
06.水のない水槽
07.振り向かない
08.十六夜
09.ツバメ
10.ベンジャミン
11.One more time One more chance
12.ヤサ男の夢〜昼休み
13.僕と君の最小公倍数
14.審判の日
15.FatMama
16.僕はここにいる
---encore1---
17.勝手にしやがれ
18.cross road
19.根無し草ラプソディー
---encore2---
20.8月のクリスマス



◇ ふたたび来よう ◇

仙台って良い所だなぁ。広々と、ゆったりとしている。北に位置していても太平洋側で冬でもカラリとしている。伊達政宗から受け継いでいるのか‥町並みにも、すれ違う人々にも、どこか品があり、風土を映すように穏やかで、人肌の温もりがある。

それにしても、仙台から宇都宮にかけての沿線の木々達は、なんと元気なことだろう。


◇ 帰りの電車内で ◇
画像
太平洋側のスカイブルーから日本海側モノクロの空へ‥一気に変わる。日本は広い。
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山崎まさよし 【音楽・夢くらぶ -05.10.20-】
やられました。たった30分で、こんなに贅沢な番組があっていいのでしょうか?まさやんは基より、中村雅俊さんの鋭く本質を突くトーク、服部隆之さんとの競演‥素晴らしかったです。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2005/12/22 23:11
山崎まさよし 〜気づいたら〜
♪気づいたら君の名前を呼んでいる(「コイン」から) ...続きを見る
私を生かすRipple
2005/12/22 23:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
仙台レポ、読みにきました♪
「感心」よーくわかります。私もぽか〜んとしてしまって
記憶がだいぶ抜けていたんですが、こちらで思い出させていただきました。ありがとう。
「水のない水槽」武道館は、TVバージョンに近かったですよ(たぶん)
インドな音も、聴いてみたかったな〜。
たま
2005/12/23 11:26
詳細なレポートありがとうございます。
22日は誕生日でしたね。
仙台の様子が生々しく伝わってきて、
とっても嬉しく読みました。
紅白出場は私びっくりでした。
ベンジャミンしみますねえ。
ライブで聴いたことあったかな?
やはりライブですね。仙台まで行きたかった!
nokogirisou
URL
2005/12/23 21:52
たまさん、nokogirisouさん、コメントありがとうございます。夜が明けたらイヴを楽しんで下さいね。

私が紛らわしい書き方してしまいましたが、☆山崎まさよしの誕生日は23日☆です。天皇陛下とご一緒ですね。*^^*。きっと、「四捨五入して30になる最後の歳だぁー」とか言ってるに違いありません(笑)

>インドな音も、聴いてみたかったな〜
う〜ん。あらためて言われると自信ないんですけど、席が向かって'超"左だったので、片側のスピーカーから響く楽器の音のウエイトが高かったせいかも?ただ、TVで聴いた時の明るく広がってゆく感じはしなかったんですよね。
Cacao
2005/12/24 01:19
(続)
>やはりライブですね。
やはり、ね!最近「山崎まさよし、いいですよね」と言う人を見つけたのですが、彼女はライヴ未体験とのことで、「できればライヴがいいよ」と薦めておきました。それぞれ忙しいから(「聴きますよ」程度の興味だと)簡単ではないだろうけど、今回も「歌うまいよね」とか「結構カリスマっぽい」とかいう初ライヴらしき人の感想が洩れ聞こえて来ると、ぜひ「生」で!と思います。

まぁ、そういう意味では、慣れてるNHKホールでライヴ感覚の映像が茶の間に届けられることには大きな意味があるかもしれません。(複雑派ですが…笑)
 
Cacao
2005/12/24 01:20
クリスマスってことで、リンク貼らせてもらってる方の作品をご紹介します。CacaoのURLにアドレス埋め込んだので、よろしければクリックしてみて下さいね。
 
Cacao
URL
2005/12/24 01:25
こんばんは。
この街は僕が青春時代を過ごした場所です。
僕の周囲のまさよしファンは、若い方が多いので、「僕と不良と校庭で」という題名の持つ意味というか、パロディの元ネタを知らない人が多いので、時に、野暮を承知で教えたりしています。
JB
URL
2005/12/25 02:48
おはようございます。&メリークリスマス!

>そう「感動」以上に「感心」したライヴだったと思う。ポカ〜ンとしているうちに大切な音を聞き逃してしまったかもしれない。

これ、わかります。
千秋楽1本だった友人も、同じこと言ってました。
1本しか見られなかったのが不覚だった!とも。
「何?何?何が起こっているの?」て、バックの人と服部先生にばっかり目が行ってしまったと。

私も真駒内ではまさやんやキタローさんより、チェロの一番右端の人や、ビオラのロングヘアの人にばかり目が行ってしまって・・・
「きゃー(はあと)」というより「おおー(凄い)」と言う感じでした。
その後の変化は書いたとおりなんですけれど。

今回のライブでの経験が次のアルバムにどう生きてくるか、それが楽しみですね。
和音
URL
2005/12/25 08:27
JBさん、和音さん、メリークリスマス(まだ、間に合いますよね?)

JBさんへ
そうなんですか?青春時代をあそこで‥うらやましい。周囲にまさよしファンがいるんですねー。素晴らしい!これからもどうぞ教えてあげて下さいませ。

和音さんへ
>1本だった友人も、同じこと言ってました。
もう、大人なんで(苦笑)、変化を追いかけ回すのは止そうと思って来ましたが、(←情熱と体力も続かないし〜)今回は、もうちょっと見たかったナと正直思いましたね。
そうですね。次のアルバムには更なる期待が…
 
Cacao
2005/12/25 21:59
さすが・・。と、まずは関心しとります.いったい、何者?と、つい口にもでますわ、そりゃ・・。あなたの山崎まさよしライブレポートには、なんというてもプロローグからエピローグまでフル装備していますから・。気になったのは「ベンジャミン」です。ライブで聞いたかなぁ?なんてこともない歌詞なので、曲に思い入れがないの・・。私は・・。おもうに、なんどでも変格活用できる曲が多いらしいので、一粒で二度おいしい。かめば噛むほど味がでる?最後は、うどんでしめる・?そういうお得な買いものをしたようで、うれしい。いや、あなたの克明な記録があってこそ・でございます。
madam.M
2005/12/26 15:05
madam.Mさま。コメントはお久しゅうです。

>何者?
って(笑)ご存知の通り、ただの人です〜

>プロローグからエピローグまで
なのは、ライヴレポの中味が薄いから(苦笑)

「ベンジャミン」は'99年に出た「ジャズで聴く 山崎将義作品集」の中にも収録されているし、イントロのメロディなど、控えめながら、なかなかと思ってます。まぁ、このCDにはなかなかライヴでも聴けない「コペルニクスの卵」なんかも選曲されているのですが…
 
Cacao
2005/12/27 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山崎交差点を巡る仙台紀行〜10th Anniversary ARENA Live〜 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる