私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いただきます」と「ごちそうさまでした」

<<   作成日時 : 2006/01/13 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

みなさんは‥お弁当を食べる時、キチンと、そう言っているでしょうか?私は「ごちそうさまでした」は、殆ど言っていないみたいです。今日、出張で訪ねて行った先の方が、とても丁寧に、そう言われるのを聞いて、ドキッとして感動さえ覚えたくらいですから…

作ってくれる人が傍にいるような場合、調理とそれを提供してくれた感謝という意味ではちゃんと言っているようなのに、お弁当の場合、それを怠っている私というのは…つまり、「今日の糧を得た」とか「作物を提供してくれた人」への感謝を忘れている。見えるものにしか気持ちが動いていない。
情けない!(反省)

♪感謝して〜、もっとして〜
と、常日頃心掛けているはずなのに…まだまだ、です。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜。
あ、わたしも「ごちそうさま」と「いただきます」を、おざなりにしている時があるな〜と、ふと思い出させていただきました。“つながり”と“感謝のこころ”、ついつい日常のごたごた・せこせこに埋没させてしまいがちですね。
ありがとうございます。
ruthk
URL
2006/01/14 12:18
コメントありがとうございました!
トテモ嬉しかったです。

食って、植物や動物達の生命と引き換えに
自分が生き延びることですから
やっぱ 出来るだけ言葉にして
感謝したほうがいいっすよね。

僕も 奥さんが作った料理とか
当たり前に食べてしまいがちで・・・
キチンと感謝の言葉にあらわさなきゃなって
改めて思いました。
テル民
URL
2006/01/15 00:24
クリスチャンの方と食事をしたところ、食前のお祈りを捧げてらっしゃり、あ!と思いました。

宗教の有無は別にしても日本には『いただきます』と『ごちそうさま』という素敵な言葉があったよなぁ・・・と思った矢先の記事だったので、まさにそうだと思いました。
J
URL
2006/01/16 17:48
ruthkさん、テル民さん、Jさん、ありがと〜
「ふ〜ん」って眺めていただけば十分と思っていたのでコメントいただけて…みなさんに、同じような気持ちがあるのを、こうして示していただけて、とてもうれしいです。

ruthkさんの書かれたように、忙しいを言い訳に大切なことを「埋没」させてしまっているのを、この日、「ごちそうさまでした」という心のこもった声に気付かされたのです。その声の主は私よりはるかに多忙な人なだけに、その瞬間は恥ずかしさに赤面しそうでした。
 
Cacao
2006/01/16 22:19
クリスチャンではないですけど幼稚園は基督で食前はちゃんとお祈りしてましたなぁ。言葉は部分的にしか憶えていませんが。orz
あと、「み仏と、みなさまのおかげにより、このご馳走をめぐまれました。深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。」
「尊いおめぐみにより、おいしくいただきました。おかげでご馳走さまでした。」
と言いますね。>浄土真宗のみなさんは。
やはりモノがありすぎる国に住んでいると忘れがちですよね、、、食に限らずいろいろなものへの感謝。
そう言えば「いただきます」と「ごちそうさまでした」、どちらもTV番組でありましたですね。w
miyavilog
2006/01/17 18:10
miyavilogさん、ど〜も!

>モノがありすぎる国に住んでいると忘れがちですよね

本当に…

>どちらもTV番組でありましたですね。w

あっ、本当だ(笑)
 
Cacao
2006/01/19 23:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「いただきます」と「ごちそうさまでした」 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる