私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 山崎まさよし全詞集 〜僕はここにいる〜

<<   作成日時 : 2007/12/18 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像この本の巻末に添えられた何頁かの最近の彼の文章を読み、yamaではなく山崎さんと呼ばなきゃいけない気がしてます。
CD以外でも7,8冊は購入してきた楽譜もあり、この上「歌詞」を買うのは『贅沢?』という思いもありましたが、山崎ファンなら感じ入ること、あると思います。
「図書館選定図書」にもなったので、図書館で探すのも手ですよね。
もちろん、山崎さん曰く「〜つまり、僕の中での”歌詞”は本来縦書きであるということです」という別空間に滑りこめるのもよいのですが、巻末の言葉から少し拝借してみます。ちなみにカバーアルバム完成直後のようです。


☆「9つのキーワード」とあるうちの「嘘」から抜粋

基本的に僕、嘘つきが大嫌いなんですよ。(〜略〜)いい嘘、悪い嘘って言いますけど、嘘は悪いと思うんですよ。つき通すことができないもの、非常にやりづらいものの例えとして使っていると思います。


☆「33のイメージ」とあるうちから…

「ドミノ」
。小さなドミノが重なっていき、そのうちに何倍もあるドミノを倒しちゃう。小さな物事でも、最終的に大きなものになっちゃうという例え的なところです。

「奇跡」
奇跡というのは、もう起こらないものとして書いています。

「君」
”相手”はみんなそうですね。「あなた」だとちょっと年上になっちゃう。フェアにしようとしてるのかもしれません。



どうです?
私は「どきっ!」「ズキッ!」…みたいな感じです。
メロディに乗せて気持ちよく、あるいは、頭の中に浮かんでくる自分の狭いイメージの中だけで消化してしまっていた「言葉」の一つ一つに込められていた‥
もっと慎重な伝言。この本を読みながら、見つめ直している最中です。
帯に書かれたコピー、「山崎まさよしの最初の”1ダース”を読む」。(←つまり12年分の全作品)そういう意味でも、なかなか上手いです。
そうそう、この本の中には不思議と「山崎将義」という明記が無いんですよ。どういう心持なんでしょうかね?

それから、この本によると、ギターの弾語りをするようになってから「長渕剛さんやさだまさしさんのコピーをしていました」とあります。『そうなのー!?』長渕さんの名前は記憶があるのですが、さださんも?
個人的には、私がギターを弾き始めたきっかけはさださんなので、ここ数年の二人の繋がりには内心嬉しいものがあったのですが、あらためて御縁を感じます。(なんて言っても「まさし」と「まさよし」ですから最初から紛らわしいものがあったのですよね…笑)
そして、"One more〜"の畳み掛ける感じって、前から『「順子」みたいだな』と思っていたもので(苦笑)、なんか納得。


この本の情報はこちら
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな大事なものを買わずになるものか・!!とすぐに注文しました「歌詞は縦書き」なのも、昨今のケータイ小説が横書を意識してのことでしょうかね?なるほど・右から左へ受け流すのが
縦書きの基本です。

2007/12/19 16:53
私もさっそく買います!「嘘」は私も大嫌い。だから「ドミノ」が好きなのか?山崎さんの詞に対する思いを是非知りたい!
Hitomi
2007/12/19 22:21
☆Mさんへ

>こんな大事なものを買わずになるものか・!!

で、しょー(笑)届きましたか?読まれましたか?

>「歌詞は縦書き」なのも、昨今のケータイ小説が横書を意識してのことでしょうかね?

本を読まれるとわかると思いますが、その言葉の意味と、彼が作詞に費やしている自然な作業…ちょっと、いい話ですよね。


☆Hitomiさんへ

>!「嘘」は私も大嫌い。だから「ドミノ」が好きなのか?

なるほど…(^^)

>山崎さんの詞に対する思いを是非知りたい!

この本をちゃんと読んでから、今回のライヴに参加すればよかったです(苦笑)


 
Cacao
2007/12/21 22:48
新年おめでとうございます。
「ねずみ」年の、今年、野毛山動物園では、はつかねずみの綱渡りが、今年の目玉、客引きに一役かっています。ねずみは集団で移動する習性があって、ロープの上を素早くわたるのも「群れたがり」を うまく利用した「みせもの」となっているそうです。しっぽで、うまくバランスをとるそうです。野毛山動物園といえば、園内無料。私は『ペンギン』も大好きな歌の一つです。 cacaoさんは、思い出もある?のではありますまいか??

2008/01/07 16:28
Mさん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞヨロシクお願いします。

>はつかねずみの綱渡りが、今年の目玉、客引きに一役かっています。

へぇ〜、そうでしたか。
「群れたがり」…『うっ、耳が、胸が痛い…笑』

>野毛山動物園といえば、園内無料。私は『ペンギン』も大好きな歌の一つです。 cacaoさんは、思い出もある?のではありますまいか??

「ペンギン」は、この本を読んで、『あぁ、深かったのね、この歌』と、感心した詩の一つです。学生時代に水族館でよく眺めてました。
そして、そう。山崎まさよしファンの聖地(^^;「野毛山動物園」は昨年横浜に行って、迷子の末に辿り着いた「思い出の地」です。時間が無くなってしまい、入口で証拠写真だけ撮っておしまいだったわけですが(苦笑)
 
Cacao
2008/01/09 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山崎まさよし全詞集 〜僕はここにいる〜 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる