私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS Fairlife 【パンと羊とラブレター】

<<   作成日時 : 2007/03/17 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「あっ、おまえは、山崎まさよし(ファン)だったか…(^^;」と言って差し出してくれたのは、「パンと羊とラブレター」というタイトルのCD。どうやら、私を奥田民生ファンだと勘違いしたらしい。
浜田省吾さんのプロジェクト Fairlife の2ndということで、曽我部恵一、奥田民生、ゴスペラーズ等々の歌い手たちが参加しているが、私が聴き惚れてしまったのが、Chie という名の女性シンガー。濃密な柔らかさで体を通り抜ける。また、見つけちゃった?

このCDをコピーして渡してくれたのは、会社のある部の長で、奥さんと共に浜田省吾さんの大ファン。昨年は火が付いたように、浜田さんのライヴを梯子したらしい。
私は(スミマセンが)浜田さんにはまるで興味はなく…でも、「(歌は)生で聴かなきゃ!」と、その人を駆り立てた張本人だと思っている(苦笑)
―mixiユーザーの方へは、よろしければ、こちら→ で小話(「音楽雑談」)も(^^ゞ―

そんな多少の縁で、たま〜に、ほとんど合わない互いの好み(笑)のCDを、やり取りし(←押し付けて)たりするのだが、今回は「当たり!」
まぁ、最初は、プロジェクト的なCDだとも知らず、誰が歌っているかも分からず、『これって浜田さんの声?』とか思って聴いていたのだけれど、4曲目で目が覚めた。


それが、Chie さんの声。
彼女の歌う"I Love you..."は、このアルバムの中でも、まるでリストの旋律のような美しく優しいピアノに縁取られ、ギターのシンプルなアルペジオに支えられた、一番静かで、懐かしい…風のささやきを感じるような楽曲なのだが、
その中心に彼女の声がまあるく在って、発光するように響いて来るのだ。

どうやら、彼女は、ボサ・ノヴァな人らしい。
2004年"Sabia"というアルバムでデビュー。その年にTV「ブロードキャスター」のエンディングテーマに、彼女の歌う"On The Street Where You Live"が使われたらしい。
2005年9月から1年は、音楽行脚修行としてブラジルやヨーロッパを旅していたという…日本って狭いけれど、まだまだ、知らない才能が、とくとくと湧き、あふれ続けているのだなぁ。
それに、畠山美由紀さんもそうだけれど、ラテン系の音楽と出逢った日本の歌姫たちの声には、なにか独特のふくらみを感じる気がする。


このCDは全楽曲、作詞:春嵐作曲:浜田省吾編曲:水谷公生 というトリオで作り、それを10組のシンガー達が歌い上げるという作品集。
Chieさんの他にも、『やっぱりいいなぁ』と思ったのが、ポルノグラフィティのヴォーカル、岡野昭仁の歌う2曲。森広隆という人もちょっと止戈男チックな声でいい感じ。
もちろん、トリで歌ってる浜田省吾さんも、少しだけ跳ねのあるAORっぽいリズムに乗って、私の知らない一面を見せてくれていてGood!

なかなか素敵なプロジェクトです。
試聴やインタビュー →


  ◇


〜Fairlife 「パンと羊とラブレター」〜


01.風のスカート feat.曽我部恵一

02.鳥のように消えた日 feat. 奥田民生

03.淋時雨 feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ

04.I love you... feat. chie

05.二番目に好きな人 feat. 我那覇 美奈

06.うつぼかずら feat. ゴスペラーズ

07.woman feat. 古内東子

08.rock'n roll farmer feat. 森 広隆

09.七面鳥のうた♪ feat. NUU

10.モンスター feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ

11.詩人 feat. 我那覇 美奈

12.ソウルメイト feat. 浜田省吾
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Fairlife 【パンと羊とラブレター】 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる