私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀田家の縛り

<<   作成日時 : 2007/10/12 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

亀田大毅が、「負けたら切腹」と記者会見で宣言したと知り、その浅はかさに呆れた。
今まで、亀田家の面々が口にした中でも最悪だと思われた。
文字通りの行動が取れるはずのないことを考えれば、意味のない薄っぺらな狂言であって、
その上、「命」を軽々しく扱うことで、色々な人達を傷付けたに違いない。
結果、醜悪な所業の末、素人でも判定可能な見事な完敗。
「命かけてる」と重ねて言った程なら、切腹したらできない「ボクシング」は、本来辞めるべきなんじゃない?
元々興味が薄かったのを亀田家というタガにはめられて来たのであれば、好機かもしれない。

そして、亀田家の父。つまるところアナタが昨夜の結果を招いたに違いない。
今まで子供達が父親をかばうのは、愛らしく憎めないことだと思ってきた。
けれど、世界の王座に座らせようとする子供達であればこそ、あまりに良識から逸脱したら諌めるのが父親だろう。
それを一緒になって騒いだ挙句、大毅のボクサーの道を大きく歪めた。
「大毅は一からの出直し」という言葉は、人ごとでなく、父親であるアナタにも当てはまるはず。

昨夜、内藤を応援したとは言え、例えば私のように、亀田興毅の将来に期待している者だって少なくないはずなのだ。
それを分ってほしい。「盲信的なファン」と「敵」を増やすことに、どれほどの意味があるのだろうか?
TV局関係者もそうだ。
昨夜は内藤大助の初防衛戦(それも最年長記録とか)だったはず。なのに、コメントする内容は亀田大毅を気遣うものばかりだ。
裏でどんな¥が動いているのかと疑いたくなる。
みんなで「亀田祭」を楽しみたいだけなんだろうか?
もうちょっと素直に、亀田家の才能を観戦できるようにしてほしい。

それにしても、昨夜の内藤氏のファイトは素晴らしかった。もはや負けは無いだろうという後半のラウンドも終始手を抜かずに闘っていた。
あれこそが、真のファイティング・スピリットってものなんだろう。

---
追記: 
 ニュースでも話題になっていた、なべやかんさんブログ試合観戦記事。濃い内容。
 TVではわからなかったことも色々と…
 本日下された処分。重いのか軽いのかは正直わからないけれど、
 三兄弟の今後の生き方に良い影響を与えることを願うばかり。

---
追記: 2007/10/26
 興毅くん、きっちりケジメつけましたね。感心しました。
 亀田三兄弟、これから・・ですね。みんな、ガンバレ!
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
内藤大助−亀田大毅戦 生中継のTBSに電話殺到
内藤大助(33=宮田)−亀田大毅(18=協栄)の試合を生中継したTBSは大毅が表彰式の最中に無言で引き揚げる様子と、内藤の勝利者インタビューまで放送した。終了後、同局には視聴者から電話が相次いだ。⇒ranking ...続きを見る
ニュースを毎日記録する
2007/10/12 23:57
亀田史郎氏は辞任。兄興毅は3カ月の試合自粛!!
    世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅選手(18)らがライセンス停止処分を受けた問題で、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は26日、契約関係にあった父で元トレーナーの史郎氏(42)から辞任の申し出があり、... ...続きを見る
私のお得な暮し生活
2007/10/26 13:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
亀田家の縛り 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる