私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS drummer”高橋幸宏”in Sadistic Mikaela Band 2007

<<   作成日時 : 2007/03/10 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 17

― カンパーイSMB!という夜 ―
"caution!"この記事はサディスティック・ミカ・バンド最後のLiveが源ですが、ほぼ高橋幸宏さんへの♪Love sensation(from "Still Walking To The Beat")になってしまってます(苦笑)

                      (記念すべき夜、ホテルで心ばかりの祝杯)

画像少し、Liveに参加された皆さんの感想をネット検索してみましたが、見逃した舞台演出が結構あって、ちょっと反省モード。3Fということもあり、レンズ越しに幸宏さんしか見てなかった時間がかなりの部分を占めたので…当然ですねぇ。
しかし、後悔はしてません。ドラマー魂で叩き切る幸宏さんのお姿をず〜っと見ている幸福感に浸りきっておりました。
幸い、Live(全体)の映像は、決定してた映画化、あるいは、WOWOW独占O.A(5/3)らしいので、そちらでcheck!(嬉)


目から入ったものから書くと、まず、ファッションから。
幸宏さんはグレーのソフトベレー帽と紺色っぽいダブルのブレザーwith金か銀ボタン(肩にも)パンツは白くタイトなものでしたが、生地はわからず。シューズも白かったですが、ナイキのように見えました。全体的に体の動かし易いものだったでしょうが、カチっとしていて、とても『かっこいい〜!』という印象。
カエラちゃんは舞台には数回出入りを繰り返したので、毎回お色直しで、演奏曲にも見合った衣装で登場。とにかく何着てもキュート!幸宏さんより数m前にいるのに、彼の顔よりずっと小さく見えましたし…。最初の衣装が、銀ラメでカットーソタイプのミニワンピだったのですが、ストッキングの黒に、ピカピカの銀のヒールが映えて、ちょっと大人っぽいカエラ嬢も見えてよかったです。
しかし、この夜、一番インパクトがあったのは、加藤和彦さんでした。もうすぐ60歳とは思えないスリムなロッカーファッション!全体黒で、胸のところはメッシュで軽く、腰からウォレットチェーン(かな?)がキラキラしてました。『いや〜、さすが!』

room66+「黒船」の予習は必須との情報でしたので、ミカ・バンドはベストしか持たない私はiTSも使って、「黒船」の収録曲をかき集め、聴いてました。そして、段々と、Sさんも気にしてた『幸宏さん大丈夫?(こんなの全部叩くの?)』という気持ちが募ってました。
それは、過去のミカ・バンドの楽曲では、ドラマーに充てられた役割がとても多く、レンジの広いドラミングが要求されるという事に気付いたから。今なら「パーカッション」という役割分担に回るところも全て。しかも、ハードなビート、音色も必要。例えばYMOだと、主に真ん中で的確なリズムと安定した音を供給する割合が高かったのとは対照的。
これについてはLive中に加藤さんも「昔に曲の方が大変らしい」のようなMCもありました。

そうは言っても、聴くにつれ…その「黒船」の中から、『このドラムは聴きたい!』と魅せられた、「黒船(嘉永六年六月二日)」、「颱風歌」、「四季頌歌」、「どんたく」全て、聴けました。特に六月二日は個人的に聴きたかったので、嬉しかったのでした。
力強く、緩急のある叩きっぷり。伝説のドラマー(<ちょっと大袈裟)高橋幸宏を、時を遡って見せてもらったようで…感涙!
特に幸宏さんのリクエストによって選曲された(加藤談)「四季頌歌」のドラミングには、演奏者として意識の高さを感じました。ある意味、今夜の幸宏さんは、村上”ポンタ”秀一さん的。

もちろんセットリストにも幸宏さん向けの工夫があって、力や細やかさが必要な楽曲は前半に、途中にカエラ嬢とハモる2曲では、脇に置かれたキーボード演奏で中休みして、後半は、センター中心に一定のリズムで叩ける楽曲が多くなっていたように思います。気のせいか、後半に入って、太鼓の音色を変えているのかな?という風にも思いました。(腕の振りと音の重さがアンバランスに聞こえたので)
たぶん、観客の声援も一番たくさんもらっていた幸宏さんとしては、頑張り甲斐と重圧の両方を抱えたLiveだったに違いありません。

途中で体の火照りからジャケット脱ぐ様子とか、アンコールで半袖の特性Tシャツ着た時にのぞいた二の腕の(意外な)筋肉の盛り上がりとか、それは今まで、私の知りえなかったドラマーとしての姿でしたし、
アンコールまで来ると、さすがにお顔の表情が厳しいなぁという感じになってきて、コーラスの時なんて、非常に歌に集中するなか、腕は無意識に叩いているという風でした。それでも、番組収録の都合上、同じ曲を再度演奏する事になっても、いたってポーカーフェイスで黙々と叩いてました。
黙々と言えば、この日は加藤さんと小原さんがMC担当という事らしく、幸宏さんも必要な時以外は話さず、オーケストラの皆さんが足音や弓を軽く打って反応するように、スティックを鳴らして自然に合いの手を入れたりするのも新鮮でした。


さて、ちょっとだけ話を変えて、「見逃した」と前述した舞台演出の話に触れると、カエラ嬢の最初の登場は、"Narkissos"のジャケ写のような美しい蓮の花に乗って降りてくるという素敵なものでしたが、これについては、「怖くなかった?」とのやり取りから、他のメンバーの誰かが罰ゲームで乗るか?というMCにも繋がってました。
幸宏×カエラの2曲の時には、バックスクリーンに映像が流れるという、お馴染みの演出、高中さんがメインのところでは、豪華なシャンデリアが中空に現れて雰囲気を出してました。

そしてサプライズゲストは、なんと奥田民生さんでした!冷静に考えれば、想定できる人選でしたが…(笑)カエラ嬢はずっと、緊張が解けなかったように感じられたので、民生さんが来てくれて、とてもホッとしたのではないでしょうか?
生で聴いたことはないですが、各種Live映像などで、彼のギターは好きなので『得したなぁ』と思いました。あと、ギターという事で言うと、サポートメンバーとして山弦佐橋さんが参加してくれていたわけですが、もうお一方、小倉さんの演奏は聴いたことがあったものの、佐橋さんは初めてだったので、それもラッキーでした。

そして、この日、あらためて『良いな』と思ったのが、高中さんの"Narkissos"でしたね。この曲は、アルバムの中で最初に録音されたもので、その出来の良さにメンバー全員が自信を持って制作に臨めたということでしたが、本当に、とても心地よく和んでしまって、まどろみかけそうになりました。Jeff Beckファンの私としては、同じギタリストの枠で考えてしまうと高中さんへの注目度は高くはないのですが、いいグルーヴ出てました。ただ、私の席では、音が平たくベタッと聞こえた気がしたので、そこは少し残念でした。

ところで1Fの盛り上がりはどんな程度だったんでしょうねぇ?映画やWOWOWのカメラ撮りしてるのは加藤さんからアナウンスされてるんですから、がんばってくれたと思いますが…3Fはお約束のように座って観賞なので、私は通常参加するLiveより疲れました(苦笑)。結構、スタンディングになってしまうものが多いので、自然に体を揺らしながら楽しむのが好きなのですが、それができないとなると、きちんと腕を上げて手拍子を送るぐらいしかステージにお返しはできないですから…
でも、2度目のアンコールは、メンバーを迎える時から立ってしまいましたけど(笑)もう、演奏曲はわかってるし、ちょうど隣のお兄さんもノリノリで我慢してたみたいで、偶然に二人一緒に(苦笑)


ハイ、そろっと書けることも無くなって来ました。(苦笑)
とにかく、ドラマー、高橋幸宏堪能させてもらえたことによって、さらに彼の人間性の一部が見えた気がして、尊敬の念も増し、さらに好きになってしまったことは言うまでもなく…加藤和彦さん、小原礼さん、高中正義さん、皆さん、本当に素敵で頼もしいおじさま達で、良いアーティスト人生を生きておられるなぁと感心しながら、心に勇気を送り込まれたようでした。
そして、木村カエラさん!貴女の存在なくしては、決して在り得なかった再演(再縁)でした。清々しくキュートな歌をありがとう!

最後に、メンバー、サポートミュージシャンの方々、このLiveに関わってくれた全ての関係者の皆さん、素晴らしい一夜限りのLive、心から感謝します。
みなさんのこれからにも、たくさんの光がありますように…乾杯!


PS.5/23にはLiveの2枚組みCD"Live in Tokyo"も出るそうです!乞うご期待!


* - * - *

お世話になってるYT派さんのサイトからセットリスト情報です↓

― "Sadistic Mikaela Band" live 2007.3.8 NHKホール ―

01 墨絵の国へ(イントロ)
02 黒船(嘉永六年六月二日)
03 黒船(嘉永六年六月三日)
04 黒船(嘉永六年六月四日)
05 颱風歌
06 どんたく
07 四季頌歌
08 Big-Bang, Bang(愛的相対性理論)
09 Tumbleweed
10 Last Season
11 Sockernos
12 King Fall
13 In Deep Hurt
14 Narkissos
15 ブギメドレー(サイクリング・ブギ〜ピクニック・ブギ〜ダンス・ハ・スンダ)
16 Sadistic Twist
17 アリエヌ共和国
18 塀までひとっとび
-- encore --
19 Low Life And High Heels
20 King Fall(ハードディスクのトラブルにより再録音のため再演奏)
-- encore --
21 タイムマシンにおねがい
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高橋幸宏 〜 私の音楽の源
  【ぼくはね カッコイイということを基準にした 物事のとらえ方に興味がある】… 幸宏さんのインタビュー(たぶん'80年代半ば)から とても、幸宏さんらしい言葉に感じて、折に触れて思い出す。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/03/10 20:53
【NARKISSOS】カエラ嬢、「天晴」!however
Narkissos(ナルシストの元祖、ギリシャ神話に登場する青年ナルシス)を名にとった再々サディスティック・ミカ・バンドのアルバム。 どうやら、世間的にはそれなりに受け入れられた気配が漂う。けれど、私には『(結成の背景を無視して)期待した方向が違ったかも』という想いが強い。 木村カエラという素晴らしい逸材に、初期のミカ・バンドが体験できるような夢を見ていたのかな〜 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/03/10 23:26
Review というより Impression
Liveを収録したCDということもあり、いつもの調子で、どーのこーのと言うのには、(より)ソグワナイ気がします。 ★Jeff Beck【Official Bootleg USA '06】  そして、 ★サディスティック・ミカ・バンド【Live In Tokyo】  どちらも良作です。 ...続きを見る
私を生かすRipple
2007/06/04 22:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
あ〜。行かれたんですね。
民生さんが来たってことはリハの方ですか?
なんか本番ではカエラちゃんがアンコールの「タイムマシンに〜」でトチッちゃったっていうのが話題になってましたね
TOKIOで遊ぶ
URL
2007/03/10 22:39
民生さん、リハも参加されたようですが、もちろん本番に来てくれましたよ!

>「タイムマシンに〜」でトチッちゃった

らしいですね。私は、ひたすら楽しんでいたので、気付きもしませんでした(苦笑)
「Live=生もの」ですから、そういうハプニングも(個人的には)いいと思いますが、ね。
 
Cacao
2007/03/10 23:33
おおーーついに、、おめでとうございます。
個人的に中学生のとき、高中さんの大ファンでもあり、(そのときは幸宏さんはニウロマンティックのころ)
高中さんもみたかったです。
アルバムタイトル曲もとても優秀だし。

ドラム魂。
ぼくもドラムを叩くのが好きなのでみたかった!
あとは映画。(DVDなのかな??)
絶対みます。
isao
2007/03/11 00:21
こんにちは。
ミカバンド“公開リハ担当”川島です。

事前の「本番チケット」入手のアドバイスや、
ミカバンドネタに関わらずコメントも
たびたびくださって、ありがとうございます。
(即リアクションできず申し訳ありません。)

公開リハの興奮のまま、
Cacaoさんの「本番」レポートブログも
興味深く読ませていただきました。
公開リハは(リハーサルとは言葉だけで)
演奏は完全コンサートでしたが、衣装はラフ。
そこは「本番」の意気込みでしたね!

あまりに素晴らしい演奏を堪能したので、
きょうになっても
「既存のCDをかけるともったいない」と、
(聴きたいんだけど)記憶のみに生きる私!
「ライブ盤」発売までは続くかも、です。
川島孝之(表参道の小さな広告屋から)
URL
2007/03/11 01:57
初めまして!
コメントありがとうございました。
川島氏と公開リハに行ったものです。
レポ読ませて頂きました。めちゃ詳しい!素晴らしいです。
川島氏と同様、ユキヒロファンでおられるようですね。
詳細に衣装まで!ここまで衣装に拘るは女性の方ですよね?
違ってたらすいません。リハでは、カエラさんのお召し替えはなかったです。
ずっと、目の覚めるようなブルーグリーンの繋ぎ?でした。

3階席はずっと座っての観賞とはお気の毒でした。
お尻がむずむずされたのではないでしょうか?
リハの時は、2階、3階どの程度盛り上がったか、はっきりしませんが、
1階はガンガンスタンディングで、盛り上がりました。
姐さん
URL
2007/03/11 05:18
続きです。
実は、リハの時は、2階席に空席がありました。
3階の記憶はありませjん。
空席があったのは意外でした。
ステージまん前、ど真ん中ゴールデンゾーンは、
撮影のためにあえて空席にはしたと思われます。
公開リハですが、ギリギリまでカエラさんの
都合が付かなかったから、リハとなったらしく、
本来は追加公演だったらしいです。
カエラさん、花添えてましたよね〜。
川島氏はカエラさんなしの公開リハに
喜んで飛びつきましたが、
私はいないは残念だったので、
参加してくれて良かったです。
民生くんの参加もサプライズでした。
つい先日の「僕らの音楽」、
陽水&民生がゲストでしたが、
小原さん、ノリノリでベース弾かれてました。
ライブ版CDは2枚組みですか。
発売が楽しみです。
5月には映画も公開予定と聞いてます。
これも楽しみです。

つらつら書いていたら、
えっらい長くなってしまいました。
ごめんなさ〜い!
姐さん
2007/03/11 05:20
ドラマー幸宏を久しぶりに見たかったですね。YMO再生ライブ以降は一回もないですから・・。久しぶりのソロコンサートはノードラムでしたから。

サディスティックミカバンドを生で見られる機会はもうないかもしれませんね。ちょっと寂しい。DVDを楽しみにしています。

ところで、HASのチケット買ったんですよ。値段も安かったせいもあって、勢いで。土曜日なので行けないよなと思いつつも・・。
joyuki
URL
2007/03/11 11:33
臨場感たっぷりのレポ、ありがとうございます♪
素晴らしいコンサートだったようで、遅ればせながら、私もカンパーイ!ライブCDの発売を楽しみにしたいと思います。
skysong
2007/03/11 15:48
幸宏師匠の生ドラム、堪能されたようで良かったですね(羨望の眼差)
「幸宏さん、大丈夫?」なんて・・・失礼な発言でしたね(^^)完璧な師匠のお姿、やっぱり見たかった!!
HASの先行分も見事にハズレて、一般で買おうかどうか、又悩むオイラでした・・・。
詳しいレポ、ホントにありがとうございました!!
shuuma
URL
2007/03/11 18:39
みなさんコメントど〜も(なんか恥ずかしー)

☆isaoさんへ

「ついに!」です〜
高中さん、寡黙でしたわ。

>あとは映画。(DVDなのかな??)絶対みます。

今のところDVD化の予定はないので、まずは映画ですね!「ドラマー魂」見てやって下さい!
春に「渋谷シネ・ラ・セット」で公開予定らしいですが(←アバウト過ぎる)見たいな〜、見れるのかな〜?


☆“公開リハ担当”川島さんへ

>あまりに素晴らしい演奏を堪能したので、きょうになっても「既存のCDをかけるともったいない」

素晴らしい!
私なんて『恋しくて…(笑』その日の深夜からガンガン聴いてました。翌日、仕事に戻る電車の中でもひたすら聴きまくり、終着駅が近くなった頃ふとBMBに変えて"Still Walking to the beat"を聴いていたら♪love sensation って幸宏さんのコーラスがガツンと心に響いて来てしまった。それを、この記事の冒頭の表現に使ってます。

>公開リハは(リハーサルとは言葉だけで)

だったらしいですね。MCなんて、本番より面白そうでした。
Cacao
2007/03/11 19:50
 
☆姐さんさんへ

こちらまでお越し下さりありがとうございます。

>レポ読ませて頂きました。めちゃ詳しい!素晴らしいです。

そのまま、お返しいたします!
姐さんさんのレポ、興味深く楽しませていただきました!

>3階席はずっと座っての観賞とはお気の毒でした。お尻がむずむずされたのではないでしょうか?

そうなんですよ〜(わかっていただけて嬉し)
3Fでもポツポツとブギシリーズなんかは立って踊ってる方もいらっしゃいましたが、私はそこまで曲を知ってるわけでもなくて…
でも"Sadistic Twist"を奥田民生を前にして座って見てる自分ってのは哀しかったですね(;_;

>カエラさんの都合が付かなかったから、リハとなったらしく、本来は追加公演だったらしいです。

なるほどね。リハでも回したカメラの映像は残っているのでしょうから、本番のカエラちゃんのかわいいミスも、なんとか目立たなく処理できたら良いなぁ。

>ごめんなさ〜い!

いえいえ、ありがとうございました!
Cacao
2007/03/11 19:52

☆joyukiさんへ

>ドラマー幸宏を久しぶりに見たかったですね。

当然、そうですよね。

>ちょっと寂しい。DVDを楽しみにしています。

私も映画は見れるかどうかわかりませんが、そのDVDの発売は疑ってません。楽しみです。

>HASのチケット買ったんですよ。

うわっ。ご購入ですかー?(羨ましー)
私は先行で2連ちゃん×で、厳しさをひしひしと感じております。まだ、諦めたくはありません!が…


☆skysongさんへ

ど〜も、いらっしゃいませ〜。

>臨場感たっぷりのレポ

(苦笑)笑うしかありません。こんなマニアックな内容になってしまって…

>素晴らしいコンサートだったようで、遅ればせながら、私もカンパーイ!ライブCDの発売を楽しみにしたいと思います。

ほんと、良かったので…それこそ、臨場感のあるCDが届くのを待ちたいです!
Cacao
2007/03/11 19:53

☆shuumaさんへ

>幸宏師匠の生ドラム、堪能されたようで良かったですね(羨望の眼差)

受け留めます。キリキリと…(笑

>「幸宏さん、大丈夫?」なんて・・・失礼な発言でしたね(^^)

記事にも書きましたが、私も予習の段階でshuumaさんのお気持ちに同調できましたから、私も謝らなきゃ!

>完璧な師匠のお姿、やっぱり見たかった!!

つまり、そう。完璧を目指そうとする人なんですねぇ(惚)

>HASの先行分も見事にハズレて、一般で買おうかどうか、又悩むオイラでした

ですよね〜。でも、もっと厳しいのでしょうね?
 
Cacao
2007/03/11 19:55
わたしのブログのつたないレポートにコメントくださってありがとうございます。
その上、公開リハのことが載っているブログまで教えてくださってありがとうございました。当日は本番さながらだったとは…!2日とも行けば良かった!とちょっと後悔です。
ちなみに私は当日1階席でしたが、立ち上がるタイミングは結構遅かったですよ。年齢層が高いから仕方ないのかな〜と思いましたが。
HASのチケットをゲットできたので、今から楽しみにしてます。が、ドラムセットは無いだろうなと思うとちょっと淋しいですね。
カエルちん
URL
2007/03/13 00:22
カエルちんさん、コメントど〜もです。

>ちなみに私は当日1階席でしたが、立ち上がるタイミングは結構遅かったですよ。

そうですかぁ、やっぱり(苦笑)

>HASのチケットをゲットできたので、今から楽しみにしてます。が、ドラムセットは無いだろうなと思うとちょっと淋しいですね。

無事にゲットおめでとうございまーす!行って観て、またレポして下さいませね。
ドラムセット…ミカ・バンドで気を良くされて、数曲くらい叩いてくれるかも?(^^)
 
Cacao
2007/03/14 23:12
ドラマー・ユキヒロ、とくとご堪能あれ。
(ご存知かな?)
http://www.youtube.com/watch?v=WiDCRJPseoA
エイプリル・ギーガ・フール。
2007/04/01 00:45
♪In an April dream 〜
ですね。

この矢沢さんのステージは、確かビデオにも取った気がしますが…この頃は、「ドラマー・ユキヒロ」に感心が薄くて(苦笑)保存してありません。
今、見ると、いいですねぇ〜(やっぱり若い分、勢いがあります)

目の保養、心の栄養、ありがとうございました♪
 
Cacao
2007/04/01 18:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
drummer”高橋幸宏”in Sadistic Mikaela Band 2007 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる