私を生かすRipple

アクセスカウンタ

zoom RSS 井上陽水〜ゲスの極み乙女。「ルミリー」

<<   作成日時 : 2015/08/08 21:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

井上陽水のカバーアルバムを視聴する目的でチェックしたら、ちょっと興味のあった「ゲスの極み乙女。」に、ジャンプした。
人気楽曲をつまみ聴きしながら、耳当たりで、何曲かDL。
あらためて、ゆったりと聴くうちに、久々に、歌を聴いて涙した。

もしも、以前にこちらの空間にいらしてくれた方がいたなら…
半年以上のブランクの後、唐突な記事で、すみません。
それなりに、生き延びて(笑)ますし、時々、『この曲について書きたい!』と思ったものも、多少はありますが、なかなか気持ちが継続しないんですよね。
でも、今回は、がんばってみました(笑)

理由の一つは、
冒頭で書いた、ゲスの極み乙女。の楽曲に、遠い昔の「夏の感傷」のようなものを、久々に感じたからです。
実際の歌詞には、もっと重そうなテーマがあるようですが、(聴いたことがある方ならわかるように)全ての楽曲を手掛ける川谷絵音氏の、常に流れるようなメロディラインから、
私は、少しぬるい、しかし冷たさを持って吹き過ぎる「風」のようなものを感じたからです。
それは、ボーカルでもある彼の独特の声で、息継ぎもままならない程たたみかけるように語られるクールな物語だからでしょうか?

甘利さんが広めた曲(笑)、いま、CMで耳にする曲、どの楽曲にも、どこか懐かしい歌謡曲の匂いと、それをポップにすくい上げるジャジーなアレンジが光ります。
もしも、私が「夏フェス」に行くなら、今、一番、感じたいバンドです。
この、暑いばかりが気になる夏、彼らの楽曲に心を動かしてもらえたことに、感謝します。

少しだけ引用させて下さい。これは、誰もが思いあたる歌詞だと思います。


〜 ゲスの極み乙女。 「ルミリー」から 〜

ぼんやり浮かぶ悲しいメロディー またふと流れる美しいメロディー
どれもこれも締め付けるんだ あれもこれも思い出す
ぼんやり歌う悲しいメロディー またふと流れる懐かしいメロディー
どれもこれも締め付けるんだ あれもこれも思い出すんだ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
井上陽水〜ゲスの極み乙女。「ルミリー」 私を生かすRipple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる