私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS CALM 【OrganLanguage】〜言葉ではない言葉〜

<<   作成日時 : 2006/09/24 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんな(↓)歌詞を思い出す夜には…


線をひかれた ここからキミ入れないと 笑われて
風が吹いた 埃で前は何も見えない
心は青く染まってゆく

〜「未成年」 word by Kohshi Inaba から〜


なんだか、空しさがどっと押し寄せてしまった昨夜、
何も考えず、ただ…胸にビートを取り込みたくて、CDトレイに乗せてみました。

画像


CALM自身が「リズムから音楽が始まることを伝えたかった」とコメントする1曲目は、地平線が180℃にひらく大草原の何処かから、誰かが何かを伝えるために、木でも打ち叩いているような、あるいは、今日の太陽の生まれる瞬間の神々しさを表すようなスケール感のあるオープニング。
その後を継ぐ曲には、(私は)ジャングルに降り注ぐ雨が、大木の上から次々と下の枝葉へ、そして段々と背丈の低い木々へ草花へ雨粒として潤いを与え、さらには地に溢れ、小さな流れから、寄せ集まりながら徐々に大河となってゆく様が、思い浮かびます。
画像

全体を通して、決しておとなしい環境音楽というわけではなく、けれど、激しいだけのビートではなく…ちょうど、人を内側から支える血流のように思えます。
だから、落ち着くというよりは、少し体の芯の方からあたたまる感じがするのです。

このアルバムについては、解説にとても的を得た文章が載っていましたのでご紹介します。
「音楽はそもそも言葉(歌詞)として伝え、感ずるものではなく、まず音、リズムありきのなかで感情を伝達していた古代の人類に思いをはせた彼が、現代のセンスでその<言葉ではない言葉>という世界を表現したもの、それこそがこの『OrganLanguage』そこには幾多のリズム・パターンが鮮やかに彩られ、様々な情景を浮かび上がらせていく。」


01. Viviparity around Fire
02. Talk without Lips
03. Organic Language Part 1 and Part 2
04. Respiration of the Forest
05. Song for too Young
06. Solitude and Wisdom
07. Ancient Gale
08. Colors
09. Kagura (re-erection)
10. Calm before CALM
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いい作品ですよね。ジャケットからもマッチしているし。
意外にシンプルな音がおおく、僕はとても好きです。
isao
2006/09/25 01:23
こちらまでコメントありがとうございます。isaoさんのprofileを見たこともあって、半年ぶりくらいに聴きました。

>意外にシンプルな音がおおく

なるほど、そうかもしれませんね。音楽を創作する側の方からの発言には(私とは違う)重みを感じます。
 
Cacao
2006/09/26 20:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CALM 【OrganLanguage】〜言葉ではない言葉〜 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる