私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 硫黄島からの手紙 〜日本から見た硫黄島〜

<<   作成日時 : 2006/12/16 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

アメリカ編(「父親たちの星条旗」)の方が「戦争映画」という面が強いかも…と、見終えて、思う。そして、日本編の「手紙」という単語は、ある意味で邪魔だと思う。想像力を限定するから…
戦争が、「生活の延長線上にある様」や、生くるべく行動するはずの人が殺し合う戦場は、特別のようでいて、本当は「極度に圧縮された社会」そのものだと、じわじわ伝わるような映画であるが…本質は「生きる」「生き続ける」こと、また、「人として在る」ことを、カメラはじっと捉えている。
そういう意味では、主演は渡辺謙演じる栗林中将ではなく、二宮和也演じる一介の兵士、西郷であり、伊原剛志や中村獅童演じる彼らの上官達のそれぞれの役割は重要だ。

画像


私の予想に反して、悲惨で凄惨な「戦」より「心」を大切に扱ったヒューマン映画であり、しかも、この映画の公開日に、もう一つの硫黄島として放送されたTVドラマ「戦場の郵便配達」で、(栗林中将を支えた)市丸少将の部隊の苦闘を描いたものより坦々としている。あのドラマの方が「手紙」というイメージがピッタリはまるし、実は、私はずっと、それを見ていて涙を止めることができなかった。
比較するなら、本作において、私は涙を流すことはなかった。(堪えたシーンはあったけれど)

しかし、やはり、日本、あるいは、時代という枠を越えて、多くの人の心に訴える底力を持つのは本作に違いない。もちろん、作品の持つメッセージも異なるけれど…感情以上に、思考に語り掛ける作品だ。

アメリカ編との関連性は無視できる範囲だし、それよりも、現代に重ね易いと思う。
ぜひ、できるだけ大勢の人が見て、「生きる」という事について、自分の中で掘り下げる時間を持ってほしい気がする。

きっと、それが硫黄島からの手紙(伝言)なのだと思う。

少なくとも、映画の中に織り込まれた貴重な言葉たちに、心を留めてほしい。
個人的には伊原剛志演じるバロン西が言う「自分が正しいと思う道、それが正義」という言葉には胸を打たれた。あるいは「家族のために戦うことを誓ったのに、今、その家族を思って、死をためらう」という栗林中将のシーンに…


(余談)
今回のキャスティングは実に良くはまった感あり。特に、二宮和也は「青の炎」で見せてくれた青さをどこかに残しつつ、大きく成長しているし、伊原剛志は舞台などでも見せる内から匂う洒落た雰囲気をこの映画の中でも自然に魅せてくれる。


* - * - *

話が映画とずれてしまうけれど、前述したドラマ「戦場の郵便配達」の中で市丸少将が、最後にアメリカのルーズベルトへの書をしたためるシーンがあり…それは実際、現在もアメリカに保存されているらしい。
今回、市丸少将について少し検索したら、その全文を公開しているブログがヒットしたので、ここに→リンクしたい。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
父親たちの星条旗 〜アメリカから見た硫黄島〜
クリント・イーストウッド監督が伝える硫黄島の戦いの二部作のアメリカ編。 巨額の資金を投じる殺し合いの悲惨さ、愚かさに、あらためて辛さと、憤りが湧くのを感じた。そして、それ以上に強く「カルチャー・ショック」に襲われた。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2006/12/16 23:32
「硫黄島からの手紙」 (米、2006年)
  【「硫黄島からの手紙」公式サイト】 (C)2006WarnerBros.EntertainmentInc.andDreamWorksLLC ...続きを見る
無節操ニンゲンのきまま生活
2006/12/17 01:43
硫黄島からの手紙を見て
オタクの友人であるF君と一緒に三宮の松竹で「硫黄島からの手紙」を見てきました。映画館は満席。しかも年齢層も幅広い!男たちの大和の時は中学生くらいの子は同時上映のハリーポッターに吸い込まれていったが、今回ばかりは文字通り老若男女でシートは埋め尽くされていまし... ...続きを見る
腹ペコ山男の食い倒れBlog
2006/12/17 17:21
硫黄島からの手紙
【2006年12月9日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T−JOY東広島】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ ...続きを見る
琴線〜心のメロディ
2006/12/18 19:42
映画DVD「硫黄島からの手紙」
2006年アメリカ 見ておもしろい。と言う作品ではないのでしょう。 戦争の悲惨さ、滑稽さ、無意味さが伝わってきます。 こんな闘いがあった事は知りませんでした。 ...続きを見る
映画DVDがそこにある。
2007/11/24 16:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBさせていただきました。(事後ですが)思考に語り掛ける作品という表現はすばらしいですね。「戦争は悲惨やー」というありきたりの言葉でまとめるのではなく、自分の頭でその先を考えるきっかけになる映画ですよね。手紙というよりは伝言、メッセージのほうがニュアンスとしてはご指摘のように正しいかも。
腹ペコ
URL
2006/12/17 23:03
はじめまして、腹ペコさん。

>自分の頭でその先を考えるきっかけになる映画ですよね。

本当にそうだと思います。
そして、西郷が常に平常心を失わずにいる姿が、私達が深く静かに作品に向き合うことを可能としてくれていたような気がします。
そういう演出もされていたのかな?と。そういう意味では、「星条旗」の方も…
 
Cacao
2006/12/19 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
硫黄島からの手紙 〜日本から見た硫黄島〜 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる