私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS THE BLUES Movie Project から「奇跡の夜」と解放者達

<<   作成日時 : 2006/01/22 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2003年ブルース生誕100年の記念のもとに制作された7本の映画のうちの2本を見た。繰り返し見たのが"LIGHTNING IN A BOTTLE〜SPACESHOWER TV BLUES NIGHT(奇跡の夜)〜"。そして、素なJEFF BECKも見れる"RED,WHITE&BLUES"。前者は、ブルースの道程を辿りながら、豪華ミュージシャン達(B.Bはもとより、スティーヴン・タイラーまで!)の演奏を通して、その力に圧倒される。後者はB.Bをして「黒人を暗闇から解いた」と言わせた英国音楽家達のブルースと絡んだ音楽史を、クラプトン等の言葉などから紐解いてゆく。


画像"LIGHTNING IN A BOTTLE"は、N.Yのラジオシティ・ミュージックホールで、2003.2.7に一夜限り、6000人の観客を前に開かれたLive。

まず、西アフリカ出身の女性シンガー、アンジェリーク・キジョーが、力強く歌う。「彼らは同胞も太鼓も奪った。しかし、声だけは奪えなかった」と。それは、ブルース以前に、ニグロの血の叫びだった。黒人に負わされてきた、奴隷、強制労働、差別、理不尽な殺傷などの、苦しみや痛み、悲しみ。そこにブルースが根ざした時代があったことを思い起こさせた。(いや、今もどこかしらで、続いていることを…)

続けて、ベテランのメイヴィス・ステイプルズ、デヴィッド"ハニーボーイ"エドワーズが、そして、若手の筆頭、ケブ・モ(う〜ん、ジャケ写よりいい男振り!)が、歴史と共に在る楽曲を披露する。そうかと思えば、あのナタリー・コールが熱唱。(ジャズだけじゃないのね)

途中、サン・ハウスの生前のインタビューが挿入され‥彼は言う。「ブルースが成り立つのは、恋する男女の間、それ一つしかない。」
…これは、最初はピンと来ないが、後からどんどん、染みてくる言葉。

そして、尊厳ある命を奪われ、マグノリアの花の中で朽ちてゆく様‥耳を覆いたくなる詞を、穏やかな中に芯のある声で歌いあげたインディア・リー、そうかと思うと、黄色い声の中に登場したエアロスミスのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーはいつもと変わらずバリバリな恋のナンバーで沸かせてくれる。

さて、この映画の中で、私を驚かせてくれた一人シェメキア・コープランドという女性シンガー。私の貧相な知識で表すなら、アレサ・フランクリンの大らかさとジャニス・ジョプリンの情熱を持ち合わせ、歌声にして伝えられる人だ。父親もジョニー・コープランドという有名なブルースマンらしい。これから、さらに素晴らしい歌い手になってくれるだろう。
Shemekia Copelandのオフィシャルサイト

さらに、もう一人、バディ・ガイ!(無知な自分を恥じます)この映画の中ではアコースティックで1曲、ジミヘンの曲を2曲("Red House"と"Voodoo Child")弾いている。あぁ、もう、たまりません!
ちょうど、"RED,WHITE&BLUES"の中でJEFF BECKも言ってます。「バディ・ガイに痺れた。」と。そして、なんとJEFFのギターの弾き方(左手全般)って、彼にそっくりではないか?!
元々、ジミヘンも彼の大ファンで、彼の演奏に体を揺らしながら釘付け状態のジミヘンが映像にも残されている。なんて偉大なギタリストなんだろう。そして、彼が"Voodoo Child"でアンジェリーク・キジョーの歌に音を絡ませてゆく様子を見て思った。JEFFも、こんな風に、もっと女性シンガーと演奏すればいいのでは?と。

このライヴのトリは、B.B.キングだ。なんだろう?この人は。声、ギターの音色ともに、まだまだ艶があり、若々しい。"Mr.BLUES"と言ってもいいんだろうな。この人の存在感こそが、ブルースが、色褪せるどころか、今、まさに、「確かな熱を持って」現代に響いていることを証明するようだ。

総勢50名を越える一流ミュージシャン達が集った、このライヴ。表に立つことがなかった人も大勢いる。その一人が、ドクター・ジョン。彼は、ずっとサポメンとしてピアノだけを弾いてた‥そんな、、贅沢で深く、熱〜い!ライヴの夜の記録だ。
映画のオフィシャルサイト


画像"RED,WHITE&BLUES"。こちらは、個人的にJEFF BECK 中心に見たので、感想は参考程度に…

ブルースと英国のミュージシャン達の関わり合い、音楽史を、クラプトン、ヴァン・モリソン、ジョージ・フェイム等のインタビュー、各種の映像等で辿る流れと、実際に部屋に集ったミュージシャン達が、数曲の演奏を行う迄の記録の流れを交差させて見せてゆく映画。インタビューは、知ってる人が聞くと、大変貴重で興味深いものなんだろうなぁと思いつつ、私は昔のミック・ジャガーのキュートな様や、CREAMの"CROSS ROAD"映像が見れて嬉しいなぁなどと、他愛の無いことに喜んでいた。

ただ、耳に残った幾つかの言葉を挙げてみたい。

ビートルズにはローリング・ストーンズよりもブルースがあった」
「ブルースは全ての音楽が持っているもの」
「ブルースは感覚、心
「ブルースは人間の真実
「ブルースは人生を歌うもの。(だから)なくならない」

そして、冒頭にも書いた、

「英国人が扉を叩き、黒人を暗闇から解いた」


JEFFは、映画の全般にわたり、トム・ジョーンズの隣で、昔のレコードを聴きながら、それを耳コピしながらギターに指をのせてゆく。画面に映っていないが、抑え切れないという風に大声で笑うJEFFの声なんかが面白い。もちろん、時々、素敵なプレイも聴かせてくれる。ギターを買ったばかりの頃は、お金がなくてギターの弦が2本しか付けられなかった。というのを聞いて、それは案外、今のJEFFを造ったかもしれないゾと思ったりしていた(笑)
そして、更には、JEFFの"You Had It Coming"のジャケ写は、単に、愛車いじりの様を表したものではなかったのかも?と思ったりしていたのだった。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
奇跡のJEFF BECK
  今ごろ、Jeff Beck に捕まってしまった。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/01/23 08:10
明日から旅にでますので…
1週間ほどここに来れないと思います。違和感のあるコメントは無視しておいて下さいませ。 さて「旅」で聴きたくなったのが Eric Clapton & B.B King 共演の【RIDING WITH THE KING】 ホント、このジャケ写の気持ち良さそうな様ときたら…『最高!』陽だまりと青空の似合う秋の一時を爽快に翔け抜ける「風を感じ」ます。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/10/15 13:50
Copeland - You Love to Sing
copeland の You Love to Sing のライブ映像 ...続きを見る
エモパンクストリート
2006/10/15 17:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
Cacaoさんおはようございます。J@Californiaです。

この映画、観れてません(泣)
DVDは真っ先に"RED,WHITE&BLUES"から在庫切れになっていた記憶があります。当時一生懸命netとかshopを徘徊した記憶があります。

Buddy Guyは、僕も大好きです。
彼は歳を取ってからも、全然playがaggressiveでinnovativeで、カッコ良いですよね。

Jeffは、90年代(だったかな?)ある女性ボーカリストのアルバムにギターで数曲参加しているアルバムがあり、それを持っていますが、帰宅しないとそのsingerの名前を失念してしまっております。今度思い出したらコメントしますね。ではまた。
JB
URL
2006/01/23 03:23
♪California dreaming〜
ってな感じの、どこまでも蒼い空で‥羨まし〜です!(ごめんなさい、ただ見してます。皆さん同様、更新のテンポに追いつけません…笑)

"LIGHTNING IN A BOTTLE"は、なんとか見た方がいいですよ〜(amazonでは購入可)
Buddy Guyは、派手な模様のギターも、"BG"とダイヤの埋め込まれた指輪も、み〜んな許せちゃうくらい、素敵でした!'91年には彼の作品でJEFFがプレイしてたりして…あぁ、(また)欲しくなって来ました(笑)

元ヤードバーズの人がプロデュースしたBeverley Cravenっていうキレイなお姉さんの'93年のアルバムかな〜?
 
Cacao
2006/01/23 22:57
ご無沙汰してました。
映像で見る御大はまたイメージが違って見えておもしろいですよね。
上記のモノは全く見た事ないです・・面白そうだな・・。
ルーツから逆に辿るというのもいいかもしれませんね。
いい記事ありがとう!
elmar35
URL
2006/01/23 23:22
>Beverley Cravenっていうキレイなお姉さんの'93年のアルバムかな〜?
そうそう、それです!
J
URL
2006/01/24 17:40
elmar35さん、Jさん、ど〜も!

少しはお役に立ったみたいで、よかったぁ。

Beverley Cravenさんって、写真によってはヘップバーンみたいなんですもの。
 
Cacao
2006/01/27 21:15
わお!Cacaoさん、またまたすばらしい文章ですね!
すっごく見たくなります。これぞレビューだぁ。
"LIGHTNING IN A BOTTLE"のほうは、まだ見てないんですよ。よだれが出そうに豪華なメンバーなので、いつか必ず見るつもりです。
Buddy Guy、良いですよねっ!
BB KingもBuddyも、あの若々しい見た目からは想像できないほどキャリアが長いのに驚きます。
"RED,WHITE&BLUES"、たのし〜、勉強になるし。ボックスセットで買うとついてくるおまけDVDがまた良いです。サントラもいいですよ。
meimei
URL
2006/01/27 22:03
ほとんどしゃべらずにニコニコしながらギター弾いてましたね!>ジェフ・ベック
かっこいい〜っす。
プラナリア
URL
2006/01/27 22:56
meimeiさん、プラナリアさん、コメントど〜も。

meimeiさんへ
ほめ過ぎ〜(笑)でも、「早く見なきゃ!」と思っていただけたなら、うれし。Buddy Guy with Jeff のCD届きました。いつ聴こう?(苦笑)やはり、BOXSET買ってましたかぁ。スゴイなぁ。おまけDVDには惹かれるけど、気力と財力が…(笑)

プラナリアさんへ
ご覧になってましたか。

>ほとんどしゃべらずにニコニコしながら
そうでしたねー(『もっと何か言って』と思いました…笑)
 
Cacao
2006/01/29 15:06
エモパンクストリートさん、TBど〜も!
と言いつつ…TBしていただいた繋がりが分かってません(^^ゞ
でも、ご紹介のcopelandというグループ…そのヴォーカリストの宙にふんわりと抜けるような声、素敵でした。野外で聴くのに相応しいですね。"You Love to Sing"の収まったCDのジャケットもとても良い感じ。
 
Cacao
2006/10/15 22:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
THE BLUES Movie Project から「奇跡の夜」と解放者達 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる